スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草436 選挙に向けて政党制度について考えた

もうすぐ選挙が違いようなので、今の国家システムについて考えてみました。システム屋として、システムを考えた場合、今の選挙自体無意味です。政党もいりません。政治家が悪いといわれがちですが、この粗末なシステムでは政治家だって困っているでしょう。
日本の立法システムは、集団の短所を前面に出し、個人能力と集団の利点を消しています。まことに不合理なシステムです。今は秒進日歩の時代です、みんな賛成してから法律を作ろうなどと、悠長な事を言っていられません。システムとして考えたとき、立法スピードが問題発生数よりも上回らないと意味がありません。しかしながら、数百人の人間の意見が一致してから・・・などという悠長なシステムになっています。これでは莫大なコミュニケーションコストが発生し、決められない政治になるのは至極当然です。
日本の立法システムは、数が全てですから政党を作ることになります。しかしながら、その政党というものが曲者です。コミュニケーションコストを削減する効果はほとんどありません。それどころか、利害関係が生じて法律の質が悪化します。
ここで考えなくてはならないのは、そもそもこの複雑化した社会において、全ての事を熟知している人間が数若人もいるか否かです。答えは明白です。国家レベルで全てを把握している人間は数百人も居ません。その時点でこのシステムは破綻しています。
ではどうすればいいのかといいますと、ビジネスの世界では常識となっている5・6人のチームを複数設け、個別に問題を解決する方法です。会社が複数の部署に分かれているのはこのためです。法律も少数の専門家が5・6人のチームを組み、その人たちに責任をもって仕事をしてもらうのが適切です。したがって、何回選挙しても日本はよくなりません。ただお金と時間が浪費されるだけです。
そんな理想的な状態があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。しかし実在します。それはマイクロソフト社です。Windowsは頻繁にアップデートされ、アジャイルに複雑なシステムソフトが開発されています。巨大すぎる会社だと非難されることが多いのですが、ビルゲイツ氏は少数の精鋭チームを社内で作り官僚主義になるのを避けています。そのお蔭で今日の超巨大な企業になっています。規模が大きくなると、理解せずに悪口を言う人がどうしても出現しますが、マイクロソフト社の実際の姿を知ればそのすごさにきっと驚くと思います。悪口を言う人の中で、ビルゲイツ氏を超える能力を持ち、マイクロソフト社に勝てる会社を作れる人は何人いるのでしょうか?
つまり日本の国家システムがあるべき姿は、頻繁に法律がアップデートされ、国民の生命と財産が守られる状態を維持するというものです。現状は政治家が法律を作ってくれるのを、指をくわえて待っているしかありませんが、本来サービスというものは、問題があるとお客様から指摘をつければすぐさま修正するものです。
それに比べて、今の日本の国家システムは何もかもが遅いです。メールでストーキングしても捕まらない、などといった馬鹿げたセキュリティホールがあったりします。もし日本の国家システムがスピーディならば、メールが発明されたと同時にストーキングを防止するはずです。いえそれ以前に、法律の書き方がおかしいです。新しい道具が発明されるのを前提に法律を書かないのは愚かです。日本はセキュリティ意識があまりにも低すぎます。国民の生命と財産が適切に守られていません。
こうした問題を政治家個人の責任にするのは簡単ですが、システムそのものを見直さない限り、政治家の能力が生かされることはありません。そもそも国家レベルの全問題をすべて把握し、適切に処理できる人間が数百人そろうことはあり得ません。そんなありえない事を前提にするシステムは馬鹿げています。マイクロソフト社を見習って、よりより早く法律をアップデートする体制を整えるべきです。
日本の選挙は手段が目的化しています。そんな愚かな行為を続ける意味はありません。目先の選挙という手段に騒がず、国家システムを一から考えるべき時期が来ていると私は思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。