スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草26

今日も色々がんばりました。ふと日付を見たら、初めて1月ブログをしたことに気付きました。
そして、投稿件数を見てビックリしました127件ってw
自分が思っていた以上にネタが私の中にたまっていたようです。まだまだ書き足りないのにもう127件とは本当にビックリしました。われながら良くこんなにも書いたもんだ。
なにはともあれ、これにて本日の筆を下ろします。皆様、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 裏事情
ジャンル :

VB.NETをつつく23-デリゲート。貴方達を呼びつけるからね。

ドリィちゃんからデリゲートの説明を押し付けられたから解説するピヨ。 デリゲートとは(うんたらかんたら)と説明されるのは眠たいと思うので早速このコードをコピペして実行してみて。

Imports System

Public Class Program

    Private Delegate Function SimpleComputer( _ 
        ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte) As Double

    Private Shared Function Add( _ 
        ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte) As Double
        Dim rval As Double = CType(val, Double) + CType(val1, Double)
        Console.Write("{0}と{1}の足し算を行います。", val, val1)
        Console.Write("答えは【{0}】です。" & vbLf, rval)
        Return rval
    End Function

    Private Shared Function Subtract( _ 
        ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte) As Double
        Dim rval As Double = CType(val, Double) - CType(val1, Double)
        Console.Write("{0}と{1}の引き算を行います。", val, val1)
        Console.Write("答えは【{0}】です。" & vbLf, rval)
        Return rval
    End Function

    Private Shared Function Multiply( _ 
        ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte) As Double
        Dim rval As Double = CType(val, Double) * CType(val1, Double)
        Console.Write("{0}と{1}の掛け算を行います。", val, val1)
        Console.Write("答えは【{0}】です。" & vbLf, rval)
        Return rval
    End Function

    Private Shared Function Divide( _ 
        ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte) As Double
        Dim rval As Double = CType(val, Double) / CType(val1, Double)
        Console.Write("{0}と{1}の割り算を行います。", val, val1)
        Console.Write("答えは【{0}】です。" & vbLf, rval)
        Return rval
    End Function

    Private Shared Function Calculate( _ 
        ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte, ByRef fun As SimpleComputer)  _ 
        As Double
        fun(val, val1)
    End Function

    Private Shared Sub SingleExe()
        Console.WriteLine("********************" & _ 
	    "一つずつメソッドを呼び出して計算します********************")
        Dim ran As Random = New Random( _ 
            CType(Math.Min(DateTime.Now.Ticks, Integer.MaxValue), Integer))
        Dim val As Byte = CByte(ran.Next(1, 100))
        Dim val1 As Byte = CByte(ran.Next(1, 100))
        Calculate(Val, val1, AddressOf Add)

        val = CByte(ran.Next(1, 100))
        val1 = CByte(ran.Next(1, 100))
        Calculate(Val, val1, AddressOf Subtract)

        val = CByte(ran.Next(1, 100))
        val1 = CByte(ran.Next(1, 100))
        Calculate(Val, val1, AddressOf Multiply)

        val = CByte(ran.Next(1, 100))
        val1 = CByte(ran.Next(1, 100))
        Calculate(Val, val1, AddressOf Divide)
        Console.WriteLine("")
    End Sub

    Private Shared Sub MultiExe()
        Console.WriteLine("********************" & _ 
	    "一度にメソッド呼び出して計算します********************")
        Dim addfun As SimpleComputer = New SimpleComputer(AddressOf Add)
        Dim subfun As SimpleComputer = New SimpleComputer(AddressOf Subtract)
        Dim mulfun As SimpleComputer = New SimpleComputer(AddressOf Multiply)
        Dim divfun As SimpleComputer = New SimpleComputer(AddressOf Divide)

        Dim allfun As SimpleComputer = Nothing
        allfun = CType(System.Delegate.Combine(allfun, addfun), SimpleComputer)
        allfun = CType(System.Delegate.Combine(allfun, subfun), SimpleComputer)
        allfun = CType(System.Delegate.Combine(allfun, mulfun), SimpleComputer)
        allfun = CType(System.Delegate.Combine(allfun, divfun), SimpleComputer)

        Dim ran As Random = New Random( _ 
            CInt(Math.Min(DateTime.Now.Ticks, Integer.MaxValue)))
        Dim val As Byte = CByte(ran.Next(1, 100))
        Dim val1 As Byte = CByte(ran.Next(1, 100))
        Calculate(val, val1, allfun)
        Console.WriteLine("")

        Console.WriteLine("********************" & _  
		"割り算以外を計算します********************")
        allfun = CType(System.Delegate.Remove(allfun, divfun), SimpleComputer)
        val = CByte(ran.Next(1, 100))
        val1 = CByte(ran.Next(1, 100))
        Calculate(val, val1, allfun)
        Console.WriteLine("")
    End Sub

    Shared Sub Main()
        SingleExe()
        MultiExe()
    End Sub

End Class

ちょっと長いけど勘弁してね。どう?実行した?面白い動きをするでしょ?ピヨ?ピヨ?
でも一応解説して欲しいと思うから一つずつ解説するッピヨ。

鳥ゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

まずはデリゲートの宣言を見てみよう。
Private Delegate Function SimpleComputer( _ 
    ByVal val As Byte, ByVal val1 As Byte) As Double
何かメソッドの定義みたいだね。と思った貴方は鋭い!。 デリゲートの宣言はメソッドの定義を決めるのに等しいピヨ。 このサンプルコードの場合は、Double型の値を返す、二つのByte型の値を受け取るメソッド を表しているんだ。これが何を意味するかは、これから解説するピヨ。

にゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ

次に注目するべきなのは、Calculateメソッドピヨォ。 三つ目の引数にSimpleComputerデリゲートを受け取っているよね。 それの使い方を見て。メソッドの呼び出しそのものピヨ。 だからボクはさっきメソッドの定義に等しいと表現したんだ。
にゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ

