スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人の徒然草466 朝まで生テレビが面白かった件

 今日の朝、朝まで生テレビでブラック企業の特集がしていました。中々面白かったのですが、少々不足部分がありました。「辞めればいい」というのはその通りなのですが、それは言うほど容易ではありません。実際は逃げないに、ブラック企業は防止策を用意していますし、国はあてになりません。ブラック企業は法律と道徳を軽視している会社なので、辞めた後の報復行為もあります、危険を覚悟して辞めなくてはならりません。
 私も実際研究者として、ブラック企業で特許レベルの技術や製品を自分で考えて作る仕事をしていたことがあります。時給は100円未満です(大半不払い)。もちろん不満ですが、脅迫されて、数ヶ月間勤務していました。番組ではスキル云々言っていましたが、特許を取得できるレベルでも時給100円未満しか出さない企業もあります。ブラック企業の社長は、1円でも多く不当に儲ける事を前提としているので、そもそも報酬を支払う気すらありません。さらに、退社するときは、危険も伴いますから、「スキルがなく逃げない若者が悪い」で済む問題ではありません。私は勇気を持って報復行為をされながらも、何とか逃げ切りました。ですから、できない人が居ても不思議ではありません。私の運が良かっただけで、たとえ逃げても逃げるのに失敗した人もいるでしょう。
 そうしたブラック企業がどうやって存続するのか不思議だと思うでしょうが、IT業界の場合一発当てれば億単位儲かりますので、たとえ摘発されたとしても儲かります。おそらく、労働に関する罰則が緩いので、IT業界以外でも儲かるでしょう。さらに、不当に安い価格で高品質なサービスを提供できるので、普通の企業に勝ってしまいます。つまり、ルール違反をしてブラック企業は勝ち続け、繁栄すらしているのです。
 通常に考えて、市場のルールに違反したら厳しい罰則を与えるようにしないと、市場原理が成り立たないのですが、残念ながら日本は国民の生命と財産を守る意識が薄いようです。法律そのものが整備されていないので、たとえ告訴して勝っても、ブラック企業は痛くもかゆくもありません。ブラック企業は実際に儲かるから存在しています。残念ながら被害者が圧倒的に不利です。
 そういった現状を踏まえると、日本の労働環境は、運悪くブラック企業に遭遇したら「餓死するか過労死するか」の選択肢しかないといえます。私は何とか生き残りましたが、それはただ単に幸運だったからです。ブラック企業というよりも、犯罪企業もしくは犯罪組織と言った方が適切です。
 日本には色々な社会問題がありますが、根底には日本のセキュリティレベルの低さが問題の根源だと思います。もし、セキュリティレベルが高ければ、「そんな会社辞めちゃえば」「公害出す企業なんて潰しちゃえば」・・・などと大半の社会問題は一言で解決します。でも、実際はセキュリティレベルゼロなので、個人で国家レベルの社会問題と戦うしかありません。
 こういった問題が起こる要因は、日本人はレッテルだけで物事を判断したり、理論的に考えない性質を持っている所にあると思います。日本の社会問題は、みんながちゃんと理論的に考えていれば、解決できる問題です。
 理不尽なことに我慢したり、自分だけは大丈夫だと無視したりせず、一人々がちゃんと考え、行動していれば、日本は最高の国になれます。この手の番組が増え、「自分の頭で物事を考える」人が増えたらいいなと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。