スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍をつつく6-インドリ流読書術1。読書法をさらにつつく♪

前回ボクの読書術を紹介したけども、客観的に見て分かり辛いものだったのでもっと詳しく書くピヨ♪どうやったら説明が分かりやすくなるのか熟慮した結果、実際にボクがしている行動を書けば分かりやすいと考えたので頑張って書くピヨ♪
先ずボクは知りたい対象の全体像を調べるピヨ。そして、知りたい情報が網羅されている本を選びだすピヨ。例えば、マイクロソフト公式解説書の言語解説本や、分厚いオライリーの書籍なんかがこれに該当するピヨ。
次に始めに調査した情報と主となる本の内容を比べるピヨ。それでもし情報が不足しているのならば、その情報が載っている本を探すピヨ。これで対照情報の本体は大体把握できる状態になっているよね?でもこれだけじゃあ、関連ライブラリなどの枝葉の部分の情報が足りないから、関連している情報が載っている本を探すんだ。 これで本はバッチリ♪後は慎重に購入して届くの待つだけ。本が届いたら漸く読書が出来るピヨ。

こっからが本番だよ。一番最初に読むのは全ての本の始めと目次ピヨ。何のためにこんな事をするのかというと、本の目的を知り戦略を立てるためなんだ。この意味については読み進めていけばわかるよ。
次にすべきなのはメインとなる本を決定する事ピヨ♪いくら並列読書をするっていっても、ボクは一人だから無秩序に本を読めば大変な事になるピヨ。だから、ひとまずメイン(main)となる本を決めて読み始めるんだ。
読み始めたら、一番最初に読んだ他の本の目次や目的といった情報が役に立つピヨ。これらの情報を元に、複数の本を一つの本と看做して読むんだ。これは非常に分かり難い方法なので例を書くピヨ。
例えばC#が知りたくなったとする。それで、C#の言語説書、ADO.NET、ASP.NETの本を買ったと仮定するピヨ。この状態で無作為に本を読んでも身につかない。だから、ひとまず言語解説書を読み、その中でADO.NETの章が出てきたらADO.NETの本を読み、ASP.NETの章が出てきたらASP.NETの章を読むんだ。
これで読み始める要領は分かったよね?でもこれで普通に読むだけだったら、ただ読み散らかしているだけピヨ。インドリ流では前回説明したように脳内でメタデータを整理するんだ。ここで言うメタデータとは、本の内容、書いている場所、技術の概要、感想、技術の長所&短所、技術同士の関係、技術が作られた目的、技術が解決するもの・・・といった本から得られる情報と、それを試した結果ピヨ。
これがインドリ流読書術の概要の説明が終わったよ♪ここで一つ注意があるピヨ。しおりを使ったり本に書き込んだら駄目ピヨッ!!!その理由は、しおりを使ったらそこまで分かった気分になってしまうし、本に書き込んだら発想が固定化する危険性があるからなんだ。本当にその本の内容を覚えていれば、どこまで読んだか把握しているはずだし、書き込まなくてもいいはずだよね♪だから、インドリ流ではしおりや書き込みは一切禁止するピヨッ。全て自分の脳内で処理しよう。こうする事により深く技術を修得する事が出来るピヨ♪是非お試しあれ♪
スポンサーサイト

