スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持続的に利益を得るにはIT技術者との交流が必要

 私は仕事で経営者とお話しする機会が多いのですが、その時よく聞く意見が「情報システムの導入に失敗した」と、「導入直後は効果があったが、時間がたつにつれて役に立たなくなった」です。この問題については、色々な要因が考えられますが、解決方法そのものは簡単です。日頃からIT技術者(情報技術者)と親交を持つ様にすれば大半の問題は解決します。
 情報システムは万能薬ではありません。過剰な広告が目立ちますが、会社の実情に合った情報システムを適切に運用すれば利益をもたらすのであって、導入したからと言って理由もなしに売上が2倍になったり、コストが50%カットされたりしません。
 ここで重要なのは、「会社の実情に合った」という部分です。会社の実情は日々変化します。従って、その変化に対応しないと、折角購入した情報システムは無駄になります。それどころか、業務内容が変化し、情報システムが足かせとなってしまうケースすらあります。
 しかしだからと言って、情報システムを役立たずと非難して導入をしないというわけにはいきません。この情報化社会を生き抜くには、情報システムは必須のものです。情報が存在しない業務はありませんし、その情報を人手だけで処理するのは限界があります。
 人間は間違える生き物ですし、全社員が熟練のプロではありません。新入社員でも間違えないようにせねばなりません。熟練のプロならば可能かもしれませんが、残念ながら望めません。昨今では人件費をカットするために、パート/アルバイトで運用する会社が大半です。そのパート/アルバイトの人を、一夜にして熟練のプロと同じレベルまで引き上げられません。そうした事から情報システムは必ず必要となります。万が一、熟練のプロが多い会社ならば、雑務で熟練のプロを煩わせないために情報システムが必要となります。
 情報システムを導入する際においても、会社の利益を考えて情報システムを評価できる人物が必要となります。この件については、以前の記事と重複を避けるために省略します。
 日本では、IT技術者と情報システムに対する風評被害の影響により、多くの会社は特別な人/物だとの誤解が蔓延しています。しかし真実はそれとは異なります。会計社経営に於いて、情報システムは当たり前のものであり、IT技術者は営業マンと同様に必要かつ一般的な人です。
 幸い日本には優秀なフリーエンジニアは沢山います。何故ならば、日本のIT業界は優れた技術者に対して不遇な扱いをし、それが原因で優れた人ほど流出するからです。それを利用しない手はありません。優秀な技術者との交流を持ち、会社を継続的に改善しましょう。そうすれば、時代の変化に負けず利益を出し続ける会社になる事が出来ます。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

