スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草243

こんピヨ♪インドリだよ♪今日は、計算機プログラムの構造と解釈を読んで、Schemeをより深く知りたくなったからプログラミング言語SCHEMEを買いました♪正直言って買うの迷ってドキドキしたけど、今ざっと目を通したら私好みの本だったので嬉しいです♪計算機プログラムの構造と解釈に興味がある人はきっとこの本を気に入ると思います。
私はこの本の存在を最近知ったのですが、この本結構人気があるようで、2008年6月20日初版3刷発行と書いています。プログラミング言語に関する本としてはかなり長寿の部類に入るのではないでしょうか?きっと関数型言語の使い手の中では有名な本なのでしょう。私はLISPから学習を始めましたが、今から思えばSchemeから始めた方が良かったかも・・・でもまぁ、私は変わっていて、皆が難しいと感じる事が簡単で、皆が簡単だと思うことが難しいと感じるのでこれでよかったのかもね♪
なにはともあれ、関数型言語は面白いしためになるから、なるべく早くこの2冊を読めばいいと思います。普段と違う思考法を学べますので面白いし、仕事で疲れている人も関数型言語をやればいいリフレッシュになるでしょう。そういった楽習が技術者を成長させると私は思います。それに、この不景気の世の中で仕事の範囲しか知識を持たないのは危険ですしね・・・
それから、散歩のついでに古本屋に寄ったら凄い掘り出しものを見つけて上機嫌です♪


デバドラの本あんまり売っていなくて困って居たのでもう狂喜乱舞しました♪前にも古本屋で、


手に入れていましたし、他にもAmazonで、



を既に購入していますので、これらの書籍を後で纒め読みしようと思っています。それにしてもWindowsのデバドラ情報って少ないですよね・・・デバドラこそ書籍が必要だと思うのですが・・・
とはいえLinuxも



ぐらいしか持っていませんが、ソースを読めるという点が違います。カーネルソースが読めないのですからMSはもっとデバドラに関する情報を日本語で公開して欲しいものです。何故デバドラだけマイクロソフト公式解説書がないのかな?高度な技術を開発しているのにも関わらず、それを解説しないのは非常にもったないと思います。もっと解説すればMSの製品を好きになるプログラマもいるかもしれないのにね・・・
もしくは、技術情報を公開しないのであれば、一層の事脱げば(オープンソースにすれば)いいのにね・・・
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

書籍を案内する鳥2-Java初級編

前回は基礎となる知識を紹介したから、今度は言語についての本を紹介するピヨ♪今時の初心者には、資料の豊富さから言ってJavaか.NETが無難だと思うピヨ。でも、これはあくまでも「無難な所」なんで、気になった言語は積極的に触っていこう! ボクも手当たり次第に触ったピヨ♪
おっと、触るって言っても嫌らしい意味じゃないピヨッ!
じゃあ、これからボクがお勧めする読む順番に書籍を少し紹介するピヨ。本格的な紹介は、書籍をつつくシリーズでやっていくからそこを見てね♪
じゃあ、行くぞ!


【1.Javaの基礎を覚えよう】


プログラミング初心者にボクがお勧めしたいのがこのシリーズピヨ。ボクは何度もこのシリーズのお世話になったピヨ。この本のいいところは、解説が親切な上に練習問題が多くて独習に向くからなんだ。初心者は是非、全てのサンプルを試し練習問題を全て解こう。そうする事により自然と基礎的な力が身に付くようになっているピヨ。
正しくプログラミング初心者には最適な本だね♪


【2.開発環境も押さえておこう】
基礎を身につけたら、今度は開発環境について学習する事をお勧めするピヨ♪何故かと言うと、実務では開発環境の修得が必須だからなんだ。Javaの開発環境にも色々あるけど、一番使われていると思うのはEclipseピヨ。そのEclipse本の中で一番初心者向きだとボクが思うのは・・・



これピヨ。一番最初から高い本を買うのも嫌だし、いきなり高度な本を読むのはやっぱり無理があるピヨ。なので、安い価格でなおかつある程度の網羅性があるものがいいと思うんだ。そこでボクはこの書籍をお勧めするピヨ。本屋さんで見たところ、バリバリやっている人には物足りないけど、初めて触るにはいい具合の本だと思ったピヨ。
この本を片手に、独習Javaのコードを動かす事をお勧めするピヨ♪