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

書籍をつつく5-インドリ流読書術。脳内インデックスを作ろう♪

前回は購入術について熱く囀ったから、今回はその購入した本を読むコツを囀るピヨ♪ボクの書籍レビューコーナーを見れば分かると思うけど、ボクは大量の本を一度に購入しているピヨ。それはボクが本好きという事もあるんだけど、ちゃんと実務的な理由があるピヨ。本というものは完璧に全ての情報を載せる事は絶対にしないピヨ。というのも、ただ全ての情報を載せてもそれはタダの情報の羅列であり、人間が読めるものではないんだ。本は著者が一生懸命に情報を整理して、読者がその事を理解できるように心を込めて書いているピヨ。従って、絶対に複数の本が必要なのは分かるよね♪
問題なのはその先で、大量の本をどうやって読みこなすかという点なんだ。本は置いてあるだけじゃあ意味がないからね。その為の方法としてボクは、一度に並列して複数の本を読むピヨ。といってもただ読むだけじゃあ意味がないし、全ての情報を覚える事なんて出来ないよね。だからボクは一工夫しているんだ♪
その工夫とは、メタ情報のインデックスを脳内で作成する事なんだ。どういうことかというと、書籍を一語一句暗記するのは意味がない。学校と違って無闇に暗記しても仕事の作業効率は上がらない。暗記しなくても本があればいい。重要なのは情報の処理方法なんだ。なのでボクは書籍のメタ情報を読み取ることを意識しているピヨ。メタ情報は今一分からないかもしれないね。これは文章にし辛いんだけど頑張って囀ってみるピヨ。
メタ情報のイメージとしては本の目次が近いと思う。本にはどこに何が書いてあるのかを示す目次があるよね?ボクはこれを脳内で構築して覚えておくんだ。そうすれば、仕事中に必要な本を選んで調べる事ができるピヨ。ボクはよく仕事仲間から「人間コンピュータ」とか「歩く辞典」などと呼ばれる。でも実のところ全ての情報を暗記はしていないピヨ。そんなことしても記憶容量の無駄だからね。だからボクはメタ情報だけを脳内にインプットしておき、細かい情報はその都度専門書で得ているんだ。ボクは大体の事は、どの本のどの辺にどの内容が書いてあるのか覚えているピヨ。それが出来るからシステム構築屋なんて出来るんだよ。
それでどうしたらこの様な事が出来るのかというと・・・それは、効率を意識しながら兎に角読書をこなすしかないと思う。この能力の体系的な鍛錬法は存在しないピヨ。システム構築屋をやっていてい自然と身に付いた能力だからね。とはいえ、熟練の技術者はしている事だと思うピヨ。コツは全てを暗記しようとしない事。学校は暗記こそ全てだと教えるけど、暗記だけならばコンピューターに勝てない。人間は効率よく情報を使う術を鍛えよう♪脳内に記憶する情報も戦略的に選ぼう♪今回はこれでお終い♪

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

書籍をつつく4-インドリ流購入術。ターゲットをピョッと狙い撃ち♪

前回は書籍の購入順序の大切さを囀ったから、次は絶対に大外れしない書籍購入術を囀るピヨ♪みんな、書籍を買う時書籍を購入する目的をよーく考えているかな?実はこれが重要なんだ。ボクなんか本が兎に角好きだから、財布にお金がある限り買いそうになるけど、ドリィちゃんに何時も「こらっ!また無駄遣いしようとする!あんたは何を求めてその本を買うの!」と叱られるピヨ。叱られた直後は不服だけど、冷静になって考えてみると欲しいと思った本が実はそれ程重要でない時が多いピヨ。お金は大事だからよーく考える事が重要だという事だよね♪でも、書籍を買う目的や求めるものを考えるというのは意外と難しいピヨォ。だからこの回は、その事についてつついていくピヨ。

専門書を買う目的は何だろう?マニアだと「その著者のフアンだから」と迷わず即答できると思うけど普通はそうはいかないよね?だからここではそういった目的じゃなくて、もっと論理的な事を考えてみる。するとやっぱり頭に浮かぶのは・・・ある情報を知りたいという目的だとボクは思う。この他にも、鈍器として使用したいとか、枕にしたいとか、知的な自分を演出したいとか色々あるかもしれないけど、やっぱり書籍の最大の目的は情報の取得だよね♪
では自分にとって必要な情報とは何だろう?この問いに対する万人に対する答えはボクは出せないピヨォ。というのも、それは個々に異なるからね。それが本選びの難しさだね。しかし、ボクは一応指針を囀る事は出来るから、みんなが必要な情報を考える手助けは出来ると思う。

いきなり「貴方が欲しい情報は何?」と言われて明確に答えられる人は多分少ないピヨ。だけどボクは書籍レビューする時は対象情報に狙いを定めているピヨッ!でもこれはボクが特別決断力のある鳥だからじゃないピヨ。実は誰でも出来る事なんだ。このトリックは実に簡単♪ 常日頃自分が知らない情報をソフトで管理しているからなんだ。これ以外と知らない人が多いけど、 自分が知っている情報と知らない情報を把握する事は非常に重要ピヨ♪これさえ分かれば、本選びで大外れする可能性はほぼないといっても過言じゃないピヨ♪
慣れないうちは面倒だと思うだろうけど、これは書籍を購入することだけじゃなくて仕事にも役立つ事だから是非やってみよう♪毎日のちょっとした事が仕事の能率を左右するんだよね♪
今回はこれでお終い♪じゃあ、近いうちにまた会おう♪


バサバサバサバサバサバサバサバパスタサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ


テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

書籍をつつく3-インドリ流読書道。順番が大事♪

みんな、読書しているかい♪技術者と言えば読書ピヨ♪世界一本を読むのは情報処理技術者という説もあるぐらいだっピヨ♪さて、みんなはどのような順序で読書をしているのかな?何事もそうだけど、読書も戦略が必要ピヨ。特に専門書は高いし絶版スピードが速いから、飯の種だからよく考えなくちゃならないピヨ♪今日は購入順序を囀るピヨ♪
お金は有限だし、ボクは貧乏だから書籍の買う順序は凄く重要になってくる。駄目な本(自分に合わない本)を買うのは時間的にも経済的にもロスとが生じるからね♪という事で、ボクの読書道はというと、次の順序ピヨッ♪


【購買順序とその戦略(読書道)】
  1. 情報処理技術系の本・・・先ずは情報処理技術全般を知らなくちゃ駄目ピヨ。パズルを解く時ふちからピースを探すよね。それと同じピョ。
  2. 原典・・・他の書籍から参照される名著をなるべく始めに読もう。分からない時があるけど、何が分からないかを知るためにも必要なステップ・ピヨ。分からない所が分からないほど厄介なものはないからね♪例えば、プログラミングC++とかがこの原典に当たるピヨ。
  3. 特化情報・・・原典を読んで分からない部分や、もっと詳しい情報が欲しくなったら、その情報に特化した本を読むといいピヨ♪
  4. リファレンス・・・人間誰しも完璧な記憶力は無いピヨ。だからリファレンスがあれば作業効率が上がるピヨ。それに、記憶を定着するためにもリファレンスを見ながら仕事や学習をする習慣を身につけるといいピヨ。念のために言っておくけど、会議中リファレンスを読んだら駄目だからね。
  5. サンプル&事例・・・ここまでくれば、後は実践あるのみピヨ♪プログラムの場合はサンプル、設計に関する事なら事例を読むといいピヨ。でもただ読むだけじゃあ駄目ピヨォ!プログラム言語の場合は実際に打ってみて改良し、設計の場合は違う設計がありえないか検討しよう♪


大まかにはボクはこの戦略に基づいて購入&読書をしているピヨ♪ただし、一部例外があって廃刊が予想される本は早い段階で購入するピヨ。そうしないと二度と手に入らないからね。この業界はよく積読が多いと言われているし、実際ボクも積読に近い形の本があるけど、ぼやぼやしていて廃刊されたらたまったものじゃないから、防御策としての積読は躊躇したら駄目ピヨォッ!!!でも何時か読まないといけないからそこは注意してね♪

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

書籍をつつく2-番外編。古本との付き合い方♪

みんなは古本を有効利用しているかな?ボクは、より多くの情報を得るために古本との付き合い方を色々考えたピヨ♪情報系の技術書は廃刊スピードが異常に速いから、本当にプロフェッショナルになるには古本と付き合うことが大事ピヨ♪たまには年上の女性と付き合えばいって事だね♪あれ?違うか?話しを戻すと、古本は必須アイテムだといえるピヨ♪
ということで、これから古本の魅力を囀るピヨ♪古本の利点は何と言っても現在入手不可能な情報が手に入る事ピヨ。例えば、COMの本はもうすでに普通の手段では入手不可能だよね。ということで、COMを学習するには古本巡りの旅に出なくっちゃならないピヨ。他にもコンパイラの本、アセンブラに関する本、などなど色々な骨のある本が昨今は廃刊になっているから古本と向き合うことは技術者として当然といえるピヨッ
でもその一方で、何事でもそうなんだけど弱点も存在するピヨ。古本の弱点は何と言っても新刊と比べたら汚れている点ピヨ。技術書の場合は使うのが当然なので特に汚れやすいピヨ。潔癖症な人はそれが耐えられないかもしれない。だけど、この弱点は高い確率で解決できる問題ピヨ♪
ということで、今回は本を綺麗にするお得情報を囀るピヨ♪本の手入れに必要なのは消しゴム綺麗な布少量の水ピヨ。手垢の汚れは消しゴムを使えば消えるピヨ。そして、しつこい汚れは、布に少し水をつけて丁寧に拭けば大丈夫♪だけど、表紙の材質に気をつける必要があるピヨ。水分で弱る表紙もあるから要注意!だけど、大概の本は表紙があるからこれはあまり大きな問題でないピヨ♪
そろそろ纏めるピヨ。古本は情報処理技術者必須のアイテムピヨ。大切に使って、愛情をかけて手入れしよう♪人は裏切るけども本は裏切らない。10年経てば付喪神になるかもね♪近代は物を大切にしない風潮があるけど、本は仕事道具なんだから大切にしてね♪インドリからのお願いピヨ♪