今のところデリゲートは単純そうに見えるんだけど、 デリゲートの機能は単純にメソッドを呼び出すだけではないんだ。 なんと!一度に複数のメソッドを一気に呼び出せるんだ。全て同じ値で計算されているからそれが分かるピヨ。 MultiExeメソッド内の処理を見てごらん。
Calculate( val, val1, allfun )
が一回しか呼んでいない
ピヨ。 でもちゃんと全部メソッドを呼んでいるよね。どう?不思議だよね。 これにはちゃんとしたトリックがあるんだ。そのトリックは、 Delegate.Invokeメソッドさ。 このメソッドが暗黙的に使用されて一つのデリゲート内に複数のメソッドを格納できるんだ。 だから一回呼べば全て呼ばれるんだ。これを応用すれば面白いソフトが作れるよ。色々妄想すると楽しいピヨ。 勿論、逆の処理も可能で、Delegate.Removeメソッドを使用すれば、 使用しなくなったメソッドを除外できよ。これも覚えておいてね。 じゃあこれでお終い!

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

C++/CLIをつつく23-デリゲート。貴方を呼ぶからね。

ドリィちゃんからデリゲートの説明を押し付けられたから解説するピヨ。 デリゲートとは(うんたらかんたら)と説明されるのは眠たいと思うので早速このコードをコピペして実行してみて。

#include "stdafx.h"
using namespace System;

ref class Program
{
private:

    //デリゲートの宣言だピヨ
    delegate Double SimpleComputer( Byte val, Byte val1 ); 

    static Double Add( Byte val, Byte val1 ) {
        Double rval = val + val1;
        Console::Write( "{0}と{1}の足し算を行います。", val, val1 );
        Console::Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    static Double Subtract( Byte val, Byte val1 ) {
        Double rval = val - val1;
        Console::Write( "{0}と{1}の引き算を行います。", val, val1 );
        Console::Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    static Double Multiply( Byte val, Byte val1 ) {
        Double rval = val * val1;
        Console::Write( "{0}と{1}の掛け算を行います。", val, val1 );
        Console::Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    static Double Divide( Byte val, Byte val1 ) {
        Double rval = (Double)val / (Double)val1;
        Console::Write( "{0}と{1}の割り算を行います。", val, val1 );
        Console::Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    //ここでデリゲートを有効利用しているピヨ
    static void Calculate( Byte val, Byte val1, SimpleComputer^ function ) {
        if(function != nullptr) {
            function( val, val1 );
        }
    }

public:
    static void SingleExe( ) {
        Console::WriteLine( "********************"
            "一つずつメソッドを呼び出して計算します********************" );
	Random^ ran = gcnew Random( ( Int32 ) DateTime::Now.Ticks );
        Byte val = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        Byte val1 = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
	Calculate( val, val1, gcnew SimpleComputer(&Program::Add) );

        val = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        val1 = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
	Calculate( val, val1, gcnew SimpleComputer(&Program::Subtract) );

        val = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        val1 = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, gcnew SimpleComputer(&Program::Multiply) );

        val = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        val1 = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, gcnew SimpleComputer(&Program::Divide) );
        Console::WriteLine( "");
    }

    static void MultiExe( ) {
        Console::WriteLine( "********************" + 
            "一度にメソッド呼び出して計算します********************" );
        SimpleComputer^ add = gcnew SimpleComputer( Add );
        SimpleComputer^ sub = gcnew SimpleComputer( Subtract );
        SimpleComputer^ mul = gcnew SimpleComputer( Multiply );
        SimpleComputer^ div = gcnew SimpleComputer( Divide );

        SimpleComputer^ all = nullptr;
        all = ( SimpleComputer^ ) Delegate::Combine( all, add );
        all = ( SimpleComputer^ ) Delegate::Combine( all, sub );
        all = ( SimpleComputer^ ) Delegate::Combine( all, mul );
        all = ( SimpleComputer^ ) Delegate::Combine( all, div );

	Random^ ran = gcnew Random( ( Byte ) DateTime::Now.Ticks );
        Byte val = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        Byte val1 = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, all );
        Console::WriteLine( "" );

        Console::WriteLine( "********************" + 
            "割り算以外を計算します********************" );
        all = ( SimpleComputer^ ) Delegate::Remove( all, div );
        val = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        val1 = ( Byte ) ran->Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, all );
        Console::WriteLine( "" );
    }
};

int main(array< System::String ^> ^args)
{
    Program::SingleExe( );
    Program::MultiExe( );
    return 0;
}

ちょっと長いけど勘弁してね。どう?実行した?面白い動きをするでしょ?ピヨ?ピヨ?
でも一応解説して欲しいと思うから一つずつ解説するッピヨ。


鳥ゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ


まずはデリゲートの宣言を見てみよう。
delegate Double SimpleComputer( Byte val, Byte val1 ); 
何かメソッドの定義みたいだね。と思った貴方は鋭い!。 デリゲートの宣言はメソッドの定義を決めるのに等しいピヨ。 このサンプルコードの場合は、Double型の値を返す、二つのByte型の値を受け取るメソッド を表しているんだ。これが何を意味するかは、これから解説するピヨ。


にゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ


次に注目するべきなのは、Calculateメソッドピヨォ。 三つ目の引数にSimpleComputerデリゲートを受け取っているよね。 それの使い方を見て。メソッドの呼び出しそのものピヨ。 だからボクはさっきメソッドの定義に等しいと表現したんだ。


にゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ


今のところデリゲートは単純そうに見えるんだけど、 デリゲートの機能は単純にメソッドを呼び出すだけではないんだ。 なんと!一度に複数のメソッドを一気に呼び出せるんだ。全て同じ値で計算されているからそれが分かるピヨ。 MultiExeメソッド内の処理を見てごらん。
Calculate( val, val1, all );
を一回しか呼んでいない
ピヨ。 でもちゃんと全部メソッドを呼んでいるよね。どう?不思議だよね。 これにはちゃんとしたトリックがあるんだ。そのトリックは、 Delegate.Invokeメソッドさ。 このメソッドは暗黙的に使用されてstrong>一つのデリゲート内に複数のメソッドを格納できるんだ。 だから一回呼べば全て呼ばれるんだ。これを応用すれば面白いソフトが作れるよ。色々妄想すると楽しいピヨ。 勿論、逆の処理も可能で、Delegate.Removeメソッドを使用すれば、 使用しなくなったメソッドを除外できよ。これも覚えておいてね。 じゃあこれでお終い!