疲れたから今回はこれでお終いピヨ。次回をお楽しみに♪

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草242

こんピヨ♪今日も元気なインドリで~す♪元気が有り余って困っているぐらいです(笑)
特に知的活動が活発で、やりたい事が多すぎて迷ってしまいますorz
私の場合色々あって、バックが何もないので腕に命を賭けている状態なので、幅広く色々な技術を修得せねばなりません。その状況も手伝って、凄く知的好奇心が暴走してしまいます。

今まで触ったことある言語は・・・
NASM、MASM、C、C++、D、C#、C++/CLI、Basic、COBOL、Fortran、VB、VB.NET、Java、LISP、Scheme、OCaml、F#、Haskell、StandardML、Per、Ruby、Python、Squeak、PHP、HTML、XML、XHTML、JavaScript、Oz、SQL、XQuery、Prolog、bash、大体これぐらいかな?

作った事、もしくはやった事あるのは・・・
コンパイラ実装(命令型、関数型、論理型、問い合わせ型、スタック型)、デバッガ実装、テキストエディタ実装、OS実装、デバイスドライバプログラミング少々、基幹系業務システム、仮想CPU実装、仮想ネットワーク実装、RDBMS実装、ODBS使用、NativeXMLDB使用、人工知能?、バイナリ系(色々)、ニューラルネットワーク、FTPとかアプリケーション層を少々実装、テストツール実装、その他色々な発明

逆にやった事ないのは、組み込み系と特殊用途向けシステムです。後、リンカとアセンブリ言語も実装した事ないです(只今調査中)


見ての通り、注意が非常に散漫しています。これは褒められた事ではなく全て中途半端なので、自分でもどれかに絞った方がいいとは思うのですが、どうしても自分の知的好奇心を止められません。それに悪い事に、実際問題どれかを捨てられるほど仕事を選べませんし・・・
では何が得意なのかというと、自分でも分からない状態なので困ったものです。しかも、どれも魅力的なんで選べません。気になって仕方が無いのです。効率面から考えると、どれかに絞った方がいいのは頭では分かっているのですが、自分のそこから湧き上がる気持ちには勝てません。飯よりも、女よりも、お金よりも、何よりも、情報処理全般が好きでたまりません!
この湧き上がる衝動を抑えて、何かに集中するのが私の課題であり、最大の悩みでもあります。どうしたら集中できるかな?

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草241

どうもこんにちわ♪ちょっと梅雨っぽさが抜けないけど、夏真っ盛りですね♪
でも私は一般常識的な夏らしい事は一切しません。私の場合、クーラーで室内を涼しくして、仕事と研究に明け暮れるのが大好きです♪今年の夏はガウディ本を読んだり、数学をぼちぼちするのが私流の楽しみ方です。
一方妹の方は・・・


四月頃
妹「ねぇねぇ、今年の夏はプールか海へ行く事に決めたよ♪」
私「へぇー。どうして?」
妹「私ってば出会いがないから彼氏出来ないじゃない?」
私「まぁね。」
妹「だから出会いを求めて海かプールに行こうと思ったの♪どうしたの?反応薄いぞ♪」
私「コタツに入りつつ夏の事言われてもね・・・もういい加減コタツは片付けようよ。暑くて敵わん。」
妹「う~、だって寒いもん!あー寒む寒む」

五月頃
妹「お兄ちゃん、見て♪見て♪セクシーな水着買ったよ♪」
私(妹にしては派手だなだけどこれってセクシーなのか?)
「それってセクシーなのかな?もっと露出度が高い水着沢山あるよ。」
妹「露出度が高ければいいってモノじゃない!恥じらいがなけば馬鹿女よ!」
私「まぁそうだけど、相変わらず毒舌だな。」
妹「これで準備OK♪」
私「それはそうと、もういい加減にコタツ片付けようよ。」
妹「まだ寒いもん!」

六月頃
妹「お兄ちゃん♪今度行く場所、インターネットとかで調べてよ。よかったら一緒に来る?」
私「ボクはいいや。調べたい事沢山あるしね。海かプールについては調べておくよ。 ところで、もうコタツは片付けようよ。耐えられないよ。」
妹「まだ寒い時あるもん!それにクーラーもつけているやん。」
私「両方同時につけるものか?」
妹「足は暖めて、頭は冷やすといいって昔から言うやん。」
私「・・・・・コタツは片付けようよ。」

