スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草320

今日ものんびりモードのインドリです♪
今日も並列処理について考えていたのですが、従来の開発方法を変える必要があるのではないでしょうか?
マルチスレッドプログラミングでは、逐次処理を成功させてからマルチスレッド化していきます。
しかしながら、私はここの部分に疑問を感じます。といいますのも、並列処理をちゃんと考えるのであれば、分析段階から考え、並列処理専用のデザインパターンを適用する必要があるからです。そうしないと、アムダールの法則が示すように、その恩恵は非常に少ないものとなるでしょう。
また、逐次処理を行ってから並列処理を行うということは、分析段階で並列処理用のものと逐次処理用のものを考えて置きながら、いったん逐次処理用の設計を行ってから実装し、テストをパスしたら並列設計を行って実装するのでしょうか?もしくは、並列処理と逐次処理の設計を一度にするのでしょうか・・・ 開発を行った経験がある人は、この様な開発法が上手くいかないことは直ぐにわかると思います。想像しただけでデスマーチの音が聞こえてきます。
第一に、日本の多重下請け構造で、この様な多重開発作業が行えるはずがありません。今までの経験から考えるに、日本の上流は技術的な事を知りません。その上流技術者達が実装面についての知識を要求する並列処理用の分析を行えるとは思えません。そして、その上流が考えた分析結果を下請けは引き受けて、まともなシステムが作れるとはとてもじゃないけど思えません。逐次処理でも問題が多発していたのに、それよりも高度な並列処理システムがうまく構築できることは望めません。
そうすると、今までの日本のIT業界の行動パターンから推測するに、実質分析作業をまで丸投げする事になるでしょう。もしくは、エンドユーザーが並列処理システムを購入できない状況になるでしょう(こっちの可能性が高そう) ではどうすればいいのかといいますと、並列処理指向なオブジェクト指向方法論を模索しつつ、上流は手配師であることに徹したらいいと私は考えております。今までも手配師としか思えない人たちが上流技術者を名乗って(まともな人・会社もいるそうだけど一部だと感じる)、様々なトラブルを生んでいたのですから、余計な事をせずに手配師であることを明らかにして、エンドユーザーと本当にシステム構築をしている会社が開発を進めればいいでしょう。 そうしないと、日本のエンドユーザーだけ逐次処理システムを使っている事になるか、さらなるトラブルが発生してシステムが実現しないでしょう。
マルチコア時代になったのですから、我々の業界も変革するべき時を迎えているといっても過言ではないでしょう。新しい技術があっても、組織がそれに対応できないのであればどうしようもありません。エンドユーザーによりよいものを提供するという当たり前の行為が出来る業界構造に早くなってほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草319

こんばんは♪今日はこの本を読んでいました♪



※私が読んだのは旧版ですが、新装版のリンクを貼っておきます♪
知らない人のために書きますが、この本はWindowsNTの開発秘話が書かれている本です。
非常に面白いので万人にお勧めします。
プログラミングを知らなくても読める本だから安心して読もう!
いつ読んでも面白い!カトラー氏怒りすぎ!凄過ぎ!メンバーの個性強すぎ!
とても泥臭くて生々しい本ですが、夢が沢山詰まっているのでいつ読んでも胸が熱くなります!

それにしても、カトラー氏が羨ましい。こんな凄いプロジェクト一生経験できないだろうな・・・
でもその原因はきっと私の腕が未熟だからでしょう。
私の腕がカトラー氏並みだったら、向こうからプロジェクトがやってくるでしょう。
よーし!もっともっともっと腕を磨くぞ!鍛える余地はまだまだある。
理想とする技術者への道は遠い。
それに、満足できるプロジェクトがなければ自分で作ればいい。
あせらずじっくりと英語と数学の学習をしてから、本格的なコンパイラを作るぞ!

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草318

みんな、お久しぶり♪ブログを書き忘れていたインドリだよ♪
今回は、久し振りだから、妹日記を書きます。

今年妹は胃腸炎になりました。でも、それだけでは済まなかったのです・・・
妹「いたっっ!お兄ちゃん~・・・」
私「どうしたんだ?」
妹「今、柱に思いっきり手をぶつけちゃった・・・」
私「?少し赤いな・・・一応病院に言った方がいいぞ。」
妹「うん。」
次の日
私「どうだった?」
手に包帯を巻いている妹「指の骨にひびがはいっていたんだ・・・」
私「えっ!」

違う日
妹「クシュンッ」
私「おや?風邪か?」
妹「鼻水が止まらないよぉ」
私「一応病院へ行った方がいいぞ」
妹「うん。」
次の日
私「どうだった?」
妹「花粉症だって・・・」
私「そうか・・・」

また違う日
妹「あれ?耳から血が出てきた・・・」
私「えっ!そりゃ、病院へ行った方がいいぞ!」
妹「う、うん。」
次の日
妹「耳掃除しすぎて傷がはいったみたい。」
私「なーんだ。」

とある日
妹「ねぇ、お兄ちゃん。私さぁ、胃腸炎になるし、手の骨にひびはいるし、花粉症だし、耳から血が出るし、冷え症だし、足ぶつけるし、便秘気味だし、他にも色々あるし・・・もうだめかも・・・」
私「オーバーだな。便秘と冷え症は昔からだろ(笑)それに、ちょっと不幸が重なっただけじゃないか。」
妹「そ、そうかな?そうよね!?私まだまだ大丈夫よね!」
私「ああ。」
妹「そうよね!常時不幸そうなお兄ちゃんと比べたらだいぶましよね!」
私「・・・あ、ああ・・・・・・僕がそんなに不幸そうに見えるか?」
妹「うん♪」

妹は今日も元気です。私も元気です。本当ですよ!

