スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき139 - プログラミングは理屈じゃない。

 よく情報技術をしている人は理系だと言われます。しかし私自身はその言葉に違和感を覚えます。何故ならば、私は文章を書くのと同じ感覚でプログラミングをしているからです。理系と言うと、恐らく理屈を色々考えてしていると思われているのでしょうが、少なくとも私は無理して書こうとしていません。自然とプログラムが湧きあがります。
 私は今までプログラミングを、あれこれと理屈で固めてした事がありません。文章を書く人が自然と言葉が出るように、プログラミングもコードが自然と出てきます。ブログで日記を書いている人が、あれこれ理屈を考えて書くでしょうか?多分、そんな事はないと思います。私もそれと同じで、プログラミングは理屈で固めてするものではなく、自分の意思そのものであり、自然と出てくるものです。
 私の場合特にそれが顕著で、分析・設計・実装などといった区分すらありません。私にとっては並列でするものであり、お客様と会話するのと同時にプログラムが浮かび上がります。ただし、ここで浮かび上がってくるプログラムは、理想とするプログラミング言語のものであり、イメージに近いものです。これは自然に出来るものであり理屈ではありません。自然と出来るものなのに理屈はありません。
 だからといって、プログラミングが文系かと言うとそうでもありません。脳全体を使っているので、あえていうならば情報系だと思います。自分の感覚で言うと、脳の情報処理そのものと言った方が近いと思います。従って、分類する事自体がナンセンスです。プログラミングはプログラミングなのです。
 プログラミングをつきつめて考えると非常に興味深いです。何故ならば、自分のことながら、どうやってプログラミングしているのかよくわからないからです。文章を書くというのはあくまでも例えであり、文章を書くのと微妙に違うと思います。どちらかというと呼吸をするのと近い感覚です。不思議なのはプログラミング言語とあまり関係が無い点です。もちろん、書きなれていないプログラミング言語ではちょっと戸惑いますが、少し書けば直ぐに慣れてしまいます。どうやら私の頭の中には、プログラミング言語に依存しない別のイメージがあるようです。
 このイメージもしくは思考パターンは、正確に言うと言葉ですらありません。絵と言葉の混在した情報の塊です。集合と近いかもしれません。しかし集合理論とはやはり違います。集合理論は興味深いのですが、何かが欠けています。私のイメージを正確に表す事が出来ません。どちらかというと、プログラムの方が近いです。でもまだ足りません。私のイメージを完全に投影できる、理想のプログラミング言語はまだ存在しません。
 プログラミングが形成される過程はブラックボックスです。勝手に指先からプログラムが出てくる状態ですので、本人はいたって自然体です。こういうのを昔の人は体が覚えているというのでしょう。分野を問わず昔からそう言われているのですから、究極的には分野など関係がないのでしょう。
 学問はあくまでもフォーマットです。全ての学問が向かうその先は、人間の思考そのものなのかもしれません。おそらく、どの専門分野も人間の限界を超える事はないでしょう。とするのならば、一つの技術を磨くという行為は、人の真理を追究する事を意味するのかもしれません。
 私はまだまだ未熟者ですので、究極の答えにはたどり着いていません。プログラミングがいきつく先を見るために、私は人生という名の旅をしているのでしょう。長い旅の終わりに見られる風景が、どんなものなのか非常に楽しみです。長い旅の末に何を見るのか。それを夢見て今日も腕を磨いています。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。