七月頃
私「ところで、海かプールへ行くって話しはどうなったんだ?」
妹「あれは・・・ねぇ・・・行くの止めた。」
私「??何で?」
妹「だって、暑いじゃん!何でこんな暑い中行かなきゃいけないの?」
私「えっ?!自分から出会いを求めて行くって言ったやん。」
妹「それはねぇ・・・ほら、去年よりも暑いってニュースで行っていたし・・・」
私「ニュースは毎年、去年より暑いって言っているからあれは当てにならない。」
妹「それに、ほら、地球はオゾン層減って来ているからお肌が荒れるしね!」
私(はじまったぞ。屁理屈が・・・)
妹「こんな暑い中外に出る人の気が知れないよ。ばっかじゃないの!」
私「・・・分かったよ。」

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草240

こんにちわ♪ちょっと遅い昼休憩中のインドリです。今日は何を書こうかな・・・そうだ、そろそろ妹ネタを書きます。このネタ結構人気あるんですよねー♪
という事で・・・


私達兄妹は仲が良くて、しょしゅう一緒に行動します。それ故、バカップルと勘違いされる事も多いです。今回の御話しはそれに関する事です。
これは今年の恵比寿神社での出来事です。

私が個人自営業者だという理由もあり、妹毎年恵比寿神社に必ず行きます。私達家族は常に質素倹約を心がけていますが、この日だけはハジケます。今年も妹は大興奮していました。
妹「ねぇねぇ御兄ちゃん、焼きイカ食べようよ~。あっ!お好み焼きも美味しそうだよ♪」
私「おっ美味しそうだね。あっちにクレープもあるぞ。」
妹「あっ!ほんとだ!クレープ食べようよ~」
私「うん。」
(省略)
妹「ねぇねぇ、おみくじ引こうよ♪・・・やったぁ!私は大吉だったよ。お兄ちゃんは?」
私「小吉だよ。」
妹「ふ~ん。前も小吉じゃなかった?お兄ちゃんらしいね。」
私「それどういう意味だよw」
妹「お兄ちゃんってそういうキャラよw」
私「酷いなw」

なんて何時もどおり仲良くやっていました。
心なしか周りの視線が冷たいような・・・
そうこうするうちに時間も遅くなり帰ることになりました。

妹「御兄ちゃん♪あそこにステーキ串あるよ♪行こ♪行こ♪」
私「うん。」
屋台のおっちゃん「お客さんどれにしますか?醤油味、特性ソース味、塩味がありますよ。」
妹「え~と、どれも美味しそう。選べないよ・・・」
屋台のおっちゃん「そこの彼氏、今日はお祭りなんだから、可愛い彼女のため全部奢っちゃえよ!」
私(妹なんだけどな・・・)「いえ。どれか一本を選びます。」
屋台のおっちゃん「けちったら彼女に嫌われるぞ。」
私「そういう問題じゃなくて・・・だって今日既に、、クレープ、お好み焼き、焼きそば、綿飴、たこ焼き、焼きトウモロコシ、林檎飴とかを食べたんですよ。これ以上食べたらおなか壊すと思います。」
屋台のおっちゃん「・・・・・・そ、それもそうだな。お嬢さん塩味にしたらどうだい?これ人気あるよ。」
妹「じゃあ、塩味と特性ソース味の2本買います♪」
屋台のおっちゃん&私「・・・・・」

細身な妹がこの後お腹を壊したのは言うまでもありません。
うちの妹、お祭りになるとテンション上がりすぎるんですよね・・・

テーマ : 裏事情
ジャンル :

書籍を案内する鳥1-初心者は情報処理技術を俯瞰しよう!

