スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草229

みんなおはよう♪今日も元気に頑張ろう♪えっ?何を頑張るのかって?それは人それぞれです♪
突然ですが、昨日ぐらいからアスペクト指向が今どうなっているのか気になりだしました。私が2・3年前に調べたところによると、AspectJ、.NETの属性、Hyper/J、JBoss AOPなどが乱立していて、今まで使ったことがあるのは.NETとAspectJだけです。
アスペクト指向って改めて考えると、影でお世話になっていますし、プログラミング時には役立つ技術なのですが、アスペクト指向分析、アスペクト指向設計、アスペクト指向プログラミングときっちりソフトウェア工学的に確立されたというニュースは聞いた事がありません。今どうなっているのかな?
アスペクト指向をオブジェクト指向レベルでプロジェクトに適用するとなると、横断的関心事の定義で物凄くもめそうな気がします。アスペクト指向はミドルソフトには非常に相性が良い技術なのですが、ビジネスロジックでそれを使うのは難しそうです。
実際、.NETのアスペクトはCOMから発展したものです。ドンボックス氏によると、Microsoft Transaction Server(MTS)の成功に基づいて作成されているそうです。ですから、ミドルウエラと相性がいいのも納得の結果です。
一方AspectJは、オブジェクト指向の隙間を埋めるために発明されたものらしいです。これはビジネスロジックに応用できそうな技術なのですが、いかせん開発メンバーの同意を得るのが難しそうです。横断的関心事は視点を変えれば全然違いますので、一つの視点で開発メンバーの視点を統一するのは難しそうです。要はアスペクト指向のノウハウが足りないのです。
アスペクト指向は好きな考え方なので、早くアスペクト指向分析・アスペクト指向設計・アスペクト指向プログラミングがきっちり確立されて、それを解説する書籍が大量に販売されて普及する事を願っています。
そういえば、エージェント指向はどうなったんだろう・・・消え行く○○指向が結構多そうだ。

追記:
今アスペクト指向開発についての書籍を検索するとユースケースによるアスペクト指向ソフトウェア開発 (Object Oriented Selectionシリーズ)という本がある事が分かりました。
何ということだ!こんな美味しそうな本があるのに気付かなかったorz
『AspectJによるアスペクト指向プログラミング入門』
アスペクト指向入門 -Java ・ オブジェクト指向から AspectJプログラミングへ
は持っていますが、ユースケースによるアスペクト指向ソフトウェア開発 (Object Oriented Selectionシリーズ)は持っていません。何たる不覚!
この本を読めば、開発現場にアスペクト指向を持ち込むヒントが得られるかもしれない・・・
それにしてもアスペクト指向の本は少ない・・・もっと増えて欲しいな♪
スポンサーサイト

テーマ : 裏事情
ジャンル :

書籍をつつく108-要求定義のチェックポイント427。正しくチェック本。

たまには上流系の書籍も紹介するピヨ♪
要求定義のチェックポイント427
これ使い方次第では結構いい本だッピョッ♪


【目次】
第1部 要求定義オリエンテーション
第1章 要求定義担当者の心得
・要求定義とは
・要求フェーズの作業の流れ
・要求定義を成功させるためのポイント
・要求フェーズの一般原理

第2部 フェーズ別チェックリスト
第2章 準備フェーズ
・プロジェクトの作業を定義する
・要求獲得の方法について考える
・キックオフミーティングを開く
・プロジェクトの認識を合わせる

第3章 基盤整備フェーズ
・問題を明確にする
・システムの目的を明確にする
・業務を理解する
・既存のシステムを検証する
・システム化の範囲を検討する
・ユーザ情報を収集する
・制約条件を明確にする
・トレードオフ条件を明らかにする

第4章 要求獲得フェーズ
・ルーチン作業のヒント
・機能欲求を獲得する
・非機能欲求を獲得する
・トレードオフ条件を明らかにする

第5章 引渡しフェーズ
・すべての欲求を見直す
・テスト可能性を検証する
・欲求の曖昧さを排除する
・追加変更欲求に対応する

付録 一歩踏み込んだフェーズ別チェックリスト
付録1 一歩踏み込んだ準備フェーズのチェックリスト
付録2 一歩踏み込んだ基盤整備フェーズのチェックリスト
付録3 一歩踏み込んだ欲求フェーズのチェックリスト


