スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化を否定する人はオブジェクト指向を理解していない

 私はオブジェクト指向が十分に普及していないと感じています。最近のプログラミング言語の多くが、オブジェクト指向をサポートしているのにも関わらず、オブジェクト指向を理解していない人が多い事が不思議でなりません。この状態は好ましくありませんので、オブジェクト指向の考えを広めるためのこの記事を書こうと考えました。
 オブジェクト指向は、文法を覚えたら理解したと言える程単純なものではありません。プログラミング言語が備える、オブジェクト指向に関する文法は、あくまでも実現するための手段であり、オブジェクト指向そのものではありません。オブジェクト指向は、その考え方を理解して初めて習得したと言えるものです。従って、オブジェクト指向がどの様な概念なのかを深く理解しなくては、マスターしていない事になります。残念な事に日本のIT業界の仕事のやり方を見ると、オブジェクト指向の考えを理解していないと思えてなりません。
 私がそう感じる理由は、日本には変化を頑なに否定し、変化に拒否反応を示す人が多いからです。新しいものを否定し、何でも反対を唱えるその姿勢には、オブジェクト指向を理解しているとは言えません。何故ならば、オブジェクト指向は変化を前提として考えだされた概念だからです。
 オブジェクト指向の前は、構造化プログラミングの考えが浸透していました。予め仕様を完全に決定し、ウォーターフォールに開発を進めていました。このやり方は、変化が少なく、プロジェクトの規模が小さいときには上手くいきました。しかしながら、プロジェクトの複雑化に伴いその考えは脆くも崩れ去り、ソフトウェア危機が唱えられるまでになりました。
 その状況に対応するために考え出されたのが、オブジェクト指向プログラミングです。オブジェクト指向は、今までの問題を改善するべく、データと振る舞いを一体化し、プログラムを局所化し、プログラムに拡張性をもたらしました。構造化プログラミングは、あらかじめ仕様を完全なものにするのが前提でしたが、オブジェクト指向プログラミングではその前提がありません。小さなプログラムを徐々に組み立てて、ソフトウェアおよびシステムを拡張させながら完成させます。
 オブジェクト指向の根底にあるのは、変化に如何に対応するのかです。変化に対応するために、プログラムの影響範囲を狭め、プログラムの拡張性を重視したのです。ですから、変化が早い現実から目をそらし、変化を拒み、無意味な管理をする保守的な態度は、オブジェクト指向の考えを体現しているとは言えません。
 人間は生きているから活動し、時がたつにつれて全てが変化します。その現実を無視し変化を否定するという事は、世の理に背を向けている事になります。人は生き、時は流れるので、変化が起こるのは当たり前の現象であり、それを踏まえたオブジェクト指向の考えはとても自然です。無理して自然の流れに逆らうよりも、現実を直視して自然を受け止め、オブジェクト指向の考えを実践しましょう。
 それこそが技術者として、いえ人そして自然な生き方だと私は思います。
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。