毎度どうも♪インドリ、ピヨッ♪ボクはまだ雛だけど、一生懸命素敵な読書ライフを送るためのアドバイスをするピヨッ♪
一番最初に読むべき本は何だと思う?
プログラミング入門書?
要求定義などの上流系の本?
それともいきなりバイブル?
答えは基本情報処理技術者試験の本だっピヨッ!
えっ?何でかって?それはね、全体像が分からないと迷子になるからなんだ。
この広い情報処理技術を学ぼうと思えば、自分が迷子にならないために、情報処理技術全般の知識を広く浅く持つ必要があるんだ。そうする事により、のちの学習効果が高くなるし、プロとしても基礎情報処理技術者試験ぐらいの知識は必要になるからね♪
これ以外と気付いていない人が居るんだけど、実のところ学習するためにはある程度の知識が必要なんだ。プロ野球選手がハイレベルな練習をするための練習をするのと同じだね。そうしないと、検索したり、質問したりする時も困るピヨ。基礎を馬鹿にしちゃ駄目ピヨ。
それで、情報処理技術全般をちゃんと書いているのが意外と試験本だったりすんだ。ボクも一番最初はこれで学んだピヨ。という事で、本屋に飛んで行って調べてきた試験本を紹介するピヨ♪
・・・・・・と思ったんだけど、今となっては初心者の気持ちが分からなかったピヨォ。ボクの心、穢れてしまったのかな?
この手の本は個人的嗜好が影響しやすいので、ひとまず検索結果を貼る事にしたピヨ。この検索結果を参考にしてよく確かめてから買ってね。試験本はこれが正解というものはなくて、個人差がかなりあるから実際に本屋さんに行って確かめる事をお勧めするピヨ。


基本情報処理技術者の本 (Amazonの検索結果)
こっちもお勧めソフトウェア開発技術者の本


どうだった?お気に入りの本が見つかったかな?あっそうそう。重要な事を言っておくピヨ。
午後の部に当たるC言語とJavaのプログラミングについてはそれ専用の本を読む方がいいピヨ。
僕たちの目的はあくまでも情報処理技術について学ぶ事だから、試験テクニックを身につけても駄目なんだ。
実務で通用する力を身に付けるのが目的だから、ちゃんとしたプログラミングの本を読もう!
CとJavaについては今後改めて道案内するからそれまで待っててね♪

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

中の人の徒然草239

おっはー。今日も元気なインドリです♪朝ネットショップを散歩していたら凄い本見つけました。

On Lispを読んで感激したボクには堪らない一品です。ガウディ本を読んで、関数型言語の復習したくなってきた頃に、こんなセクシーな本を見せられてはもうたまらん!他にも買いたい本が沢山あるから当分買えそうもないけど、何時か絶対に買います。
この本を見て思い出したのですが、やはりLISPのマクロは超強力ですね。ポール・グレアム氏の様なLISPハッカーが使うと魔術としか思えない領域になります(笑)日本のIT産業はLISPを毛嫌い?しているようだけど、LISPって本当にいいですね。そんな事言ったら何時もの言い訳「保守性」を言われそうだけど、保守性って逃げ言葉に遣われている気がしてならないです。
新人にでも分かるコードを書くことを強要しつつ、他の製品に勝てという無茶な欲求を何故真面目にしているのか不思議でなりません。技術者達の手足を縛って、その牙を抜き、デスマーチで疲弊させつつ、年功序列制で会社は仲良しクラブじゃないと言い放つ。そんな不合理な事をやっていては日本のIT産業は駄目です。
私は何時も夢見るのですが、全ての制約なしに全力を出してみたい。ここ数年全力で仕事する事がなく非常に不満です。何時も新人に合わせてくれというですよね・・・日本のIT産業は、プロのチームワークと仲良しクラブを混同している気がしてなりません。
私と同じ事を考えている人はきっと多いでしょう。100年に一度の不景気といわれる中、何時まで我々技術者に全力を出す事を禁じるのでしょうか?100年に一度の不景気を言い訳にしていますが、日本の場合はそれと関係なく、不合理な事を感情論や慣習でやり続けているので駄目になっているという気がしてなりません。
みんなはそんな沈没船のいいなりにならずに、自分のためになると思った技術は積極的に吸収しよう!昨今の会社は社員に対する責任感なんてないからね!