この本は要求定義における着目点を書いた本ピヨ♪ボクは要求定義段階から開発に参加している時あるから、何度もお世話になったピヨ。この本の良いところは、網羅性が高い事ピヨ♪要求定義における重要な点が殆ど書かれているピヨ。
でもその反面、ページ数が少ないので説明が足りないのが弱点ピヨォ。でもまぁ、要求定義については、文章で表現するのは限界があり、実際に経験してみないと分からない事が多いからそれも致し方がないピヨ。
また、この本は頭から順に全て読んで覚える技術書タイプの本ではないピヨ。あくまでも要求定義の着目点を確認する本だから、その点に注意して使えば役立つ本ピヨ♪
要求定義について書かれた本は少ないから、全ての開発関係者は読む事をお勧めするピヨ♪要求定義の着目点を知る事は、プログラマにとっても重要な事だとボクは思う。SEだけじゃなくて、プログラマの方も是非読んでね♪

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草228

今日は非常に眠たかったインドリです♪仕事中、睡魔と闘うのが大変でした。ディスプレイを見ながら考え事をしていて・・・あれ?意識が数分間無い・・・なんて事何度もありました。疲れているのかな?
それはさておき、今ふと思ったのですが、分析&設計ネタって書き辛いですね。分析&設計って実務に直結しすぎて、秘密保持契約に違反しない形で自分の経験を活かしながら書くのは難しいです。いずれこのブログでも上流系技術のネタを書きたいのですが、どうやって書こうかな・・・う~む、難しい・・・
書き辛いといえば、簿記ネタも書き辛いです。簿記は帳簿があって成り立つもの。帳簿をこのブログにアップしていくと、他にも図を使いそうなネタ(UMLなど)がありますので、容量の限界に直ぐに到達してしまいそうです。
容量といえば、爆発的に必要な容量が増えますよね。私が学生だった頃は、確かCドライブが640MBとかそんな感じでした。今ではメモリですら4GBが一般的。おまけに、データは直ぐに1GBを超えてしまいます。私が保持している技術資料だけでも数十GBあります。これよく考えると不思議な現象です。
昔は本の数百MBでも使っていました。でも今そんな容量のHDDでは使い物にならないでしょう。これって、人間の欲望に際限が無い事の証拠かな?改めて考えて見れば、これはHDDの容量にとどまる話しではありません。現代人は様々なものを日々の生活で必要としています。しかし、昔の人は無くてもちゃんと生活していました。それに、下手すれば昔の人の方が頭が良かったかもしれません。人間は文明を進化させてはいるものの、人間そのもののスペックは進化しているとは到底思えません。
これは何かを得ると何かを失う事を意味しているのかもしれません。それと、進化と退化は表裏一体なのかも?下手すれば、三歩進んで三歩下がっているのかもしれない・・・
世界は神秘に満ち溢れていますね♪

テーマ : 裏事情
ジャンル :

書籍をつつく107-S・P・ハービソン3世とG・L・スティール・ジュニアのCリファレンスマニュアル。Cルネッサンス♪

そういえば、C99を詳しく知りたい時、これと言っていい本がないよね?それで、苦労して探して漸く発見したのがS・P・ハービソン3世とG・L・スティール・ジュニアのCリファレンスマニュアルピヨ♪
目次を見ればこの本がどういったものか大体分かるピヨ。


【目次】
第1部 C言語
1 入門
2 字句要素
3 Cプリプロセッサ
4 宣言
5 型
6 変換と表現
7 式
8 文
9 関数

第2部 Cライブラリ
10 ライブラリ入門
11 規格言語追加
12 文字処理
13 文字列処理
14 メモリ関数
15 入出力機能
16 一般的ユーティリティ
17 数学的関数
18 時刻と日付の関数
19 制御関数
20 ロケール
21 拡張整数型
22 浮動小数点環境
23 複素数算術
24 ワイド文字と多バイト文字機能

