スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき184 - 最近話題の大阪都構想について調べてみた

 橋下市長がやたらとヒステリーバッシングされているのが気になって、彼がいったい何を行おうとしているのかちょっと調べてみました。
 先日マスメディアに騒がれていた堺市長選は、橋下市長たちが提唱している、大阪都構想に関係しています。そこで、感情論的すぎて信用できない雑誌記事は無視して、ソース(大阪維新の会ホームページ)を読んでみました。これから、そのソースを読んだ私の感想を書きます。
 始に断わっておきますが、私は中立です。システム屋なので、物事を好き嫌いで判断しませんし、誰かに肩入れするつもりはありません。ですから、冷静に分析した結果を書きます。
 一番重要なのは、大阪都高層とは何ぞやという事です。私が読んだ限りでは、大阪府全体の経済力(GDPと人口)は多く、世界に負けない都市になる可能性がある。それ故に、細かく分かれている市町村の行政組織を合併しなくてはならない。という事だと思います。これに関しては、ごく普通の経営論なので、極めてまともだと思います。経営について知っている人ならば誰でもいいそうなことです。何故、そんなにバッシングされるのか不思議です。バッシングをする理由があるとすれば、既得権益者だけだと思います。それについては仕方がない事です。ただし、経営の知識がない人にとっては凄く分かり難いと思います。
 どうやら大阪都構想は、大阪府の経営の効率化に関する内容のようです。確かに権限と予算が分散されるのは非常に効率が悪いです。普通の企業は経営資源の集中と選択をします。それから考えると、極めてまともで普通の発想です。
 目玉は首長制にすることにより、市民の要求にこたえるという点です。これは結構うまい方法だと思います。普通の企業経営でいうと、支店長を消費者に選ばせるようなものかな?府を経営するという特殊環境から出る面白い発想です。通常の企業の経営ばかり考えている私にとっては斬新でした。
 先ほども言ったように、内容そのものは至極まっとうで、バッシングされるようなものではないと思いますが、ホームページの記述が、経営を知らない人にとっては難しすぎます。経営に関する知識を持っている人がわかる、マニアックな文章になっています。お堅い専門家が書いてしまいがちな文章で、過去の光景がフラッシュバックして、思わず自省してしまいました。
 さらに、情報の表現についていくつかの問題があります。住民サービスに関係しないといわれたら、市民が大阪都構想なんて関係ないなと考えても仕方がありません。具体的に市民に関係があると解説するべきところです。雲の上の議論になってしまいます。それで堺市長選に負けてしまったのかもしれません。
 こういうプロジェクトを利用者にアピールするには、具体的メリットと既存の問題点を数値化して発表しなくてはなりません。専門的な概念だけの文章は、詳しい人には伝わりますが、専門外の人には伝わるどころか悪い印象を与えてしまいます。
 あと、既得権益者に対する配慮にも欠けると思います。こういうプロジェクトは、既得権益者にどう対応するのかが課題となります。彼らの将来についても説明する必要があると思います。既得権益者を排除するだけではプロジェクトは成功しません。システム移行の手順が欠けています。
 最後に、タウンミーティングで説明しているとのことですが、私のようなタウンミーティング参加していないけどちょっと興味を持ったという人が現れるでしょうから、ホームページの文章も改善する方がいいと思います。
 内容そのものはいいと思うので、後はいかに素人に伝えるのかが課題だと思います。ホームページを見た私の勝手な感想なので恐縮ですが、これだとヒステリー報道に対応できないと心配です。
 残念ながら、今の日本のメディアは信用できないので、こうやって自分でソースを調べるとよいと思います。そうすると、ニュースが面白くなります。
スポンサーサイト

テーマ : 橋下徹
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。