情報処理で会社の業績を上げる方法

 以前最悪なのは社員があきらめる事の記事で状態が悪い会社について書きました。今回はその状態を打開する方法を書きます。
 社員があきらめてしまった状態が悪い会社を直すには、情報の流れを円滑化するのが最善です。その状態を人間にたとえると、血液の流れが悪くなった状態だと言えます。その状態を直すには血液の流れを正常化する必要があります。何故情報を血液に例えられるのかについては「情報とは組織/社会の血液である」を読んで下さい。これから情報処理によりこの状態を打開できる理由を詳しく述べます。
 社員があきらめてしまう理由は、自分が意見しても会社が変化しないからです。いくら愛社精神がある人でも、自分のアイデアが上司に盗まれたり、上司個人の利権を守るために握りつぶされたりすれば何時かあきらめてしまいます。そういった情報を経営者は知らないので、自分の利権を最優先に考え、会社の利益を二の次にする人に役職を与えてしまう羽目になります。
 全ての社員が会社の利益だけを考えていると、思う経営者はお人よしすぎます。個人の利益のために会社を利用しているあくどい人が居る事も念頭におかねばなりません。日本の会社は得てして、外部の事ばかり考え、内部の情報を疎かにする傾向があります。しかしそれは間違いです。
 帳簿だけを見ていても内部の情報は把握できません。戦後日本を経済大国へ導いた優れた経営者達は、そうした組織内部の情報も把握していました。古くは優れた戦国大名達も、自分の組織内の情報に関して非常に注意を払っていました。優れた経営者は組織内の情報を疎かにしません。いい加減な報道の影響もあり、情報=冷酷という誤ったイメージが広まっていますが、本当の情報処理は人の心を重視します。人の心も情報です。人の心無くして情報システムとは呼べません。
 正しいイメージが世間に広まっていないので書きますが、実際のシステム構築は人の心を重視します。たとえば、昨今はセキュリティに関心が持たれていますが、セキュリティは機械だけがするものではありません。どちらかというと人間が行うものです。クラッカー(コンピューター犯罪者)は、基本的に機械を相手にせず、人間からセキュリティシステムを突破します。ですから、機械よりもそれを使う人間の方に重心を置いてシステム屋はシステムの構成を考えます。具体的には、セキュリティ教育をどのようにするのかや、日常の業務に支障を与えない範囲でセキュリティ対策を行う方法などを考えます。
 ここまで読んだ人の中には、戦国大名に出来るのならば情報システムなしで自分が判断するなどと、情報システムはいらないと感じる人が居るかもしれません。しかし時代背景が違います。昨今のビジネスは一分一秒を競います。より早くより各自に組織を動かさねばなりません。そのスピードに対応する為に、おのずと情報システムが必要となります。また、口下手で真面目な社員が居る事も考慮せねばなりません。情報システムがない時代は、口がうまい人が有利に働きました。しかし、情報システムを正しく構築しておくと、そういった表面的な事だけではなく、実利を考慮した経営判断が出来るようになります。
 会社が悪い状態になるのも、良い状態になるのも人と情報次第です。情報システムを活用し、組織内の血液を巡回させ、健全な会社を目指しましょう。そうすれば、自ずと社会から認められる立派な会社になるでしょう。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

中小企業や零細企業にも情報システムが必要

 私がシステムの販売を行っている際によく聞く言葉があります。それは、「うちは中小企業(または零細企業)だからシステムなんていらない」です。しかし、それは大いなる誤解です。商売をしている限り、どのような規模であろうとシステムが必要です。
 その理由を知るためには情報と何かを改めて考えなくてはなりません。情報とは組織/社会の血液であるどのような動物にも血液が必要です。それと同じで、あらゆる組織は情報システムが必要なのです。情報システムの存在意義は組織の規模とは関係がありません。組織の規模に応じた情報システムが必要なのです。
 抽象的で分かり難いかもしれませんので具体例を挙げます。私は個人商店に情報システムを売り高い評価を頂いた事があります。初め私がシステムを売り込んだ時、店主は渋っていたのですが、私が説明すると興味を示して購入しくてくれました。秘密厳守ですので詳細を述べられませんが、重要なポイントは商売に関係する情報を示し、それをシステムでどう生かすのかです。
 例え個人商店であっても社会に貢献しています。大企業だけが日本を支えているのではありません。日本の場合は特に、日夜努力をしている中小企業/零細企業で支えられています。規模に関係なく、優れたサービスを提供している会社はごまんといます。そういった会社は、その重要さゆえに情報が流動しています。そして、規模に応じた適切な処理の仕方があります。
 大規模な組織の場合、莫大な情報が発生します。しかし、本当に重要な情報を選択せねばならず、多くの決裁が必要となります。一方大規模ではない組織の場合は、情報は大企業と比べて少ないものの、組織にとって重要な情報の割合が高くなり、意思決定の早さが求められるようになります。ですが、小規模な組織は人員が少なく、その重要な情報を処理する時間を取れません。ですから、如何に効率よく情報を処理するかが課題になります。
 効率よく重要な情報を処理するには、小回りのきく情報システムが必要です。情報システムと言うと、大がかりなものというイメージを持つ人が多いのですが、情報システムには様々な形態があります。複数台のパソコンを並べるだけが情報システムの姿ではありません。パソコンを使わない情報システムもありえます。情報システムとは、情報を処理する体制や仕組みの事であり、その形態は固定されていません。想像力次第でどのような形態にもなります。オーダーメイドの靴を思い浮かべると分かりやすいと思います。
 昨今はスピードが求められる時代になりました。それに対応する為には、小規模な組織であっても情報システムが必要です。雑務をさっさと処理し、本当に重要な心がこもったサービスに力を入れる為に情報システムを活用して下さい。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