付録A ASCII文字集合
付録B C言語構文一覧
付録C 練習問題の解答


ふぅ~。なんでどこのネットショップでもこの本の目次ないのかな?打つのちょっと疲れたピヨォ。
それはさておき、目次に複素数算術があるのに注意ピヨッ!これでC99が書いている事が分かるピヨ。となれば、この本はC99の規格だと思うよね♪
だけど、これがまた違うんだ。この本は伝統的Cから規格C99まで書かれている名著ピヨ♪おまけにC++との互換部分まで書いているからC++プログラマにとっても役立つピヨ♪
これほど情報量が多いCリファレンスをボクは知らないピヨ。この本は CとC++に関わる全ての人が必携するべき本だとボクは思ピヨ♪

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草227

おはよう♪今日も元気に頑張ろう♪今日は何を書こうかな・・・
そうだ!あの件を書こう♪
妹の職場は何時も大奥状態ですが、結構いい話しもあります。
今日はそのことについて書きます。


これはミーティングでのお話しです。
男の上司(沈痛な表情で)「実は・・・俺・・・つい最近彼女に振られたんだ・・・」
女全員「分かっていたわよ」
上司「???あれ、何故わかったのかな?」
女全員(顔を見合わせながら)「だってねぇ・・・」
お局様「仕事中ぼーと虚空を眺めていたし、溜息ばかりついていたし。」
A「何時も以上に仕事が出来なかったし。」
B「顔に書いているし」
C「時々泣きそうになっていたしね。」
妹「だから私たちもあんまり触れなかったんだよね♪」
女全員「そうそう。」
上司「俺ってわかりやすいんだ・・・」
お局様「今度は入院したら駄目ですよ!」
D「死んだら駄目よ。Dのチョコレート食べるぅ?」
A「まぁ、女は沢山いるからな!」
B「人生まだまだ長いからね!」
妹「何時かきっと自分に合う人に出会えるよ♪」
(省略。女全員で思いつく限りの励ましの言葉を言う。)

お局様の話しによると、この上司精神面が非常に脆くて、前回彼女に振られた時非常に衰弱して大変だったそうです。なんと、この上司自殺未遂までしたそうです。
そういうこともあって、ミューティング以降、何人間も皆で励ましメールを送ったり、仕事中声をかけて自殺の兆候がないか確認したり、電話でお話ししたり・・・色々な手段で励ましたそうです。
・・・・・・・・
勿論話しにオチはあります♪


後日のミーティング
上司「みんな有難う!お陰で元気になったよ。」
女全員「そりゃよかった。」
上司「よく考えたら、彼女と別れたということは、俺今フリーなんだな。」
(意味ありげに皆に視線を送る上司)
お局様「私は主人が居るわ!」(あせあせ)
A「生憎、私はもう彼氏が居るわ!」(あせあせ)
妹「えっ・・・うん、うん。そうだね。どこかにいい人が居るわよ。」(あせあせ)
C「まぁ、焦らず探しなよ。どっか違うところでね!」(あせあせ)
D「Dはもぅ彼氏居るシィ~。」(マイペース)
B「焦る事ないわよ!」(あせあせ)


私「おおっ結構いい話しもあるだな。あれ?でも、この上司ミーティングでこんな事言うの?」
妹「そうよ。この上司人間関係を大事にするって事で、落ち込んでいる人が居たりしたら、みんなで励まそうとミーティングで言うわ。」
私「???それって、いいのかなぁ・・・」
妹「・・・・・私もちょっとどうかと思う。仕事もせず彼氏の愚痴を言っている人に対して、励ませといわれた時、勤務中は仕事させろよ!って思ったもの・・・業務中に励ますのは不味いよね?」
私「そんな職場聞いた事がないよ。業務時間外でするべきことだと思う・・・」
妹「そうよねぇ・・・」

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草226

おはようございます。また仕事の日々が始まりました。天気も悪いしちょっと憂鬱です。
昨日はRFC事典を読んでいました。その際改めて感じたのですが、ICMPってパケットフォーマットがまるでトランスポート層のようですね。そう感じるのは私だけではなく、幾つかの書籍でトランスポート層ぽいと表現されています。
IPはコネクションレス型なので、意味的にはそれを補うICMPが同意層なのは納得できます。しかし、あのパケットフォーマットを見ると・・・階層分けって、結構こういうことがありますよね。例えば、オブジェクト設計時にクラス階層を作ったのはいいものの、今一納得いかない・・・なんて事もたまにありますよね。こういった事柄を改めて考えると、情報処理技術が芸術的側面があるという主張がよく分かります。でも、数学にも左右対称の美などがあり、美的感覚も考慮して虚数なんてものを作っていますし・・・
結局のところ、文系・理系・芸術系なんて分類殆ど意味がないという気がします。芸術だって理が潜んでいますし、理系だって数式や公式にも美があります。分類分けするのは便利なのですが、それが人間の視野を狭くしているのかもしれませんね。これもまた人間による情報の処理の特徴なのでしょう。
このメタ情報の流れを掴みたいな♪そうすればきっと、もっともっと毎日が楽しい事でしょう♪

