スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき155 - 人はなぜ好みの情報で差別するのだろうか

 私は常日頃から不思議に思うことがあります。それは、どの情報もただの記号列にしか過ぎないのにも関わらず、特定の情報を好む人を蔑む風潮があるのかという事です。例えば、漫画やアニメを好きな人を「オタク」などといって蔑む人々がいます。しかしながら、私にはそれが理解できません。何故ならば、情報技術者の私にとって、アニメや漫画も科学や数学と全て情報に過ぎないからです。
 学歴&暗記社会であるゆえんなのか知りませんが、仕事・学問・恋愛に関する情報を特別視する傾向があるように見受けられます。しかしながら、それらのものは所詮人間が考えた記号列にしかすぎません。それらの記号列そのものに、優劣があるとは思えません。優劣があるかのように感じるのは、人間の勝手な主観もしくは錯覚です。大自然から見れば、全てがただの情報(記号列を羅列したもの)にしかすぎません。
 情報技術者でない人は、分かりにくいでしょうから、実例を挙げます。私は漫画も専門書も小説も同様の感覚で読んでいます。他人から不思議がられますが、専門書を読んで笑う事も多々あります。専門書、特に数学とか科学ものは、記号表現が日常で使用するものと違うから、慣れない人に読みにくいものです。しかしながら、記号の規則が分かれば、なんてことはありません。小説も漫画も専門書も記号列です。重要なのは内容です。
 数学や科学などのお堅い印象がある記号列を使った専門書は、その実内容そのものも特殊だと誤解されがちです。しかしながら、内容は子供が疑問に感じる事を解説したものであることが多いです。誰もが幼いころ感じたはずです。雲は何故あるのだろうか?雲はどうやってできるのだろうか?数を数えたいときどうするのか?物の量を測りたいときどうするのか?この世界はどうなっているのか?・・・そういった誰もが子供のころ感じるなぜに答えているだけです。特殊な人だけが考えるものを描いているのではくなく、普通の人間が考える問いに答えを出そうとしているだけなのです。それが面白くないはずがありません。先入観を持たずただ読むだけで、全ての情報から感動や笑いを得ることができます。
 内容も問題とないとなれば、同種の記号列にしか過ぎないといえると思います。人間が考える事なんて同じなのです。だから私は不思議でなりません。何をもって蔑むのでしょうか?どれもがただの記号列です。ならば、人間が普通に感じる事を記号列にしたもののを蔑むのであれば、人間の全てを蔑むのに等しいといってもよいと思います。
 むろん、犯罪を目的とした記号列は当然不快に感じでしょう。それが普通の感覚です。それ以外は、蔑む理由が見当たりません。どのような情報を好むのかは人それぞれです。その好み一方的に蔑むのであれば、それは他者の表現の自由を否定することになります。犯罪を目的とした情報以外は、どのような情報を好んでもそれは人の自由であり、他者が人の人格を評価してよいものではないのではないでしょうか?
 私はどの情報を好む人であっても、それをもって何らかの印象を持つことはありません。「オタク」などと呼ばれている人を蔑む気持ちはありませんし、非オタクにも何の感情も抱きません。ただ、すごい情報量を持っているなと感心するだけです。学問であれ、漫画であれ、文学であれ、なんであれ、情報量が多ければ単純にすごいと私は感じます。そこに、偉いも悪いもありません。私たちは、お受験に関する情報が多い人は偉いと刷り込まれていますが、情報技術的もしくは自然から見れば、ただ記号列を多く知っているだけです。つまり、情報量が多いだけです。情報量が多いのはすごいですが、それ以外の要素は何もありません。本当に偉いとか偉くないとかは、その人の言動や人間性から判断されるべきことだと私は考えています。
 生粋の日本男児なので他国の事は知りませんし、他国の事を言う前に自国を直せと考える人間です。そんな私には、多くの日本人は物事深く物事を考えず、レッテルに盲目的に従っているよう見えます(もちろん私にもそんな要素があるでしょう)レッテルに振り回されず、冷静に判断することにより、よりよい社会になるのではないでしょうか?オタクに限らず、誰かにレッテルを張って卑下したり、誰かのレッテルを妄信したりする前に一度、冷静にそれが果たして正しいことなのかよく考えるとよいと思います。そうすれば、この日本から余計なものがなくなり、本当に大切なものが見えてくると私は思います。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。