スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジャイル開発はもう古い。新しい開発手法を考えてみた。

 私はもうそろそろアジャイル開発も時代遅れになってきたと思っています。というのも、実際に使ってみると不便な点や疑問点が出てきて、アジャイル開発の概念にも改善の余地があると痛切に感じるからです。アジャイル開発の思想そのものは大変すらばらしいものですが、それを言うのであれば、アジャイルより前の開発手法も素晴らしいものであり、アジャイル開発の一部であり続けました。しかしながら情報技術は、既存の素晴らしい開発手法をヴァージョンアップして、新しい開発手法を生み出し続けるものだと思います。そこで、私もアジャイル開発を包含した新しい開発手法を考えました。
 アジャイル開発を長年続けていて気づいたのは、開発者目線過ぎて実情に合っていないのが弱点だという事です。アジャイル開発は、開発対象を作る視点でプロセスを考えます。しかしながら、熟練者はそんなプロセスを取る必要はありません。熟練した技術者は、答えが直接出てきます。熟練者はプロセスを経て答えが出るのではなく、答えから先に出てきます。
 恥ずかしながら、私もある程度アジャイル開発に熟練しているといってもよいと思います。そんな未熟だけどある程度熟練している私程度の人間でも、適切な情報を集めた時点で情報システムの完成形が頭の中に出てきます。従って、どうやって答えを出すかというプロセスではなく、適切な情報を集める部分と、お客様とのコミュニケーションに重点を置くべきだと私は考えています。
 開発は関数として表現できます。必要な情報をxとすると、我々技術者は関数fです。Xを渡した時点で答えが出るのですから、どうやってその未知数xを集めるのか、そして、f(x) = yのyをどうやってお客様に説明するのかを重点に考える必要があります。逆に言えば、分析・設計・実装・テストなどといった細かい分類や、細かい技法はもう言われるまでもなく習得しており、全て並列実行するので細かく考える必要がありません。
 厳密にいうと、アジャイル開発でも細かい分類はないといえばないのですが、まだまだ細かい分類で作業しているのが現実です。ストーリー視点の場合、細かい開発作業に着目していないとも言えますが、そのことに関する私の感想は「細かいことに振り回されすぎ」です。
 細かいストーリーから駆動する開発手法は、変化の激しい現在のビジネスには向きません。何故ならば、細かいストーリーはすぐに変化してしまうからです。従って、そんな変化の多いものを中心にするのではなく、ストーリーを答えから逆算しなければならないのではないでしょうか?今時のお客様は、忠実に従う技術者ではなく、新しい見解を提案してくれる技術者を求めています。
 この事を念頭に置くと、新しい開発手法のプロセスは次の2つです。1、情報収集フェーズ。2、製品調節フェーズ。3、作成フェーズ。
 情報収集フェーズでは、鍵となる情報を収集します。具体的には、現状調査やお客様のヒヤリングなどを行います。情報システムの全貌が見えるまで、情報を収集&分析します。
 製品調節フェーズでは、お客様が我々の提案を気に入って頂けるか尋ねます。その過程で、開発者側とお客様側の意見のギャップをなくします。
 最後の作成フェーズは、他のフェーズと並行して行います。何故ならば、製品調節フェーズを使用と思えば、ある程度製品を実装しなければなりませんし、情報収集フェーズにおいても、設計や実装などを行い、情報が足りているか否かの判断を行う必要があるからです。なお、これらのフェーズは、お客様が満足するまでスパイラルに行います。
 この開発手法の特徴は、よりお客様目線で製品開発するために、激しく変化するビジネス環境に対応するべく、最終製品のイメージをお客様と共有する事を中心に考える点にあります。
 既存のアジャイル開発は、開発者がどうやって開発するのかばかり考えていました。しかしながら、今更いわれるまでもない細部に注目しても無駄ですし、一番大切なのはお客様の満足度です。より一層、お客様と対等にビジネスをしていく関係を築かねばなりません。
 この新しい開発手法の名前は・・・コレクション&マッチング開発(仮名)もしくは完成物駆動型開発とでもしておきます。何かの参考になれば幸いです。
 新しい開発手法を思いついたら、ぜひ私にも教えて下さい。情報を共有しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 情報処理技術
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。