スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winduws8がもたらすものはオンデマンドビジネス

 私はシステム屋としてWindows8に注目しています。その理由は、いつでもどこでも仕事ができる状態になる点を評価しているからです。今までのWindowsはデスクトップと組み込み(WindowsCE)で別れていました。それでシステムを開発する際に手間をかけていました。しかし、Windows8になるとその苦労もなくなります。これにより開発コストを下げられ、より場所を選ばない形態のシステムを考えられるようになります。
 デスクトップOSはその名の通り、ディスクに座ってする仕事を想定しています。しかしながら、そういった仕事は一部であり、逆の仕事の方が多くあります。さらに、情報を処理するべき場所はどこにでもあります。従って、適用範囲としてはCEの方が広いのですが、実際のところは開発し辛い状態でした。Windows8が登場したらその心配はなくなります。
 いままでのビジネスは、場所を固定されるものであり、情報時代と言われている割には、仕事のやり方が前時代的でした。これは、情報技術の恩恵を少ししか得られていない事を意味します。世の中にレガシーシステムが沢山存在しますが、一番レガシーなのは人間です。人間が古い慣習に縛られている限り、新しい時代を真に迎えたとは言えません。いつでもどこでも仕事が出来る方が生産性も高く、よりきめ細かいサービスを提供できるようになります。さらには、ビジネスの幅も広がります。
 日本は特にそうなのですが、場所に縛り付けて根性論で仕事させる苦行を仕事だと呼んでいます。しかしそれは、本当の意味で仕事ではありません。苦行と仕事を結びつける事態がナンセンスです。人間の生産力を高めるには、苦行よりも知的で創造的な仕事させる方がいいのに決まっています。これは1990年代に既に言われていた事ですが、未だに日本は情報技術があるのにも関わらず、もっと昔の考えに縛られて従業員に苦行を強いています。これでは、商売をするのが目的なのか、人を築けるのが目的なのかわかりません。商売をするのが目的であるのならば、もっと合理的に生産性を高めるべきです。
 こういった話題になると、マスメディアは機械的で人の心を捨てるのに等しいという風な論調で情報技術を否定します。やれ、IT会社もしくはIT関連会社はマネーゲームをしているだとか、情報技術は犯罪を生んでいるだとか、昔は良かったなどと情報技術を感情論で否定しがちです。ですが、マネーゲームをしているのは相場師であり、そもそもIT会社の仕事ではありません。そもそもIT関連会社の定義は何でしょうか?ITを使用しているというだけならばほぼ全ての会社が使っています。また、犯罪者はどんな道具でも使用します。どうやら、人の心を活かすために情報技術があるという事実を知らない、もしくは見ようともしていないようです。
 一例を挙げます。その少女は勉強が好きです。ですが、体が弱くて学校に通えず、望んでいる教育を受けられません。情報技術があれば、その少女に教育サービスを提供できます。しかし、マスメディアがいうような「ITは駄目だ。昔は良かった理論」を適用すれば、学校に行けないのであれば仕方が無いと切り捨てる事になります。昔は人を切り捨て、見殺しにし、できないものは仕方が無いと頭から決めつけていました。
 情報技術があれば、病弱な人にもサービスを届けられますし、障害を持った人が仕事を得るチャンスを得られます。温かいとされる人を見殺しにする昔のやり方と、技術により社会に参加できる人を増やすのとどちらが人間的に温かいのか、それは明らかだと思います。
 Windows88が発売されたからと言って、すぐさまオンデマンドビジネス(いつでもどこでも仕事ができる)が実現され、何時でも何処でもだれでもサービスが受けられる状態になるとは思っていません。レガシーな考え方を持つ人がいる限り、オンデマンドは実現しません。しかしながら、それが可能になる重要な一歩を踏み出したと言えると思います。Windows8を使ったシステムにより、より多くの人が社会参加できるようになり、より多くの人がサービスを受けられる時代になる事を願っています。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。