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

C#をつつく23-デリゲート。貴方達を呼びつけるからね。

ドリィちゃんからデリゲートの説明を押し付けられたから解説するピヨ。 デリゲートとは(うんたらかんたら)と説明されるのは眠たいと思うので早速このコードをコピペして実行してみて。

class Program
{
    //今回のキーポイント
    private delegate double SimpleComputer( byte val, byte val1 ); 

    private static double Add( byte val, byte val1 ) {
        double rval = val + val1;
        Console.Write( "{0}と{1}の足し算を行います。", val, val1 );
        Console.Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    private static double Subtract( byte val, byte val1 ) {
        double rval = val - val1;
        Console.Write( "{0}と{1}の引き算を行います。", val, val1 );
        Console.Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    private static double Multiply( byte val, byte val1 ) {
        double rval = val * val1;
        Console.Write( "{0}と{1}の掛け算を行います。", val, val1 );
        Console.Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    private static double Divide( byte val, byte val1 ) {
        double rval = val / val1;
        Console.Write( "{0}と{1}の割り算を行います。", val, val1 );
        Console.Write( "答えは【{0}】です。\n", rval );
        return rval;  
    }

    //デリゲートを使用しているメソッド
    private static void Calculate( 
        byte val, byte val1, SimpleComputer function )
    {
        if(function != null) {
            function( val, val1 );
        }
    }

    private static void SingleExe( ) {
        Console.WriteLine( "********************" + 
            "一つずつメソッドを呼び出して計算します********************" );
        Random ran = new Random( ( byte ) DateTime.Now.Ticks );
        byte val = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        byte val1 = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, Add );

        val = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        val1 = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, Subtract );

        val = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        val1 = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, Multiply );

        val = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        val1 = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, Divide );
        Console.WriteLine( "");
    }

    private static void MultiExe( ) {
        Console.WriteLine( "********************" + 
            "一度にメソッド呼び出して計算します********************" );
        SimpleComputer add = new SimpleComputer( Add );
        SimpleComputer sub = new SimpleComputer( Subtract );
        SimpleComputer mul = new SimpleComputer( Multiply );
        SimpleComputer div = new SimpleComputer( Divide );

        SimpleComputer all = null;
        all = ( SimpleComputer ) Delegate.Combine( all, add );
        all = ( SimpleComputer ) Delegate.Combine( all, sub );
        all = ( SimpleComputer ) Delegate.Combine( all, mul );
        all = ( SimpleComputer ) Delegate.Combine( all, div );

        Random ran = new Random( ( byte ) DateTime.Now.Ticks );
        byte val = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        byte val1 = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, all );
        Console.WriteLine( "" );

        Console.WriteLine( "********************" + 
            "割り算以外を計算します********************" );
        all = ( SimpleComputer ) Delegate.Remove( all, div );
        val = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        val1 = ( byte ) ran.Next( 1, 100 );
        Calculate( val, val1, all );
        Console.WriteLine( "" );
    }

    static void Main( string[ ] args ) {
        SingleExe( );
        MultiExe( );
    }
}

ちょっと長いけど勘弁してね。どう?実行した?面白い動きをするでしょ?ピヨ?ピヨ?
でも一応解説して欲しいと思うから一つずつ解説するッピヨ。


鳥ゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ


まずはデリゲートの宣言を見てみよう。
private delegate double SimpleComputer( byte val, byte val1 ); 
何かメソッドの定義みたいだね。と思った貴方は鋭い!。 デリゲートの宣言はメソッドの定義を決めるのに等しいピヨ。 このサンプルコードの場合は、double型の値を返す、二つのbyte型の値を受け取るメソッド を表しているんだ。これが何を意味するかは、これから解説するピヨ。


にゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ


次に注目するべきなのは、Calculateメソッドピヨォ。 三つ目の引数にSimpleComputerデリゲートを受け取っているよね。 それの使い方を見て。メソッドの呼び出しそのものピヨ。 だからボクはさっきメソッドの定義に等しいと表現したんだ。


にゃーバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ


今のところデリゲートは単純そうに見えるんだけど、 デリゲートの機能は単純にメソッドを呼び出すだけではないんだ。 なんと!一度に複数のメソッドを一気に呼び出せるんだ。全て同じ値で計算されているからそれが分かるピヨ。 MultiExeメソッド内の処理を見てごらん。
Calculate( val, val1, all );
を一回しか呼んでいない
ピヨ。 でもちゃんと全部メソッドを呼んでいるよね。どう?不思議だよね。 これにはちゃんとしたトリックがあるんだ。そのトリックは、Delegate.Invokeメソッドさ。 このメソッドは暗黙的に使用されて 一つのデリゲート内に複数のメソッドを格納できるんだ。 だから一回呼べば全て呼ばれるんだ。これを応用すれば面白いソフトが作れるよ。色々妄想すると楽しいピヨ。 勿論、逆の処理も可能で、Delegate.Removeメソッドを使用すれば、 使用しなくなったメソッドを除外できよ。これも覚えておいてね。 じゃあこれでお終い!