情報とは組織/社会の血液である

 私がシステム屋をしていてよく聞かれる質問が「情報って結局なに?」です。情報は目に見えないものが多く、情報処理技術を学んでいない人が疑問を持つのは当然のことだと思います。そこで今回は情報とは何かについて解説します。
 普通の人は意識しないと思いますが、実のところ私達の身の回りには情報が溢れかえっております。例えば、今日の運勢も情報、ニュースも情報、奥さんの体調も情報、子供の帰宅時間も情報・・・です。情報がない空間はないと言っても過言ではありません。仮に何もない空間に閉じ込められたとしても、自分の心拍数や感覚が自分の体調に関する情報をもたらしてくれます。この様に情報はどこにでもありますが、このブログを見ている多くの人が興味を持つ情報は「仕事に関するもの」だと思います。そこで、仕事をする上の情報に限定して解説を続けます。
 私達が働く職場や会社にも様々な情報が存在します。社員にとって身近な情報だけでも意外と多く存在します。給与、勤務時間、出勤時間、社会保険、休暇体制、業務内容、職位、・・・などです。もちろん、企業/組織にとって必要な情報もまた沢山存在します。取引先、商品の原価、固定費、流動費、損益分岐点、マーケット、社員のスキル、・・・
 情報処理技術が発達していなかった時代でも情報は存在しました。紙の帳簿を使って金銭に関する情報を管理したり、台帳を作ったり、単純に記憶したりなどといった様々な方法が採られていました。古来から人類は情報の大切さを把握していましたが、それを十分に活かせる道具がありませんでした。
 しかし時代とともに科学は進歩し、人類は情報処理機器を手に入れました。情報処理機器は、人間の頭脳の働きを拡張する物です。それにより、今まで紙などの媒体を使って管理していた情報や、重要だと分かっていても管理できなかった情報を効率的に扱う事が可能になりました。
 少し話しはずれますが、重要な事なので情報処理機器について簡潔に説明します。人間は他の生物と比べると大変弱い生き物です。他の生物が持つ爪や牙といった武器がありませんし、分厚い皮膚により体を守る事も出来ません。さらに、足が遅く目が悪く、耳が悪く、嗅覚も劣り、空を飛ぶ事も出来ません。しかし人間は他の生物とは違い道具を作る事が出来ました。
 爪や牙を持たない代わりに武器を発明し、足が遅い事をカバーする為に乗り物を発明し、空が飛べないので飛行機も作りました。さらに、目が悪いので望遠鏡などで視野を拡大し、小さな音もキャッチする道具を作り、臭覚が劣っていても道具で感知できます。か弱い生き物である人間は、今や種全体の力としては地球上にいる他の生物を超えてしまいました。
 それでもまだ人類は飽き足らず、自身の頭脳を拡張する為の道具を発明しました。それが情報処理機器です。情報処理機器を使えば、遠隔地にいる人と会話が出来、覚えられない量の情報を保存し、人間では出来ないスピードで計算し、インターネットを使って様々な知識を得られます。その便利な脳を拡張する道具を仕事に使わない手はありません。
 話を戻します。つまり仕事における情報とは、仕事や商売をする上で重要な事柄だと言えるでしょう。複雑な現代社会では、仕事や商売をする上必要な事柄は人間では処理しきれないほどの量になっています。そこで、人類はまたしても便利な道具でこの困難な状況を切り抜けようとしています。
 情報化社会を迎えた今では、組織はもちろんのこと、個人も情報処理機器なしでは成立しないほどになっています。ですから、身のまわるにある全てのものが何らかの情報処理機器で成り立っています。情報処理機器は社会のいたるところに存在し、情報は日夜休むことなく流れ続けています。電話も電気も電車も全てが情報処理機器でなりたっています。
 その状況を踏まえて、「情報とは何か」を一言で表すと組織/社会を流れる血液です。情報化社会の全てがよいとは私は考えていませんが、情報処理機器がなくても情報は存在します。そして、人類が能力の拡張を求める傾向はなくなりません。全ての人々は、情報処理機器を忌避せず、かといって情報に呑み込まれる事もなく、情報および情報化社会と真剣に向き合う必要があると私は思います。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

