スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IronRubyをつつくX-制御式0。やっぱりifは要るよね♪

IronRubyにももちろんifがあるピヨ♪ifがなければプログラムが組めぬ。だから当然のことだよね♪ 早速、ifを試してみよう。


#数値
num = 0
if num then 
  puts 'true'
else
  puts 'false'
end

#文字列
str = ''
if str then 
  puts 'true'
else
  puts 'false'
end


さて、答えはどうなるかな・・・正解はどっちもtrueピヨ♪理由は、Rubyではfalse または nil (Null値の事)だけが偽でそれ以外はtrueだからピヨッ♪ピヨッ♪・・・・・・と言いたいところなんだけど、IronRuby1.0.0.0ではfalseとtrueなんだ・・・これ明らかに間違っているピヨねorz
でも最新バージョン1.0.0.1では治っているかも♪ここからダウンロードしたピヨ♪ワクワク♪ドキドキ♪・・・あれ?エラーが発生したぞ!しかもそのエラーは、要求するアセンブリが無いという例外orzちょっwww
仕方が無いから諦めたピヨ。アルファ版だから仕方がないか・・・
気を直して次行ってみよう♪


#複数条件
num = 1
if num == 0 then 
  puts '0'
elsif num == 1
  puts '1'
end


よし実行♪あれ?パーサーのエラーだ・・・elsifは認識しないようだね・・・ならこれはどうだ!


#Rubyのifが式である事を感じる
num = 1
puts (if num == 1 then true else false end)


やったぁー動いたピヨ♪こんな具合にIronRubyのifは式だからラムダっぽい事が出来るピヨ♪今回は色々あって疲れたからもう終わるピヨ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

IronRubyをつつく0.1ー基礎も大事。はじめましてIronRuby。

インドリ「hello iron ruby。早く完成品を見たいな♪」


puts "hello indori"
i = 0
while i < 10 
  print( " ", i) 
  i += 1
end
puts "\ngood-by\n"


テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

IronRubyをつつく0-まずはダウンロードとビルド。

Rubyの記事も開始したことだし、ついでにIronRubyをつつくことにしたピヨ。まずは、John Lam氏のブログIronRuby source codeのリンクをクリックしてIronRubyのソースをゲットしよう!でも残念なお知らせが一つあるピヨ。それはビルドしないと使えないんだ。でも安心して、ボクがビルド方法を教えるピヨ。ビルドするには、予め.NET 2.0にSP1を適用してから・・・



教えてあげない!











というのは冗談で、先ずはダウンロードしたIronRubyファイルを解凍して、好きな場所へ移動させよう。次にコマンドプロンプトを立ち上げて、まずはカレントディレクトリを設定するんだ。


cd /d IronRubyを解凍した場所


あとは難関のビルドだよ。ビルド方法は少しだけ難しいピヨ。


MSBuild.exeへのパス /p:Configuration=Release /t:Rebuild IronRuby.sln


このコマンドを実行したら少し待とう。ちなみにMsBild.exeは、ドライブ:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\にあるよ。これでOKだよね。
ビルドが成功したら、IronRubyの場所\Bin\Releaseフォルダができているから環境変数にパスを通しておこう。環境変数の設定の仕方は、コントロールパネル→システム→詳細設定タブ→環境変数ボタンでPathという変数があるから選択してから編集をクリックして、色々書いてある最後に ;(セミコロン)IronRubyのReleaseフォルダへのパスを追加しよう。 編集後OKボタンを押すのを忘れないでね。これでrbxと打つとIronRubyをコンパイル出来るようになるんだ。試しに次のプログラムを打ってみて。


rbx
puts "Hello, IronRuby!"


これで「Hello,IronRuby」と「nil」が表示されたら成功ピヨ。
今回はこれで終わり。次回はHelloプログラムをお見せするピヨ。
お楽しみに♪

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。