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

VB.NETをつつく22-イベント。そっちから言ってよね。

インドリとドリィちゃんが作った動物園基幹システムの働きもあったのか、わんくま動物園は大繁盛しました。 でも、ドリィちゃんはとっても悩んでいました。
インドリィちゃん「くまの中さんは何処へ行ったの?」
インドリ「大阪勉強会だよ。ボクもWebで参加したけどすごく楽しかったピヨッ。」
インドリィちゃん「大阪勉強会はもう終わったでしょ!。何時まで浮かれているのよぉ。まったく・・・ まあいいわ。犬のじゃんぬさんは何処へ行ったの?」
インドリ「うーんとねえ。仕事に疲れている様子だったから、息抜きにネタを求めてスイーツ(笑)を観察しに街へ出かけたと思うピヨ。」
インドリィちゃん「それ、ただの勘でしょぉ。もぅ。本当にインドリは頼りにならないわねぇぇ。」
そうなんです。わんくま動物園の個性的な面々は人気者なので、忙しい彼らが何処へ行ったのか全然把握できなかったのです。 これでは動物園は管理出来ません。鶏唐揚さんが危うくお客に食べられそうになったり、画伯がセクハラしたり、 シャノンさんが宇宙の真理を求めて行方不明になったり・・・etc とにかく色々なハプニングが起こりました。 それで困り果てたドリィちゃんは一つのアイデアを思いつきました。
インドリィちゃん「そうだわ。本人に自己申告してもらってそれに対処しよう。」
今度の例の場合のように、何かのオブジェクトを一部始終監視するには向いていない処理は、 イベントを使用します。生き物には自由に生きる権利があるからね。

※イメージとしてはButtonオブジェクトのClickが分かりやすいと思います。
※でもお話しを書かなきゃ面白くないからね♪

そこまで決まれば話しは早いです。さっそくドリィちゃんは報告する内容を実装しました。
みんなも一緒にみてみよう。

Public Class MoveEventArgs
    Inherits EventArgs 'ここに注目

    '移動先
    Private m_destination As String
    Public Property Destination() As String
        Get
            Return m_destination
        End Get
        Set(ByVal value As String)
            m_destination = value
        End Set
    End Property

    '移動目的
    Private m_purpose As String
    Public Property Purpose() As String
        Get
            Return m_purpose
        End Get
        Set(ByVal value As String)
            m_purpose = value
        End Set
    End Property

    Sub New(ByVal destination As String, ByVal purpose As String)
        Me.m_destination = destination
        Me.m_purpose = purpose
    End Sub
End Class

ひとまず、移動先と移動目的さえ分かれば何とかなるとドリィちゃんは考えたのです。 勿論このクラスを定義しただけでは何も起こりません。ですから引き続きドリィちゃんはAnimalクラスに変更を加えました。 こっちのコードも見てみよう。

注目するべきところだけ抜粋
Public MustInherit Class Animal

    'イベントの要素を定義    
    Public Event MoveEvent(ByVal sender As Object, ByVal e As MoveEventArgs)

    'イベントの発生を通知するメソッド    
    Protected Sub OnMove(ByVal e As MoveEventArgs)
        RaiseEvent MoveEvent(Me, e)
    End Sub

    '入力された値を正しいイベントに変換するメソッド 
    '※元からあるMoveメソッドを修正しました
    Public Overridable Sub Move( _ 
        ByVal destination As String, ByVal purpose As String)

        Dim e As MoveEventArgs = New MoveEventArgs(destination, purpose)
        OnMove(e)
    End Sub

End Class

※ここからはドリィちゃんが書いています。口が悪くなるから心して読んでね(インドリより)

ふぅ~。作業が終わったから私が説明するわ。一回しか言わないからちゃんと聞きなさい。
イベントを実装する手順は次の通り。
  • 1.イベントで知りたい情報を定義する。
  • 2.イベントの要素を定義する。
  • 3.イベントの発生を通知するメソッドを定義する。
  • 4.入力された値を正しいイベントに変換するメソッドを定義する。
それじゃ、個々の事項を説明するわ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

トリ邪魔。部屋の中で飛ぶな。
1の手順ではEventArgsから派生したクラスを定義。 いい、EventArgsよ。他のオブジェクトは駄目。我儘は許さないぃぃ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

(黙って窓を開ける)
2の手順では、Eventを宣言することになるわ。
アクセス修飾子 Event イベントの名前 メソッドの定義 
VB.NETは説明が簡単で良い。じゃあ、次。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

だ・か・ら、室内で飛ばないでぇぇ!。羽がキーボードの上に落ちるでしょぉ。もぉ。
VB.NETは説明がやっぱり楽。RaiseEventでイベントを発行する。以上。 本当は内部で色々やっているけど説明が難しいわ。 これを理解するにはデリゲートを知らなければいけないから、 今のところは内部を気にしないで。 イベントに対応するメソッドを発動する。 と今のところ思っていて。これも後でインドリに説明させるから。
インドリ「ちょっと。ドリィちゃん。デリゲートの説明全てボクに任せるのかい?」
それが何か?
インドリ「・・・わかったよ。」
ということで細かいところは次回説明から最後へ行く。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

逃げたか。でも大丈夫。時間ちゃんとデリゲート説明させるわ。
最後の手順はとても単純。1の手順で定義したEventArgsの派生クラスのインスタンスを作って、3の手順で定義したメソッドへ投げるだけ。 これで終わりといいたいところだけど、今回の例の場合派生クラスも変更する必要がある。 ということで私のコードを見なさい。

Public Class Bird

    Inherits Animal

    Public Sub New(ByVal name As String, ByVal age As Integer)
        MyBase.New(name, age)
    End Sub

    Public Overrides Sub Move( _ 
        ByVal destination As String, ByVal purpose As String)

        Console.WriteLine("バサバサ飛ぶ")
        MyBase.Move(destination, purpose)
    End Sub