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

書籍をつつく1-インドリ流読書法1-書籍情報を整理しよう♪

書籍で学ぶ方法の基礎を前回囀ったから、それを一歩進めて、書籍の購入戦術を囀るピヨ♪普通の人は書籍に投資できる金額は限られていると思う。だから、書籍で効率よく楽修するには、戦略的に本を買おう。そのためにする事は、まずは本を分類する事なんだ。
ひとまず、欲しい書籍の一覧をExcelなどお気に入りのソフトに登録しよう。その際には、題名・発売日・金額などの書籍に関する情報(書籍メタデータ)を入力できるように注意してね。ボクの場合は、オリジナルソフトを作ったピヨ♪次に、それらの書籍メタデータに加えて、書籍の分類や、優先レベルなどの付加情報も管理しよう。
付加情報について具体的に書くと、分類はプログラミング・ネットワーク・データベース・OSなどの書籍の内容をあらわすもので、大分類・中分類・小分類の様にピヨ。例えば


題名                        出版年月日   価格     大分類      中分類  小分類
Advanced Windows 改定第4版  2001/05/29  \9,500  プログラミング Win32  C言語 


こんな風に自分が後でわかりやすい様にしておこう。
次に優先度についてなんだけど、この項目(カラム・列)は、購入したい度合をあらわすものなんだ。例えば、5段階表記で「数値が低ければ低いほど今すぐ欲しい」という風に活用するんだ。こうしておけば、後でExcel等で優先度順に並びかえられるから、収入があったときに迷わず正確に買えるピヨ。こうしておかないと、データを入力してから、この書籍どうだったけ・・・とまた同じ事を悩んでしまう羽目になるピヨ。特にボクみたいに欲しい書籍が数百冊になると、どれを買っていいのかわからなくなるから重要ピヨ。
今回も基礎を囀ったピヨォッ!次回はさらに学習法のレベルを上げていくピヨ。お楽しみに♪

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

書籍をつつく-インドリ流読書法

情報処理技術を習得するには大別すると、実務読書ネットの三つから習得するとボクは思うピヨ。 今回はこのうち読書法を紹介するピヨォツ。先の断わっておくけど、 万人が成功する方法ではないよ。 人もそれぞれ、書籍もそれぞれ、やっぱり何でもできる銀の弾はないんだ。
前置きはこれぐらいにして、ボクのインドリ流読書法の解説を始めるよ。 読書は読むだけじゃ駄目だよ。 読書はあくまでも行為なんで、それが目的じゃなくて、その本から 最大限の情報を引き出す 事が大事なんだ。これは、人の話しを聞き流したら駄目なのと同じだよね。 人の話しを聞き流してばかり居ると馬の耳に念仏だって言われるぞ。
読書をするに当たって、まず心がけるのは 本にツッコミを入れる事ピヨ。 関西人にしかわからない例えかもしれないから、もっと実例を書くとこんな感じになるよ・・・


プログラミング.NET Framworkから引用
本「CRLの最も重要な機能の1つが、タイプセーフティ(型の安全性)です」
インドリ「なんでやねん!」
読み進めてから・・・
インドリ「なるピヨ。型が偽称したらプログラミングまともにできないや」


この様に、自分に素直になって 気になる事柄を本に問いかけていくんだよ。 もし、最後まで解けない謎があったら、疑問をメモ帳などに保存しておくと効果抜群だよ。
あまり一度にいっぱい囀(さえず)っても駄目だと思うからそろそろ暇するね。じゃあ、また会おう。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ


あれ?方向間違えた!バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。