スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき136 - システム屋が考える虐めに対する対処法

 誤解されないように先に書きますがこれは真面目な話しです。私なりに虐め問題について対処法を考えました。現時点で分かっている事は、「虐めで人が死ぬ事があり得る」、「問題が隠蔽される可能性がある」、「誰も対処してくれない可能性がある」、「虐めそのものはなくならない」の4点です。これを前提に対策法を考えます。
 第一に取るべき行動は情報の記録です。どの様に虐められたのかの情報を詳細に記録します。この情報がなければ、後でとれる行動が制限されるので絶対に行いましょう。暴力をふるわれたら病院へ行って診断書を書いてもらいましょう。さらに情報隠ぺいに備えて、念のために情報のコピーも取りましょう。情報は重要です。虐めに関する情報を詳細に記録します。
 第二に、情報の発信です。現在は様々な機関に、多種多様な情報ツールで情報を発信できます。虐められた事を隠してはなりません。すぐさま情報の公開を多方向に展開しましょう。行政機関だけではなく、ボランティア団体や宗教団体も視野に入れましょう。この時もどこに相談したのかとその機関の返事を詳細に記録して下さい。ただし、個人情報の扱いに注意して下さい。自分が加害者になっては駄目です。汚い人が情報を隠蔽しようとするかもしれませんが、多くの経路で情報を発信すれば、誰かが何らかの行動を起こしてくれます。出来るだけ身内にも相談しましょう。
 一定期間うごいてくれない場合は、隠蔽されていると見做して下さい。その場合は助けを待っても無駄なので、一刻も早く最終手段の逃亡をして下さい。自殺に追い込まれるほど、虐めというレッテルで隠された犯罪は酷いものです。犯罪者によって、貴方の尊い命が失われるのはあまりにも惜しいです。自分の命を最優先で考えましょう。耐えても虐めは止まりませんし、日本の社会システムは不備が多く、法治機能が機能しない場合があります。日本社会は貴方を守ってくれない場合があるのです。社会システムの不備に対して個人が勝てるはずがありません。だから逃げるのは恥ではありません。
 自分の子供がいじめに遭っている可能性がある親御さんは、虐めを軽く考えて放置しないでください。虐めは犯罪行為そのものです。殺される可能性すらあります。情報を賢く使い、虐めに対処しましょう。対処しきれなかったら一刻も早く子供を避難させて下さい。社会システムに不備ある以上、常に頼れるのは親だけです。親だけが子供の命を守れます。
スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。