End Class

'新しく追加
Public Class Bear
    Inherits Animal

    Public Sub New(ByVal name As String, ByVal age As Integer)
        MyBase.New(name, age)
    End Sub

    Public Overrides Sub Move( _ 
        ByVal destination As String, ByVal purpose As String)
        
        Console.WriteLine("のしのし歩く")
        MyBase.Move(destination, purpose)
    End Sub

End Class

Public Class Dog
    Inherits Animal

    Public Sub New(ByVal name As String, ByVal age As Integer)
        MyBase.New(name, age)
    End Sub

    Public Overrides Sub Move( _ 
        ByVal destination As String, ByVal purpose As String)

        Console.WriteLine("タッタ走る")
        MyBase.Move(destination, purpose)
    End Sub

End Class

MyBase.Moveとなっているところを注目しなさい。 これは親クラスのメソッドを呼び出しているの。 この文が無いとイベントが発動できないから絶対に付けなさい。 ここまで来たら後はそれを使うだけ。使っている様子を見なさい。そうすれば理解できるはずよ。
'変更した所だけ抜粋
Public Class Human

    Public Overrides Sub Move( _ 
        ByVal destination As String, ByVal purpose As String)

        Console.WriteLine("テクテク歩く")
        '人間は管理しないのでMyBaseを使わない
    End Sub

    Public Sub Management(ByRef target As Animal)
        'AddHandlerでイベントとこのクラスを関連付けている
        AddHandler target.MoveEvent, AddressOf Target_MoveEvent
    End Sub

    Private Sub Target_MoveEvent( _ 
        ByVal sender As Object, ByVal e As MoveEventArgs)

        Dim target As Animal = CType(sender, Animal)
        If target.Name = "インドリ" Then
            Console.WriteLine("{0}が逃亡するのを確認した。" & vbLf & _
                "行き先:{1}" & vbLf & "目的:{2}" & vbLf, _
                target.Name, e.Destination, e.Purpose)
        Else
            Console.WriteLine("「{0}さん」が移動するのを確認した。\n"  _ 
               & vbLf & "行き先:{1}" & vbLf & "目的:{2}" & vbLf, _
                target.Name, e.Destination, e.Purpose)
        End If
    End Sub
End Class

Public Class Module1

    Public Shared Sub Main()
        Dim dre As Human = New Human("ドリィちゃん", 16)
        dre.Talk()
        dre.Move("わんくま動物園", "事務仕事")
        Console.WriteLine("ドリィちゃんが事務仕事を始めます。")
        Console.WriteLine("")

        Dim tori As InDori = New InDori(29)
        dre.Management(tori)
        tori.Talk()
        tori.Move("じゃんぬねっと", "遊び")

        Dim naka As Bear = New Bear("中", 33)
        dre.Management(naka)
        naka.Talk()
        naka.Move("東京", "勉強会")

        Dim jyannnu As Dog = New Dog("じゃんぬ", 25)
        dre.Management(jyannnu)
        jyannnu.Talk()
        jyannnu.Move("街", "スイーツ(笑)観察")
    End Sub

End Class
何度かステップ実行して。そうすれば分かるはず。 私は気の聞いたこと言えないからこれでお終い。 そうそう。一つ言い忘れたわ。
これはネタだから実在する人物や団体とは一切関係ありません。
笑い流してね。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

C++/CLIをつつく22-イベント。そっちから言ってよね。

インドリとドリィちゃんが作った動物園基幹システムの働きもあったのか、わんくま動物園は大繁盛しました。 でも、ドリィちゃんはとっても悩んでいました。
インドリィちゃん「くまの中さんは何処へ行ったの?」
インドリ「大阪勉強会だよ。ボクもWebで参加したけどすごく楽しかったピヨッ。」
インドリィちゃん「大阪勉強会はもう終わったでしょ!。 何時まで浮かれているのよぉ。まったく・・・ まあいいわ。犬のじゃんぬさんは何処へ行ったの?」
インドリ「うーんとねえ。仕事に疲れている様子だったから、 息抜きにネタを求めてスイーツ(笑)を観察しに街へ出かけたと思うピヨ。」
インドリィちゃん「それ、ただの勘でしょぉ。もぅ。 本当にインドリは頼りにならないわねぇぇ。」
そうなんです。わんくま動物園の個性的な面々は人気者なので、 忙しい彼らが何処へ行ったのか全然把握できなかったのです。 これでは動物園は管理出来ません。鶏唐揚さんが危うくお客に食べられそうになったり、 画伯がセクハラしたり、シャノンさんが宇宙の真理を求めて行方不明になったり・・・etc とにかく色々なハプニングが起こりました。 それで困り果てたドリィちゃんは一つのアイデアを思いつきました。
インドリィちゃん 「そうだわ。本人に自己申告してもらってそれに対処しよう。」
今度の例の場合のように、何かのオブジェクトを一部始終監視するには向いていない処理は、 イベントを使用します。生き物には自由に生きる権利があるからね。

※イメージとしてはButtonオブジェクトのClickが分かりやすいと思います。
※でもお話しを書かなきゃ面白くないからね♪

そこまで決まれば話しは早いです。さっそくドリィちゃんは報告する内容を実装しました。
みんなも一緒にみてみよう。

public ref class MoveEventArgs : EventArgs //ここに注目
{
public :

    //移動先
    property String^ Destination;

    //移動目的
    property String^ Purpose;

    MoveEventArgs( String^ destination, String^ purpose ) {
        this->Destination = destination;
        this->Purpose = purpose;
    }
};

ひとまず、移動先と移動目的さえ分かれば何とかなるとドリィちゃんは考えたのです。 勿論このクラスを定義しただけでは何も起こりません。 ですから引き続きドリィちゃんはAnimalクラスに変更を加えました。 こっちのコードも見てみよう。