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草225

みんな、おはよう♪煽りとモンスタークレーマに悩まされているインドリです。煽り屋は自分の名が汚れても何があっても、どうしても止めるつもりがないと言い張り、時間を問わずこのブログをチェックして粘着質にコメントを書くし(コメントの時間を参照)、モンスタークレーマの人は1月ほど自分が注意された事が気に入らないようで、注意されたらおとなしくすればいいのにしつこく噛み付いてきます。
どうすればいいのかな?特に煽り屋は、他の方をけしかけたり、仲間を呼んで荒らしたり、印象操作したりするので非常に陰湿かつ厄介な存在です。他の方から注意されてもそれらの行為をやり続けます。かといって、無視したら淋しいのか余計に騒ぐし・・・
みなさん、どうしたらいいと思いますか?対策法を教えて下さい。

テーマ : 裏事情
ジャンル :

ネタつつき44ーネットはごみで溢れかえっている?情報発信の在り方を語ろう♪

私は度々ネットに無駄な情報が多すぎるという嘆きを耳にしていますし、この手の議論が何度もなされているを知っています。そこで今回、ネットの在り方について、私が思うところを書こうと思いました。
確かにある意味無駄な情報は爆発的に増えているようです。個人の日記を情報発信しても無駄なのかもしれませんし、基礎的な知識を情報発信しても無駄なのかもしれません。しかしこれのどこがいけない事なのでしょうか?先ずはそこから考える事にしました。

第一に思いつくのが、情報発信量が増えれば検索の手間がかかる事です。これは確かに誰しも嫌でしょう。しかしこれは検索エンジンの進化によりある程度解消される事だと私は思います。それに、情報を発信しているのは人間です。発信源が何時途絶えるかわかりません。ですから、情報発信元は多い方がいいのです。
第二に、セマンティックWebの実現に邪魔だという点がよく指摘されます。私も人工知能(人口無能?)を作った経験がありますのでこの理屈は分かります。 機械に合わす事の利点ははかりしれないものがあります。 しかし、インターネットは人間のものだという点を忘れてはなりません。人間が発信し辛いのであれば、それは本末転倒です。セマンティックWeb用の学術的インターネット空間を別に作ればいいだけの話しです。人間を機械にあわすのではなく、機械を人間の都合に合わせればいいのです。まぁ、鉄腕アトムの様にロボットに自我が芽生えれば話しは別ですが・・・

以上の様に私は無駄は結構だと思っています。それに、無駄を排除しようとすれば 誰がどのような基準で無駄を判定するのかが問題になってきます。残念ながら日本はこの点が弱く、このような事態を招けば天下り先を増やすだけになってしまうと思います。
それに加えて、 無駄かどうかは状況によって変るという点を無視してはなりません。今現在必要でないからと言って、その無駄と看做された情報を無駄だと判断するのは早計過ぎます。念のために言っておきますが、だからと言って 誹謗中傷のたぐいや犯罪系の情報を私は認めません。誹謗中傷は役に立つ/立たないという次元の問題ではなく、他者を傷つけるものですし、危ない犯罪系サイトにより命が失われたりする人々の事を考えると、これらの情報発信も私は認めたくありません。完全に排除する事は不可能ですが、一般人がその手の危ないサイトにうっかり足を踏み入れないようにして欲しいです。社会に闇はつき物であり、なくならないものであるということは私も把握しています。しかし、そういった事はその世界の住人内に止めて欲しいです。一般人まで巻き込むのは止めて欲しいのです。

そろそろ纒に入ります。私が思うに今情報相が増えた事により、色々な手間や不便が生じています。だからといって、無駄な情報を排除するという考えには私は賛同できません。インターネットを目的に合わして作る方が私はいいと思います。機械の為に人間がいるのではなく、人間の為に機械を作ったのです。人間らしいインターネット空間を構築するべきだと私は思います。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草224