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草317

こんにちは。何も書くことがなくて困っているインドリです♪
今日は各ネタがないなー。ということで、今考えている事を取り留めもなく書いてみます。
Java7はいつ出るんだろう。私が聞いた噂では今年らしいけど・・・
ただ、Java7にあんまり期待していなかったりします。だってクロージャさえないらしいからね。
そうなれば、別にScalaでもいいような気がします。
ただし、念のために書いておきますが、私はJavaを馬鹿にしているのではありません。
Java仮想マシン仕様を読んだことがあるのですが、非常によくできています。
それ故に、Java仮想マシンを実装したい欲求にかられます。
その証拠に、Java仮想マシン上で動く言語が沢山開発されています。
もしJava仮想マシンに魅力がなければ誰も作らないでしょう。
ということは、もしかしてJavaはある意味完成してしまったのかな?

それはそうと、Perl6はどうなったんだろう?
Java7よりもこちらの方が見えてこない・・・
Perlはうだいぶ触っていないので忘れたのですが、Perl6が登場したらまた触りたくなるかも知れない。

それにしても、最近の言語はみんな仮想マシン上で動きますね。
個人的にはネイティブなシステム言語も頑張ってほしいものです。
システムソフトを作る時Cばかりじゃあ面白くありません。
まぁ、SchemeでOSを実装した兵がいるそうだから、別にC言語でなくても実装できるようだけど・・・
これは凄過ぎます。OSのメモリ管理機構はどうしたのでしょうか?
GC上でメモリ管理機構が動いているのでしょうか?まさかOSにメモリ管理機能がないということはないよね?
うーん、実に興味深いです。今後OSとGCについて調べてみます。

おっと、気が付いたら意外と書けていました。
これぐらいでいいと思いますのでそろそろ終わります。
ではまた明日会いましょう。

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草316

こんにちは。本を無差別に読むインドリだよ♪
ここ最近ようやく気付いたのですが、専門書以外にも読むべき本ってありますね。
私は貧乏だから情報処理技術に特化して投資するつもりで専門書だけを読み、他の書籍ははっきりいって軽視していましたが、 学習法やビジネス書を読む必要があると考えなおしました。
というのも、学習法は自分というハードウェアを如何にしてバージョンアップさせるかを示すアルゴリズムですし、 ビジネス書には他の業種の人が考えた知恵が詰まっている事に気付いたからです。
私は自分が不器用で頭が悪いと考えていたから他の事をやるスペックはないと判断しておりましたが、今から考えてみればスペックが悪いからこそ学習法とビジネス本は読むべきでした。
それに、背門書しか見ていなかったからわからなかったけど、案外本って安いですね。学習法とビジネス本は大概1000円以内で買えます。金銭感覚が変になって、本は4000円ぐらいが相場だと思っていました(笑)
それで、ここ数日は散歩のついでに本屋に行って速読しています。今まで注意を払っていなかったから知らなかったけども、本当に色々な本がありますね。胡散臭い本、本当によさそうな本、題名でインパクトを与える本、面白本・・・ 私は元々本そのものが好きなので、色々な本があって本当に楽しいです♪
そういえば、最近は本離れが叫ばれているけど、なんであんな面白いもの読まないんだろう? 興味は人それぞれだろうけど、本はかなりの数のジャンルがあるから気に入る本は絶対にあると思うんだけどなぁ・・・
インターネットに依存して、それだけが全てな人もたまにいるけども、情報はインターネットだけにあるのではなく、本にしかない情報も多々あります。
それにも関らず、最近ウイキペディアが全ての人が居るから不思議です。専門書を読めば記述が不十分だと気づく筈です。だから、他分野の情報も不十分だと容易に推測できます。そういった人はもしかして本を読んでいないのかな?
なにはともあれ、みんなもっと本を読んでほしいな。出版業界が不景気だとよく耳にしますが、こんなためになる面白いものを絶やしてはなりません。出版社がなくなり、本がなくなったら困るのは目に見えています。
もっと本を読もう!

テーマ : 裏事情
ジャンル :

中の人の徒然草315

どうもこんにちは♪読みたい本が多すぎて困っているインドリです♪
この本が読みたいんだけど、仕事に必要な分野と英語と数学の学習で忙しくて読めないorz



まだ、ちょっとしか読んでいないし、文体が堅いから読み辛い本だけど内容そのものはすごくいいと思います。
タイプ的には私が大好きなこの本



と似ています。どちらの本も本当に名著だから未読のひとは、一刻も早く読んだ方がいいと思います。
もう一層のこと英語と数学の学習を一旦休んで、読んじゃおうかな♪計算機プログラムの構造と解釈を本格的に読む日が非常に楽しみです♪この本を読めば、きっと技術力がアップするに違いない!
それはさておき、社会人になるとどうしても学習時間が足りなくなりますよね。特にこの業界では変化が早いので、それらを徹底的にマスターしようとすればいくら時間があっても足りません。そこは、学習法を工夫したり、己の頭を鍛えるしかないですよね。 大変といえば大変なのですが、これがまた情報処理技術の魅力でもあるので楽しいです♪
それにしても、OZは凄過ぎます!これほどの言語を設計&実装する技術力が欲しいです。 OZを設計&実装できるレベルに到達するべく自身を鍛えあげます。私は凡人だからとにかく努力するしかないからね♪

テーマ : 裏事情
ジャンル :

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。