注目するべきところだけ抜粋
public ref class Animal abstract 
{
public:
       //2.イベントの要素を定義
	delegate void MoveEventHandler(Object^ sender, MoveEventArgs^ e);
        event MoveEventHandler^ MoveEvent;

        //4.入力された値を正しいイベントに変換するメソッド 
        //※元からあるMoveメソッドを修正しました
	virtual void Move(String^ destination, String^ purpose) {
	    MoveEventArgs^ e = gcnew MoveEventArgs( destination, purpose );
            OnMove( e );
	}

protected :
        //3.イベントの発生を通知するメソッド
        virtual void OnMove( MoveEventArgs^ e ) { MoveEvent(this, e); }
};

※ここからはドリィちゃんが書いています。口が悪くなるから心して読んでね(インドリより)

ふぅ~。作業が終わったから私が説明するわ。一回しか言わないからちゃんと聞きなさい。
イベントを実装する手順は次の通り。
  • 1.イベントで知りたい情報を定義する。
  • 2.イベントの要素を定義する。
  • 3.イベントの発生を通知するメソッドを定義する。
  • 4.入力された値を正しいイベントに変換するメソッドを定義する。
それじゃ、個々の事項を説明するわ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ

トリ邪魔。部屋の中で飛ぶな。
1の手順ではEventArgsから派生したクラスを定義。 いい、EventArgsよ。他のオブジェクトは駄目。我儘は許さないぃぃ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサバサ

(黙って窓を開ける)
2の手順では、eventを宣言することになるわ。
アクセス修飾子 event メソッドの定義 イベントの名前
を定義すれば良い。メソッドの定義の部分は難しいけど、今のところは気にしない。 後でインドリが説明するから。じゃあ、次。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサ

だ・か・ら、室内で飛ばないでぇぇ!。羽がキーボードの上に落ちるでしょぉ。もぉ。
3の手順は厄介。コードの行数は短いけど説明が難しいわ。 これを理解するにはデリゲートを知らなければいけないから、 今のところは気にしないで。 イベントを発動する。 とだけ今のところ思っていて。C#よりも短いわねぇ。これも後でインドリに説明させるから。
インドリ「ちょっと。ドリィちゃん。デリゲートの説明全てボクに任せるのかい?」
それが何か?
インドリ「・・・わかったよ。」
ということで細かいところは次回説明から最後へ行く。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ バサバサバサバサバサバサバサバサ

逃げたか。でも大丈夫。時間ちゃんとデリゲート説明させるわ。
最後の手順はとても単純。1の手順で定義したEventArgsの派生クラスのインスタンスを作って、 3の手順で定義したメソッドへ投げるだけ。 これで終わりといいたいところだけど、今回の例の場合派生クラスも変更する必要がある。 ということで私のコードを見なさい。

public ref class Bird : Animal
{
public:
    Bird ( String^ name, Int32 age ) : Animal( name, age ) { }
    virtual void Move( String^ destination, String^ purpose ) override { 
        Console::WriteLine( "バサバサ飛ぶ" );
	Animal::Move( destination, purpose );
    }
};

//新しく追加
public ref class Bear : Animal
{
public:
    Bear ( String^ name, Int32 age ) : Animal( name, age ) { }
    virtual void Move ( String^ destination, String^ purpose ) override {
  	Console::WriteLine( "のしのし歩く" );
        Animal::Move( destination, purpose );
    }
};

public ref class Dog : Animal
{
public:
    Dog( String^ name, Int32 age ) : Animal( name, age ) { }
    virtual void Move ( String^ destination, String^ purpose )  override {
        Console::WriteLine( "タッタ走る" );
        Animal::Move( destination, purpose );
    }
};

Animal::Moveとなっているところを注目しなさい。 これは親クラスのメソッドを呼び出しているの。 この文が無いとイベントが発動できないから絶対に付けなさい。 ここまで来たら後はそれを使うだけ。使っている様子を見なさい。そうすれば理解できるはずよ。
//変更した所だけ抜粋
public ref class Human : Animal
{
public:
    Human ( String^ name, Int32 age ) : Animal( name, age ) { }

    virtual void Talk() override {
	Console::WriteLine( "私は{0}。年は20だよ。", this->Name );
    }

    virtual void Move( String^ destination, String^ purpose ) override {
	Console::WriteLine( "テクテク歩く" );
        //人は管理しないからAnimal::Moveなし
    }

    void Management( Animal^ target ) {
	target->MoveEvent += 
            gcnew MoveEventHandler( this, &Human::Target_MoveEvent );
    }

private :
    void Target_MoveEvent( Object^ sender, MoveEventArgs^ e ) {
        Animal^ target = ( Animal^ ) sender;
        if ( target->Name == "インドリ" ) {
		Console::WriteLine( "{0}が逃亡するのを確認した。\n" +
                "行き先:{1}\n目的:{2}\n",
                target->Name, e->Destination, e->Purpose );
        } else {
		Console::WriteLine( "「{0}さん」が移動するのを確認した。\n" +
                "行き先:{1}\n目的:{2}\n",
                target->Name, e->Destination, e->Purpose );
        }
    }
};

using namespace Sample;
int main(array< System::String ^> ^args)
{
    Human^ dre = gcnew Human( "ドリィちゃん", 16 );
    dre->Talk( );
    dre->Move( "わんくま動物園", "事務仕事" );
    Console::WriteLine( "ドリィちゃんが事務仕事を始めます。");
    Console::WriteLine( "" );

    InDori^ tori = gcnew InDori( 29 );
    dre->Management( tori );
    tori->Talk( );
    tori->Move( "じゃんぬねっと", "遊び");

    Bear^ naka = gcnew Bear( "中", 33 );
    dre->Management( naka );
    naka->Talk( );
    naka->Move( "東京", "勉強会" );