間違った俗語による風評被害に異議あり。アナログ人間もデジタル人間も存在しない。

 システム屋をしていると、間違った俗語がクライアントに変な先入観を、植え付けている事が原因で困る事が多々あります。IT=株だとか、IT=非情だとか、色々な風評被害がありますが、最も代表的なのは「アナログ人間」という俗語です。
 知らない人のために説明します。アナログ人間とは、情緒豊かな人間、ハイテク機器に疎い人などの意味を持ちます。この俗語は恐らく、デジタル=非人間的=非常、デジタル=0と1=2分割法で考える人などの反語だと思います。日本はお役所仕事による教育制度から、理系/文系という迷信が根強くあり、そのバリエーションのうちの1つなのでしょう。
 これが困る理由は、システムを売ろうとすると「うちは貴方の様なデジタル人間ではなく、アナログ人間なのでいらない。」と頭ごなしの差別的発言により拒否されるからです。そういった迷信による差別を払しょくするべく、アナログ人間という俗語について段階的に考えていきます。
 根本的な事から始めます。アナログ人間という俗語はそもそも間違いです。何故ならば、アナログの意味は「類似、相似」だからです。つまり、「アナログ人間」を正しく解釈すると、「人間に類似したもの」という事になります。私たちは紛れもなく人間なので酷く間違った俗語だと言えます。
 次に意味を考えます。アナログ人間はデジタル人間の反語ですが、そもそもデジタルな人間など存在しません。デジタルという事は、数値で動く人間だという意味になります。しかし、私達技術者はアンドロイドではありません。情報処理技術者(IT技術者)も普通の人間です。喜怒哀楽もありますし、花鳥風月も楽しみます。桜を見て感動するぐらいの情緒は持ち合わせています。我々技術者は感情と理性で持って行動しています。
 これに加えて、マスメディアがいい加減かつ否定的にITを連呼するので事態は酷くなっています。ITを魔法や非人間的な技術の様に言われるのは、情報処理技術を真面目に学んでいる人間にとって迷惑以外のなにものでもありません。立派な風評被害だと言ってもよいでしょう。
 ITは非人間的という風な風評被害を受けていますが、情報処理システムは人間のためのものであり、我々技術者は人を見てシステムを作っています。たまに、技術しか考えない人が居ますが、そういった人はプロではありません。どの様な職業も同じだと思うのですが、プロはお客様の事を考えてサービスや商品提供しています。それはIT産業も同じです。
 念のために書きますがIT=株ではありません。大概の会社は帳簿をつけていますが、それもまた情報処理の一種だと言えます。何故ならば帳簿を付ける行為は、お金に関する情報を処理する事を意味するからです。他にも色々な行為が広義の情報処理だと言えます。私達が見聞きしている事自体が一種の情報処理です。情報処理は誰でもしている事であり、情報を処理するから生物なのではないでしょうか?
 「アナログ人間」は明らかに間違った俗語です。特定の職業や技術に差別意識を持たない健全な心を持ちましょう。それこそ本当の意味での「人間」だと私は思います。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

システム導入/IT化はなぜ失敗するのか?

