スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき167 - 日本にイノベーションが起こらず経済不調である理由

 今世間は、経済発展と増税の話題で溢れかえっています。そうした話題を、情報技術者であり経営者の端くれでもある私の考えを書きます。この文章が日本のためになればいいと思います。
 景気が悪い理由と増税の話題は一見関連性がないよう見えます。しかし私は、根本原因は同じだと思います。結論から言うと、物事の結果を考えずに、無限に存在する過程に対して予算を組んで対処する事が全ての元凶だと考えています。今からその理由を書きます。
 私はシステム屋を営んでいます。それ故に、聞き逃せない世間の風評があります。それは、「日本の情報技術は海外に勝てない」だとか「イノベーションを起こさないから不景気になる」という意見(主にコメンテーター)です。しかし実際は、個々の技術者は海外の人に劣っていません。また、新しい発明ならばいくらでも考え出せます。実際凡人の私が、見聞きしたこと全てから新しい発明を考え出すことができます。そういう事が出来る人はこの日本にはごまんといるでしょう。ですが、日本でまともにイノベーションを起こせませんし、それを商売にすることはできません。ここに経済発展ができない理由と、増税の要因が潜んでいます。
 日本政府は個人の無形知的財産を保護するという発想がありません。情報技術の発明家で私にとって、無形財産の保護は死活問題です。ですが、取られ放題で守る術ががないのが実情です。これでは商売にならないので、私は政府に対して、国民個人の無形財産の保護に関する立法と、それを実際に行う(警察が犯罪者を取り締まるなど)を嘆願したことがあります。その結果、政府の返答に私は唖然としました。
 ある政党の重鎮の返答を要約すると「何が問題なのかわからない。貴方がそれを犯罪だと思うのであれば警察に行ってくれ。今立法する予定も将来立法する予定もない。」です。個人の無形知的財産の窃盗および恐喝などの犯罪行為は、政府にとって何ら問題でない(犯罪ではない)というのです。これではまともに商売ができません。
 もしかしたら、無形知的財産になじみがない人もいるかもしれないので、たとえばなしを書きます。とある個人商店のオーナーが新しいトマトを考えたとします。そのトマトを陳列したら、ありとあらゆる手段を使って盗まれます。当然オーナーは警察に行きます。しかし警察は民事不介入であり、法律にも規定されていないから犯人を逮捕できないといいます。納得がいかないオーナーは、政治家に法律を整備してほしいと嘆願します。しかし政治家は、それの何が問題なのかわからないので立法することはないと無下にします。さて、どうやって盗まれ放題の商品を使って商売をできるでしょうか?仕方なくそのオーナーは、権力が強く自分で所有権を守れる大手海外企業の商品を買って販売することにしました。
 これが、日本の個人事業主が置かれている現状です。日本政府は、親がいない人、年老いた人、などといった事象の過程に対して、予算と法律を考えます。しかしながら、過程は無限にあります。そんなことをするよりも、国民の生命と財産を守るという結果に目を向ければ、不幸になる国民は減り、予算も削減できます。そうなれば、減税しつつ国家を繁栄させることができるのではないでしょうか?
 日本ではこういった理由で、イノベーションを起こす力を持った人は沢山いますが、世界をリードするようなイノベーションを実際に起こせません。窃盗などといった犯罪が放置されている以上、海外の盗まれる心配がない既存の技術や製品で物を作って売るしかありません。仕方がないので私は、お客様から問題解決の依頼を受けた後、問題解決法を考え、その解決法に近い既存技術や製品を探し、それを組み合わせてシステムを作ることで対処しています。明らかに無駄な行為が多く、それがなければもっと早く、もっとすぐれた製品を作れるのにと残念に思えてなりません。
 最後にまとめると、日本の経済状況が悪く、不景気なのは新しいアイデアを持った人が居ないからではなく、犯罪に対する保護が十分にでないからです。どんな事象にもそこに至る過程は無限にあります。日本政府は、その過程に対して予算と法律を考えているので、税金は上がり続け、それにもかかわらず不幸になる国民と問題が日々増えています。国民の生命と財産を守る。その当たり前の仕様を考え直してほしいものです。そうすれば、問題は日本国民が勝手に解決します。政治家や官僚といった偉いお上の人に頼る必要はありません。
 多くの人にわかる話題と思って政府の例を出しましたが、似たような事を皆がしています。過程に拘るよりも本当に大切な結論を考え、想定外で済まさないようにしましょう。個々の人々がそうしていれば、不景気なんて嘘のように消えてなくなり、日本は無限に繁栄し続けると私は思います。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。