    Dog^ jyannnu = gcnew Dog( "じゃんぬ", 25 );
    dre->Management( jyannnu );
    jyannnu->Talk( );
    jyannnu->Move( "街", "スイーツ(笑)観察");
    return 0;
}
何度かステップ実行して。そうすれば分かるはず。 私は気の聞いたこと言えないからこれでお終い。 そうそう。一つ言い忘れたわ。
これはネタだから実在する人物や団体とは一切関係ありません。
笑い流してね。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草25

今日はCodeZineの記事と、C#つつきを書きました。 C#つつきは力を入れたので今日は1つしか投稿できませんでした。 ですから明日はVBとC++/CLIを追加し、デリゲートについて書きます。 これさえ読めば初心者の方もきっとバイナリの記事が分かるようになると思います。
では、これにて失礼します。

テーマ : 裏事情
ジャンル :

C#をつつく22-イベント。そっちから言ってよね。

インドリとドリィちゃんが作った動物園基幹システムの働きもあったのか、わんくま動物園は大繁盛しました。 でも、ドリィちゃんはとっても悩んでいました。
インドリィちゃん「くまの中さんは何処へ行ったの?」
インドリ「大阪勉強会だよ。ボクもWebで参加したけどすごく楽しかったピヨッ。」
インドリィちゃん「大阪勉強会はもう終わったでしょ!。何時まで浮かれているのよぉ。まったく・・・ まあいいわ。犬のじゃんぬさんは何処へ行ったの?」
インドリ「うーんとねえ。仕事に疲れている様子だったから、息抜きにネタを求めてスイーツ(笑)を観察しに街へ出かけたと思うピヨ。」
インドリィちゃん「それ、ただの勘でしょぉ。もぅ。本当にインドリは頼りにならないわねぇぇ。」
そうなんです。わんくま動物園の個性的な面々は人気者なので、忙しい彼らが何処へ行ったのか全然把握できなかったのです。 これでは動物園は管理出来ません。鶏唐揚さんが危うくお客に食べられそうになったり、画伯がセクハラしたり、 シャノンさんが宇宙の真理を求めて行方不明になったり・・・etc とにかく色々なハプニングが起こりました。 それで困り果てたドリィちゃんは一つのアイデアを思いつきました。
インドリィちゃん「そうだわ。本人に自己申告してもらってそれに対処しよう。」
今度の例の場合のように、何かのオブジェクトを一部始終監視するには向いていない処理は、 イベントを使用します。生き物には自由に生きる権利があるからね。

※イメージとしてはButtonオブジェクトのClickが分かりやすいと思います。
※でもお話しを書かなきゃ面白くないからね♪

そこまで決まれば話しは早いです。さっそくドリィちゃんは報告する内容を実装しました。
みんなも一緒にみてみよう。

public class MoveEventArgs : EventArgs //ここに注目
{
    //移動先
    private string m_destination;
    public string Destination {
        get { return m_destination; }
        set { m_destination = value; }
    }

    //移動目的
    private string m_purpose;
    public string Purpose {
        get { return m_purpose; }
        set { m_purpose = value; }
    }

    public MoveEventArgs( destination, string purpose )  {   
        this.MovingPerson = person;
        this.m_destination = destination;
        this.m_purpose = purpose;
    }
}

ひとまず、移動先と移動目的さえ分かれば何とかなるとドリィちゃんは考えたのです。 勿論このクラスを定義しただけでは何も起こりません。ですから引き続きドリィちゃんはAnimalクラスに変更を加えました。 こっちのコードも見てみよう。

注目するべきところだけ抜粋
public abstract class Animal
{
    //イベントの要素を定義    
    public delegate void MoveEventHandler(object sender, MoveEventArgs e);
    public event MoveEventHandler MoveEvent;    

    //イベントの発生を通知するメソッド    
    protected virtual void OnMove( MoveEventArgs e ) {
        MoveEventHandler temp = MoveEvent;
        if ( temp != null ) temp( this, e );

    //入力された値を正しいイベントに変換するメソッド 
    //※元からあるMoveメソッドを修正しました
    public virtual void Move( string destination, string purpose ) 
    {
        MoveEventArgs e = new MoveEventArgs( person, destination, purpose );
        OnMove( e );
    }
}

※ここからはドリィちゃんが書いています。口が悪くなるから心して読んでね(インドリより)

ふぅ~。作業が終わったから私が説明するわ。一回しか言わないからちゃんと聞きなさい。
イベントを実装する手順は次の通り。
  • 1.イベントで知りたい情報を定義する。
  • 2.イベントの要素を定義する。
  • 3.イベントの発生を通知するメソッドを定義する。
  • 4.入力された値を正しいイベントに変換するメソッドを定義する。
それじゃ、個々の事項を説明するわ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

トリ邪魔。部屋の中で飛ぶな。
1の手順ではEventArgsから派生したクラスを定義。 いい、EventArgsよ。他のオブジェクトは駄目。我儘は許さないぃぃ。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

(黙って窓を開ける)
2の手順では、eventを宣言することになるわ。
アクセス修飾子 event メソッドの定義 イベントの名前
を定義すれば良い。メソッドの定義の部分は難しいけど、今のところは気にしない。 後でインドリが説明するから。じゃあ、次。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

だ・か・ら、室内で飛ばないでぇぇ!。羽がキーボードの上に落ちるでしょぉ。もぉ。
3の手順は厄介。コードの行数は短いけど説明が難しいわ。 これを理解するにはデリゲートを知らなければいけないから、今のところは気にしないで。 イベントを作って、イベントがNullじゃなければ、イベントに対応するメソッドを発動する。 と今のところ思っていて。これも後でインドリに説明させるから。
インドリ「ちょっと。ドリィちゃん。デリゲートの説明全てボクに任せるのかい?」
それが何か?
インドリ「・・・わかったよ。」
ということで細かいところは次回説明から最後へ行く。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

