スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき205 - 最も困難なプロジェクトと目指す道

 年末なので、今まで一番難しかったプロジェクトを振り返ることにしました。私が一番難しく感じたプロジェクトは、納品後間接的にリーマンショックの影響を受ける会社の情報システムです。
 システム屋のお仕事は、売上増量経費削減が絶対の条件です。それが前提で、それ以上の事を求められます。ここでいう売り上げと経費は未来のものです。従って、システム屋は未来を対象にサービスを提供することになります。幸い私は、情報分析能力を武器に、おおむね成功しており、お客様に大きなクレームを言われた事がないのですが、冷や汗をかいたプロジェクトがありました。それが、リーマンショックと関係しています。
 リーマンショックそのものは予期できたものでした。あれが破綻しないと思うところに無理があります。私は金融に関して素人ですが、破綻するのは目に見えていました。ですから、私のクライアントには、金融投資を極力減らすよう呼びかけることにより、影響を減らせました。しかしながら、クライアントが取引している会社がリーマンショックの影響で破綻するところまで予期できませんでした。
 正確にいうと、ある程度影響があることは予測できましたが、そこまで影響があるとは正直思いませんでした。何故ならば、素人の私でもわかるような破綻(サブプライムローンが破綻するのは自明)だったので、それぐらい誰もが予測していると考えたからです。それが私の甘さでした。どうすればよかったのか、どのような情報システムならば防げたのかについて、私はまだ答えを出せないでいます。
 システム屋のお仕事は、お客様である企業の分析をすることも含まれています。しかしながら、依頼されていない取引企業の分析はやっていませんし、採算性などを考えると、分析可能だとは思えません。ならば、どのような企業と取引していても経営が揺るがない情報システムを、提供せねばならないことになるからです。さらには、取引先も違う取引先がいるので、連鎖的に全ての企業を分析することになるからです。残念ながら私の実力では、こういった情報システムは実装不可能です。
 どんな外部要因があっても、売上増加経費削減を実現するにあたって、最も大きな壁は予算と納期です。無限の予算があるならば、理論的に可能でしょうが、極端にいうと「百万円だすから、人類が破滅しようとも売上増加経費削減を実現する情報システムを1か月で作ってくれ。」という要望に対して応えねばなりません。このような要望に対して、今のところ、私は答える術がありません。まだまだ鍛錬不足です。
 つまり、情報システムを提供するにあたって、依頼を受けていない取引先と、自分の力が及ばない外部要因はどうするのかが課題となるのです。これをあきらめるのは簡単ですが、あきらめたら技術者としての死を迎えると思いますので、この課題について考え続けています。
 先ほどの例でいうと、リーマンショックが起きるところまで想定できたのですから、実力があれば何とかなったのではないと思います。むろん、依頼を受けていない取引先の倒産を防ぐことはできませんが、その企業が倒産することを想定して情報システムを構築できたはずです。それさえできれば、納期と予算については、少なくとも、クライアントと相談することが可能であったと思います。
 日本ではどれほど大きな過失があっても「想定外でした」と頭を下げれば許されることになっています。ですが、日本の技術者である私は、そのような愚かな行為をできません。何故ならば、「考えていませんでした。」と同義であり、技術者=考えていない人と定義することになるからです。本来技術者は考える人の事を言うのであって、想定外を想定しようともしない技術者なぞ存在理由がありません。実際はできないことがあるでしょうが、想定外でしたと開き直るのは問題以外の何物でもありません。
 ちなみに、そのプロジェクトは、お客様自身が「リーマンショックの間接的影響は依頼範囲に含まれていないし、一応売上増大経費削減は成功しているからいいよ。」と言ってくれました。それだけに、もっとうまいやり方があったのではないかと考え続けています。
 情報システムを構築するとき、依頼主にだけを目を向けていないでしょうか?依頼主の事を第一に考えるのは当然ですが、経営は閉じたものではなく、取引先や国際問題などの不確定な外部要因を視野に入れねばなりません。そうした依頼外の事にも広く目を向けられる技術者を私は目指します。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。