スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草513 TVの論客はいい加減すぎる

 皆様、お久しぶりです。ここ最近は、年末で仕事と趣味の数学で非常に忙しいです。すっかり、ブログを書くことを忘れていました。いまどきのシステム屋ならば当然のことだと思いますが、私は基本的に仕事が早いから、時間を有効利用するために、お客様の回答待ち時間で数学を楽しんでいます♪
 その合間に思ったのですが、TVって本当にいい加減ですよね・・・それは、専門家を名乗っている人しかりです。例えば、とある番組で、原発推進派の人の意見を聞いて、非常にいい加減だとうんざりしました。
 意見は人それぞれだから、推進するという意見もありだと思っているのですが、その理由がお粗末でびっくりしました。その人の意見を要約すると、「原発で直接死亡した人の数は、たばこによる肺がんや自動車事故の死亡者数よりも少ないから、リスクマネージメントと確率論により原発を推進してもよい。」という事でした。
 この意見は、数学を学んだことがない人にとっては、説得力がありますが、ちょっとでも本格的な数学を学んだことがある人ならば首をかしげるでしょう。
 第一に「比較する」という行為に厳密性がなさすぎます。要素を比較するためには、そのための空間を定義しなければなりません。そうしないと、比較不可能です。それがなされていません。一応、「直接的被害者数」といわれていますが、そこがまた不完全すぎます。
 というのも、リスクマネージメントというのは、誰視点でしょうか?推進派の人は、電力会社の視点でいっているような気がします。それならば、どれほど多くの国民に被害を与えてもお咎めなしな上に、お金まで渡す日本政府の意向を考えると成り立ちます(リスク0、利益∞)。しかしながら、そんな利権を持たない大多数の人々から見て成り立ちません。しかしながら、その人の言葉は曖昧で、国民の事を思っている風な発言をしているので、間違っているといわざるを得ません。議論をするのですから、誰視点なのかを明確にするべきです。
 第二に「直接的死亡者数」という時点で、疑問符が浮かびます。リスクマネージメントおよび、確率論から言えば、全ての要因を列挙しなければなりません。要素が限定されている時点で不完全であり、理論が破綻しています。
 第三に推移律により、直接も間接も関係がありません。仮に直接的死亡をA⇒死とします。とすれば、間接的死亡はA⇒B⇒死となります。従って、推移律によりA⇒死となるのであって、普通の人にとって、リスクは「死」です。死のリスクをリスクマネージメントで考えると∞なので、どれだけ頻度が低くても、α × ∞ = ∞なので、確率論からいっても避けるべきとなります。
 最後に不思議に思ったのは、「まだ解決できていない」という現実を直視していないという態度です。「想定外でした」(人の命なんて考えもしませんでした)と経営陣がいい、そのまま、無罪放免で被害が放置されています。いまだに、復興していません。すなわち、事故対策をする気がなく、人災が起こっても無罪放免という無法状態のまま、原発再稼働をしたいという意見なわけです。
 この現実を鑑みるに、原発という道具の有無を議論する前の段階です。例えば、包丁で人を殺しても無罪放免になる国であれば、包丁がどれだけ有用であったとしても、普通の人は包丁を売ることを止めてほしいと思います。原発を取り巻く現状はこれなのです。
 常々思っていますが、日本は本当に議論ができない国ですね・・・討論番組でもいい加減。そもそも報道が「誰かを貶めて儲ける」というビジネスモデルですし、情報の質が悪すぎます・・・なんという悲惨な国なのでしょうか。全てが曖昧で、まともに議論すらできない。日本はいいところも多いのですが、負の部分が大きすぎます。負の部分を消して、プラスの部分だけにしたいと誰も思わないのかな?
 とにかく、日本の将来は破滅しかないと思った年末でした。ああ、嫌だな・・・システム屋にとって、ウイルスとバグの中で住むなんて苦痛以外の何物でもなく、人としても人命を軽視し、全てが金だという日本の現実を良いものだと思えません。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。