逃げたか。でも大丈夫。時間ちゃんとデリゲート説明させるわ。
最後の手順はとても単純。1の手順で定義したEventArgsの派生クラスのインスタンスを作って、3の手順で定義したメソッドへ投げるだけ。 これで終わりといいたいところだけど、今回の例の場合派生クラスも変更する必要がある。 ということで私のコードを見なさい。

public class Bird : Animal
{
    public Bird( string name, int age ) : base ( name, age ) { }

    public override void Move( string destination, string purpose ) {
        Console.WriteLine( "バサバサ飛ぶ" );
        base.Move( destination, purpose );
    }
}

//新しく追加
public class Bear : Animal
{
    public Bear( string name, int age ) : base( name, age ) { }
    public override void Move( string destination, string purpose ) {
        Console.WriteLine( "のしのし歩く" );
        base.Move( destination, purpose );
    }
}

public class Dog : Animal
{
    public Dog( string name, int age ) : base( name, age ) { }
    public override void Move( string destination, string purpose ) {
        Console.WriteLine( "タッタ走る" );
        base.Move( destination, purpose );
    }
}

base.Moveとなっているところを注目しなさい。 これは親クラスのメソッドを呼び出しているの。 この文が無いとイベントが発動できないから絶対に付けなさい。 ここまで来たら後はそれを使うだけ。使っている様子を見なさい。そうすれば理解できるはずよ。
//変更した所だけ抜粋
public class Human : Animal
{
    public Human( string name, int age ) : base( name, age ) { }

    public override void Talk( ) {
        Console.WriteLine( "私は{0}。年は20だよ。", this.Name );
    }

    public override void Move( string destination, string purpose ) {
        Console.WriteLine( "テクテク歩く" );
        //人は管理しないからbase.Moveなし
    }

    public void Management( Animal target ) {
        target.MoveEvent += new MoveEventHandler( Target_MoveEvent );
    }

    private void Target_MoveEvent( object sender, MoveEventArgs e ) {
        Animal target = (Animal) sender;
        if ( target.Name == "インドリ" ) {
            Console.WriteLine( "{0}が逃亡するのを確認した。\n" +
                "行き先:{1}\n目的:{2}\n",
                target.Name, e.Destination, e.Purpose );
        } else {
            Console.WriteLine( "「{0}さん」が移動するのを確認した。\n" +
                "行き先:{1}\n目的:{2}\n",
                target.Name, e.Destination, e.Purpose );
        }
    }
}

class Program
{
    static void Main( string[ ] args ) {
        Human dre = new Human( "ドリィちゃん", 16 );
        dre.Talk( );
        dre.Move( "わんくま動物園", "事務仕事" );
        Console.WriteLine( "ドリィちゃんが事務仕事を始めます。");
        Console.WriteLine( "" );

        InDori tori = new InDori( 29 );
        dre.Management( tori );
        tori.Talk( );
        tori.Move( "じゃんぬねっと", "遊び");

        Bear naka = new Bear( "中", 34 );
        dre.Management( naka );
        naka.Talk( );
        naka.Move( "東京", "勉強会" );

        Dog jyannnu = new Dog( "じゃんぬ", 26 );
        dre.Management( jyannnu );
        jyannnu.Talk( );
        jyannnu.Move( "街", "スイーツ(笑)観察");
    }
}
何度かステップ実行して。そうすれば分かるはず。 私は気の聞いたこと言えないからこれでお終い。 そうそう。一つ言い忘れたわ。
これはネタだから実在する人物や団体とは一切関係ありません。
笑い流してね。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草24

今日は一日中わんくま大阪勉強会にWebで参加していました。ですから申し訳ないのですが、今日はブログをかけそうにもありません。期待していたが居たらあまっておきます。では明日また会いましょう。

テーマ : 裏事情
ジャンル :

Dをつつく2ーインドリ流多言語学習法

あっ、さて、さて、さてはD言語、玉簾、あっ玉簾、 今日も楽しいD言語つつきピヨ。
D言語は第2の言語と公式ホームページに書かれている、 他の言語を既に使っている人向けに書くピヨ。 他の言語を経験していない人は、 他の言語を先に学習しておいたほうがいいようだよ。 公式ホームページに書いてある事だから素直に従っておこう。
既に他の言語を使っている人が違う言語を学習する際には、 初めてプログラム言語を学ぶ人には真似できない学習法が出来るピヨ。 それを今回は紹介するピヨ。
初学者には無い経験者が持つ強みって何だと思う?。 ボクは概念をマスターしていること だと思うピヨ。 初学者の時は、「エントリポイント何それ?変数?変態の数??」 とか色々分からない事だらけピヨ。 でも経験者は概念そのものは分かるからそれを利用しない手は無い。 その長所を積極的に使って行こう。
概念を知っていることの長所から導き出される学習法の一つとして 概念マップ法を考えたピヨ。 概念マップ法とは、実のところもう既にこのブログはやっているピヨ。 言語全般のカテゴリに、 ボクはプログラム言語の概念を列挙してC#・VB・C++/CLIの記事へのリンクを 張っているよね。それが概念マップ法ピヨ。 要は知っている概念がどのように表現されているか を知れば、自然とプログラミング能力は高まり、 記憶を連想できるようにしておくことにより記憶力も高まるピヨ。 さらに、記憶する事柄を圧縮できるからすごく便利ピヨ。
10言語以上学習すれば他の人もきっとボクと同じ結論に達すると思うけど、 プログラム言語は結局やろうとしていることは殆ど同じだから概念的にはあまり大差が無いんだ。 それを利用しない手は無いよね。
ということで、これ以降の記事はひとまずC#の概念とマップする形で書いていくピヨ。 みんなも自分でマップを書いてD言語を学習していこう。始めはやきもきするかもしれないけど、 この学習法効果あるから気長に付き合ってね。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。