みんな、おはよう♪ここ最近、面白い話しを仕入れましたのでそれを書きます♪


妹「ねぇ!ねぇ!お兄ちゃん。面白い話しがあるよ!」
私「毎日そう聞いているけども・・・・」
妹「今日は特に面白いのよ!」
私「そういわれると気になるね。」
妹「でしょ、でしょ♪あのね・・・」

【妹の実演】
その日は大変忙しい日だったのよ。だから、女の園に迷い込んだ、例の男の上司が大変な目に遭うんだ・・・
お局様「邪魔!○○さん!」
上司「す、すみません。」
A子「こんな時に何をしているのですか!早く業務の指示して下さい!」
上司「す、す、すみません。」
B子「そんな事するんだったら、こっちの方手伝ってくださいよ!」
上司「す!みません!」
C子「さっき頼んでおいて○○はまだですかっ!」
上司「えっと、今からやります。」
C子「こんな忙しい時にもう何しているのよ!もういいっ!私がやります!」
上司「申し訳ございません。」
新人女「本当に使えない人ね!空気読みなさい!」
上司「・・・」
お局様「あれ?(上司)は?」
妹「みんながあんまり虐めるものだから、きっとトイレで泣いています。こんな忙しい時に要領が悪くてイライラするのは分かりますが、仮にも上司なんですから、もう少し優しい言葉をかけるべきなんじゃない?(お局様)さんの方が仕事できるのだから、(お局様)さんがもっとやんわり指摘するとか・・・」
一同爆笑
お局様「まぁね(笑)一応上司だしね・・・私が教えてあげようか。」
A子「wwwwwまさかトイレで泣いているって事無いわよねwwww」
D子「それがね。さっきトイレの前の廊下ですれ違ったんだけど、どうやら泣いていたみたいよ。」
一同大爆笑
その後上司が帰ってくる
A子「(上司)さん、さっきトイレで泣いていたんですかw」
上司「い、いや、ちょっと泣いていたかも・・・」
D子「完璧に泣いていましたよね!」
上司「あ、ああ・・・」
C子「わぁっ超ウザー」
新人「キモー!」
お局様「それでも男か!しっかりしてください!」
E子「サイテー」
(省略)
妹「ちょっとみんな言いすぎよ。」
A子「そうねwwまたトイレで泣かれたらかなわんからな。」
(まだまだ続く・・・)

私「wwwwwwトイレで泣いていたのは笑えるwwwwwあれ?でもその人上司なんだよね?そんなに仕事ができないの?」
妹「それが・・・人はいいんだけど、仕事はからっきりで、物凄く要領が悪いのよ。まだ仕事覚えていないところあるしね・・・」
私「それマジかwwwでも上司なのにその扱いか・・・やっぱり女の職場は怖いね。」
妹「でしょ、上司なのに仕事が出来ないのはアレだけど、みんな酷いよね。特に新人。上下関係を全く考えないのよ。何度言葉遣いを注意しても聞かないのよ。」
私「最近の新人はそうらしいよ。」


やはり、女の職場に男性が入ると偉い目にあうようですね。トイレで泣いたというフレーズでついつい笑ってしまいましたが、泣くほど言動がきついようですね。あーくわばら、くわばら。

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草223

みんな、おはよう♪今年の夏も暑いですね・・・ニュースを見ていると、毎年今年は去年よりも暑いといっていますし(笑)そんなに毎年暑くなっていたらとうの昔に人類は滅んでいると思います♪そんなオーバー表現はさておき、昨日ついにクーラーをつけました。気持ちいい~♪私は一年の中で一番好きなのが夏です。暑いのは苦手ですが、クーラーをつけた時の気持ちよさが大好きです♪
といっても、他の季節もそれぞれ好きなところがあって、秋は物悲しいムード、冬は景色、春は生命に満ち溢れた空気が大好きです。でも、体感的な気持ちよさは、やはり夏場のクーラーが一番♪涼しい部屋の中で、読書や研究をするのが凄く心地よいです。
今年の夏は何を発見し、何を修得できるか・・・今から非常に楽しみです♪さて、今日も研究にいそしみます。ではまた後で会いましょう。

テーマ : 裏事情
ジャンル :

プロフィール

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。