テーマ : 裏事情
ジャンル :

書籍を案内する鳥0-書籍は読む順番が大事。

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ

みんな迷わず読書しているかい?ボクはよく、どの書籍を読んだらいいのか分からない」いう質問を受けるピヨ。確かに日々本は出版され、良書と駄目本が混合しているから選ぶのも大変だよね。それに、本は読む順番により効果が違って、いくら良書でも初心者がいきなり読んだら挫折する本や、駄目本と巷で言われているけども見方を変えたら良書などの本が沢山あるピヨ。要は読む順番が大事という事だね♪
そこで、このコーナーではそんな迷える読み手のために、ボク流の本の読む順番をこっそり教えるピヨ♪言語や特定技術ごとに細かく読む順番を案内するからお楽しみに♪

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

中の人の徒然草238

こんばんわ♪相変わらずガウディ本( コンピュータプログラミングの概念・技法・モデル)に嵌っているインドリです♪サンプルプログラムを触っていて改めて実感したのですが、やはりEmacsは凄いよね。Ctrlキー+スペースキーでマークをつけて、Ctrl+.(ドット)、Ctrl+Rでサンプルプログラムがサクサク実行できるからやっていて楽しいです♪さらにこの応用として、Alt+<でバッファの先頭に行けるから、Alt+<、Ctrl+スペース、Alt+>(バッファの終わりへ移動)、Ctrl+.、Ctrl+Rのコンボをするとサンプルプログラムがより快適に実行できます。やはり、コマンドで移動するのは快適ですね♪マウスなんて要らない(なーんてね)
それで、肝心の本の内容なんだけど、すっごくいいです♪読みやすい上に内容も深い。これはバイブルとしか言いようがありません!この本を買ってからというもの、仕事が終わるのが待ち遠しいです♪ まだ読んでいない人は一刻も早く読むべきだと思います。おっと、もうこんな時間ですのでガウディ本を堪能する事にします。
ではまた明日会いましょう♪

テーマ : 裏事情
ジャンル :

ネタつつき46-大人のオブジェクト指向論。再利用についての考察。

前回の反響を受けて今回はちょっとダークな側面からオブジェクト指向をつつきます。オブジェクト指向の最大の目的は再利用しやすいコンポーネントを作る事です。では再利用とは一体何なのでしょうか?意外とこの問題について踏み込んだ文献が見当たらないので私自身の経験と知識に基づいて書きます。
再利用が出来ると何がいいのでしょうか?それは経費が削減出来る事です。他にも芸術としての価値や、次世代の情報処理技術の発展などの効果もあるかもしれませんが、会社では経費削減がオブジェクト指向をする大きな動機となります。原価を出来るだけ抑えて、価値のある商品を売るのが商売です。ですから、この側面を無視する事は出来ません。
では、具体的にどの様にオブジェクト指向が経費に反映されるのでしょうか?それは、標準労務費=標準賃率×標準作業時間の経費を削減できるからです。例えば、100時間*2万円*10人=2000万円の経費をかけたオブジェクトがあるとします。このオブジェクトが提供する機能を作るのに標準的なプログラマが5人で20時間かかると仮定すると、このオブジェクトを1回再利用するごとに、20時間*2万円*5人=200万円の経費が削減できる事になります。このケースでは、5回以上再利用すれば初めに費やした経費は回収できます。しかもそのオブジェクトの価値が持続すれば、経費0円で利益を上げる夢の部品が手に入る事を意味します。
察しが言い方はもうお気付きだと思いますが、これは逆を言えば再利用できないオブジェクトは経費を生む事も示しています。また、現実はオブジェクトのリファクタリングが発生しますので、その経費もまた発生します。従って、出来の悪いオブジェクトは維持費が掛かる事も意味しています。
すなわち、利益を上げるためには価値のあるオブジェクトを如何に多くの回数使うかが重要だという結論になります。

この考えからオブジェクトの再利用についていて一つの課題が生じます。課題となるのは、価値あるオブジェクトを多くの回数を使うにはどうするべきなのかという事です。先ず第一に、ビジネス上の意味があるオブジェクトではなくてはりません。価値がないオブジェクトは先の述べた様に余計な経費を生むだけであり、再利用してはなりません。即ち再利用するだけの価値がオブジェクトには必要なのです。
第二に頻度が高いオブジェクトではなくてはなりません。いくら価値があるオブジェクトでも、100年に一回しか使われないオブジェクトであれば、余程価格を高く設定しないと経費が回収できません。それに、頻度が高いオブジェクトはある程度価値が低くとも、回数の多さで経費を削減する効果があります。

少し短いですが今回の記事はこれで終わりです。この記事を読めば、私が何故オブジェクト指向が三位一体と提唱しているのか分かると思います。趣味でオブジェクト指向している人はいいのですが、それで商売している人は一度考えてみる事をお勧めします。そうすればきっと、貴方の社員としての価値や管理者/経営者としての手腕が上がると思います。

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。