スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C#文法リファレンス - 値を返すメソッド

概要
 C#で標準的なやり方である、オブジェクト指向プログラミングでは、プログラムをほどよい分量に分けるために、メソッドという概念があります。このメソッドをてぎすると、実行するプログラム(オブジェクトの振る舞い)を定義することができます。
 今回はメソッドのうち、値を返すものを解説しています。値を返すメソッドは、関数とも呼ばれます。

使用に適した状況
 常に使用するべきです。整理整頓は大切です。

日常でたとえると
 誰かに仕事や用事を頼むとき、仕事や用事の結果を教えてもらう事。

サンプル

/*----------------------------------------------------
 * 
 *  値を返すメソッド
 * 
 ----------------------------------------------------*/
using System;

//参照型はメソッドを持てる
class ReferenceType
{
    //値を返すメソッド(関数)
    public int Function( int value )
    {
        return value;
    }
}

//値型もメソッドを持てる
struct ValueType
{
    //値を返すメソッド(関数)
    public int Function( int value )
    {
        return value;
    }
}

class Sample
{
    static void Main()
    {
        //値を返すメソッドを呼び出す。
        ReferenceType obj = new ReferenceType( );
        Console.WriteLine( "値を返すメソッドを呼び出します。" );
        Console.Write( "戻り値は" );
        Console.WriteLine( obj.Function( 100 ) );
        
        //終了
        Console.ReadLine( );
    }
}


文法
 アクセス修飾子、返す値の型、メソッドの名前、丸括弧(受け取る値)の順に書きます。受け取る値とは、メソッドを呼び出すときに指定する値の事です。詳しくは別の記事で解説します。
 最終的に返す値は、returnキーワードと値を組で指定します。値の部分には変数、計算式、他の値を返すメソッドの呼び出しを指定できます。

解説
 ちょっとしたアプリケーションや本格的なソフトウェアを作りたいとき、大量のプログラムが必要となります。この大量のプログラムは、実務的なものでは万行単位になります。実務的とまではいかないまでも、ちょっとしたアプリケーションでも数百行は必要となるでしょう。もし仮に、短く済むコマンドアプリケーションを作りたい場合でも、将来の事を考えると、綺麗に整理整頓したほうが良いでしょう。
 大量のプログラムを扱う方法のうちの一つとして、プログラムの塊に名前を付けて定義する方法があります。そのプログラムの塊をメソッドと呼びます。メソッドには2種類あります。そのうちの一つが、値を返すメソッドです。
 値を返すメソッドは、指定された値から適切な値を導き出します。足し算や引き算をイメージすると分かりやすいと思います。プログラミングをしていると、何らかの値を導き出したいことが多々あります。プログラミングをしてみると、よくわかると思います。
 なお型とは、メソッドの集まりに名前をつけたものと考えるとよいでしょう。厳密には違いますが、ひとまずそう考えるとイメージしやすいです。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。