スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草406

それにしても、日本の立法システムはコストパフォーマンスが低すぎます。国会議員の報酬が高すぎるし、国会の運営費も1日1億5千万円と高すぎます。それだけの価値があるとはとてもじゃないけど思えません。おまけに、国会議員の人数に論理的根拠がありません。これほど酷いシステムを見た事がありません。この様な酷いシステムを提案するシステム屋はいないでしょう。
私が思うに、コストを減らすために国会議員の報酬を出来高制にした方がいいと思います。すなわち、価値ある立法をしないかぎり報酬が支払われないようにすれば、今よりもコストパフォーマンスを高くできます。ただし、それだけでは駄目です。
日本は政党政治による多数決で立法しています。ということは、能力が低い人に合わせなければ生産できない事を意味しますし、政党の利害で決まるという事は今現実に起こっているように、国民の利益が第一に考慮されないことを意味しています。おまけに、無意味に人数が多いから、多数決で決定する為に多大な金銭コストと時間的コストが発生する事になります。実に生産性が低いシステムです。
政党で分けるのはこれ以上ないぐらい最悪の分け方です。それならば、出来高制にして、立法した法律の数と質で報酬を定めるとし、各分野の専門家を雇った方が立法システムの生産性が上がります。すなわち、職能人が一つの目的の下に集団を組んだ方が生産力が高まるという訳です。現状は政党政治なので、党利の為に反対するだけの人や、人数合わせの国会議員が存在しており、無駄な事にコストがかかり過ぎていると言えます。システム屋の目から見れば、全てが無駄で出来ていると言っても過言ではありません。
私が思うに日本の不景気の根本的理由は、国会システムのコストパフォーマンスが悪い点にあると思います。今の世の中は秒進日歩の時代です。私は1イテレーション(仕事の単位)が1日~1週間でシステムを作っています。それぐらいしないと今の世の中生きられません。
それにも関わらず、日本の国家システムは一つの事をするのに何十年もかかります。おまけに解決する能力もありません。この状態でビジネスをするのは難しく、明らかに日本の国家システムがボトルネックとなっています。具体例をあげると、災害復興や年金です。未だに原発に関する事も災害の事も何一つ解決できていません。年金システムに至っては既に破綻しているのにも関わらず、高いコストをかけて無理やり存続している始末です。こんなひどい状態で存続する企業は存在しません。
国会議員にも優れて人がいるでしょうが、このコストパフォーマンスが低システムでは実力を発揮できないでしょう。何も決断できない政治だと言われていますが、元々何もできないコストパフォーマンスが低いシステムなのですからいまさら何を言っているのだとあきれるばかりです。今まで日本が存続していたのは、優秀な民間人がボトルネック以上の働きをしたからでしょう。ボトルネックが無ければ、世界一の経済国家に馴れたでしょうから非常に残念でなりません。
ボトルネックを解消しないと日本に未来はありません。適切な利益コントロールにより、コストパフォーマンスがよい国家システムになる事を願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。