 システム導入の失敗は後を絶ちません。コンサルタントにこれからはITの時代だと言われ、自社にシステムを導入したものの、成果が上がっていないといった会社が多々見受けられます。システム屋の私はそういった事をよく見聞きします。そこで今回は、システム導入/IT化失敗という名の不幸を減らすべく、その原因と対処法を書きます。
 システム導入もしくは業務のIT化を目指している会社が望む事は自社の業務効率をよくし、業務コストを下げるのと同時に今まで以上の利益を上げる事です。一言で済む話しです。システム屋はコンサルタント業務も兼ねているので、クライアントに会う機会が多く、よく次の様に様に言われます。「とにかく我が社の業績を上げてほしい」と・・・
 この第一声から双方にとっての不幸が始ります。この言葉は、クライアントにとっては言うまでもない当たり前の事です。メリットがないものを誰が買うのでしょうか?しかし、情報サービスを提供する側にとっては悪魔の言葉です。何故ならば、具体的な事が何も分からないからです。
 情報システムの構築は情報機器を用いて行われます。パソコンや携帯電話などの情報機器は魔法の道具のように思われがちですが、情報機器は所詮ただの機械です。人間が望む事を察して柔軟に動いてくれません。ですから、システムを構築する技術者は細かい事柄を知らねばなりません。ITは魔法ではなく、理論で成り立つ技術体系なのです。
 この様に説明するとクライアントは、ならば受注するシステム会社の人間が融通してくれればいいと思うでしょう。しかしこれもまた困難です。何故ならば、システム会社はITのプロであって、クライアントの業務については素人なのです。システムインテグレーター(SI)といった会社が「うちは流通に関してならば精通している」などというかもしれません。しかしながら、それでもプロにはかないません。そもそも、本当にその業務のプロであるクライアントの会社を上回る実力を持つのであれば、SIをせずにその業界のトップ企業になるはずです。
 そういった事から、システム導入に当たって複数の会社に見積もりを依頼し、一番安い価格を提示した会社に依頼するクライアントも多いです。しかしそれでもシステム導入/IT化は失敗します。その原因は、システムは安ければよいというものはなく、高ければよいというものでもないからです。重要なのはクライアントの役に立つシステムが構築できるか否かです。
 その本質を無視するからシステム導入/IT化は失敗するのです。日本のビジネス習慣である良きに計らえが失敗のもとだと言えるでしょう。システムを提供する側もクライアント側も自社の利益を考えて行動しています。どちらも「自社にとって良きに計らう」ので失敗するのです。
 この悲劇を防ぐには中立かつ情報処理に詳しい人に依頼するのが一番です。そうすれば、クライアントが情報処理技術を知らない事により被る不利益を防ぎ、適切なシステムを導入する事が可能となります。また、システムを構築する側にとってもトラブルを防ぐという利点があります。この役割をシステムインテグレータ会社やコンサルティング会社に依頼するケースもあります。しかしながら、現状ではお勧めできません。何故ならば、会社に依頼すると支払う仲介料金が高くなりますし、そのシステムインテグレータ会社やコンサルティング会社の実力が分からないからです。システムインテグレータもしくはコンサルティング=実力がある事を意味していません。優秀な会社も存在するようですが、いい加減な会社も沢山存在します。日本人は看板の大きさだけでそれを判断する傾向がありますが、看板の大きさと実力が正比例しているとは限りません。それを見分ける人材が結局必要となります。始めから詳しい人に依頼しましょう。
 システムを導入/IT化をする時は、必ず情報処理技術に精通している人に依頼しましょう。そうすれば、失敗する確率は激減しますし、不要なものを売りつけられる可能性が減り費用が減ります。日本の古き良き商慣習である「良きに計らえ」はもう通用しません。利害関係を見極めて適切な行動をしましょう。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。