スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草409

ここ最近、政治のことばっかり書いている気がしますが、バグがあると気になる性分なので書きます。我ながら職業病だと思います。
国家システムは余りに酷いですが、具体的にどうすればいいのかとなれば難しい話しです。何故ならば、日本人はお上任せにして黙っていればきっとよくなると信じる傾向があるからです。どの様なシステムでもそうなのですが、要望をはっきりしないとどうにもなりません。だから、政治家と官僚(お上)が楽に儲かる様にできているでしょう。
民間では他者に仕事の成果が認められないと報酬が支払われません。しかし、政治家や官僚たちは不思議な事に、自己評価で報酬が決まります。政治家は身分が決まったら自動的に報酬が支払われ、官僚たちも実質自分たちで決めています。民間とは正反対です。これが元で、必ずしも国民の事考えて仕事をしないのでしょう。もし違うのであれば、国民の事を考えて、この異常な報酬体系を彼らが変えているでしょう。異常な報酬システムを変えないと日本はよくなりません。
第一に、国民の利益=彼らの報酬にしないとなりません。これが一致していないので、日本の国家システムはシステムと呼べない代物になっているのです。政治家や官僚の仕事は難しいから評価できないと、マインドコントロールされていますがそんな事はありません。民間のサービスで、本人が理解していなくても、お金を支払うなんて事があるのでしょうか?あるとすれば恐らく詐欺です。
私が政治家に求めるものは「まともな法律」です。立法者なのですから当然でしょう。という事は、法律に対して報酬を支払う形態が最適です。買収を防ぐために国民1人が出せる金額を100円ぐらいに制限し、任意で支払う形態にすれば民意が反映されていると言えるでしょう。むろん、報酬は参加人数で割ってもらいます。そうしないと、1万人ぐらいが法律を考えたからと莫大な報酬を要求されるでしょう。国民が「買った」法律は無論品質保証をつけてもらいます。あくどい法律を立法して儲けようとする輩が出るでしょうから、責任者を明記してもらいます。責任者は被害総額の10倍ほど請求されるなどと、儲からない仕組みにしておくのがベストです。
日本の法律によくある矛盾は、罰則が甘すぎて犯罪した方が得になる事です。罪を犯した方が得ならば、必ずそれを実行する人が現れます。性善説で法律を作らずに、性悪説で作らねばなりません。あと、物価を反映させるために、罰則は固定値ではなく変数でなければなりません・そうしないと「明治に考えた法律だから罰金100円で済んだ」などという馬鹿げた話しになります。
他に考えなくてはならないのは、法の抜け穴(セキュリティホール)を不正利用した場合の対処です。今の日本はやったものが勝ちですから、犯罪者にとって有利になっています。従って、故意にセキュリティホールをついたものには思い罰を与えるメタ的な法律を予め制定する必要があります。そもそも、セキュリティホールをつく意思がある人間に、犯罪をする意思が無いなんて事あり得ません。性悪説で考えます。そうしないと安全性が保障されません。
こうすると、実績が無い政治家に報酬が支払われる事がなくなります。また、積極的に政治をアピールするようになります。これは民間では当たり前の事であり、つくづく政治家はぬるい職業だと思います。また、不適切な数の政治家が互いに牽制しあって政治が前に進まないなんてこと起こりません。そもそも、数百人で合意させるなんて事、プロジェクトマネージメントの基礎から間違っています。普通に考えて、1つの仕事は5,6人の専門家がタスクグループを結成し、アジャイル(迅速)に仕上げるものです。専門家でない人を交えて、会議なんてしてもコミュニケーションコストが高くなり、生産性が落ちるのは当たり前です。これは、プロジェクトマネージメントの基礎中の基礎です。今の立法システムは基礎から間違っています。
行政についても簡単です。民間人が欲しいサービスだけに支払う形態にします。そうすれば、特別会計の無駄もなくなりますし、天下りなんて馬鹿げた事はなくなります。彼らのいいなりに、好きなだけお金を支払うから、システムのコストが高くなるなんて民間の逆の現象が起きるのです。普通の企業はコストを削減します。むろん、不祥事を犯したら普通の民間会社と同様に罰を与えるようにします。行政だからという理由だけで、法の支配を免れるのであれば、それは法治国家ではありません。また、現状は前払いなので理不尽な浪費が行われています。普通のサービスは確認後支払います。
なお、「働く側の意見は?」だとか「民間と同じ条件で働く人がいるの?」という類の事については、自ずと真面目な政治家や官僚に適切な報酬が支払われるシステムになるので、今よりも質の良い人が自然と集まります。
日記なので5分ぐらい考えた事を書きました。外交については、必ずしも立法者と一致する必要が無いので政治家の仕事から除外して書きます。外交は外交のプロを育成し、実際に生じた利益に見合った報酬を与えれば済む話しだと思います。あと、当然生じる国家秘密については、民間だって秘密情報を持っているのだから同じです。流出すれば罰という事にしておけば、必死で守るでしょう。
なにとはともあれ、一刻も早く、まともな国会システムになる事を願っています。そうしないと、国家システムそのものがボトルネック(弱点)となり、日本人であるというだけで国際競争に負けます。いや、既にボトルネックとなって経済的損失が発生していると思えてなりません。不景気の原因は国家システムそのものだと思えてなりません。ボトルネックに多額のコストを掛けている馬鹿げた現状を変えれば、日本人は世界一の民主主義国家になる可能性があると私は信じています。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。