スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタつつき213  - 情報技術者がSTAP細胞について考えてみた

 私は情報技術者であり、生物系の学問を知らないのですが、非常に興味深いのでSTAP細胞およびSTAP現象について、知的好奇心から自然と考えました。ワイドショー化した、STAP細胞報道にはうんざりしているので、同じことを感じている人と意見を交換したいと思い、自分の考えを書くことにしました。
 STAP現象とは、細胞分裂が行われ、分化が進んだ細胞が、外部刺激により初期化される現象とのことです。これは非常に興味深いです。私も生物の細胞は、外的要因と内的要因の兼ね合いで決まると自然と考えていたので、やっぱりそうなんだと納得しました。おそらく、素人の方が余計な前提を考えないので発想が豊かになるのでしょう。逆にSTAP細胞の資料を読んで、科学者たちがそう考えていなかったことに驚きました。ただし念のために言っておきますが、小保方氏の方法で、STAP細胞が取り出せるのか、もしくは作り出せるのかという点においては、専門家の調査を待っています。
 私が思うに、生物が哺乳類になるのも、爬虫類になるのも、情報の配列により決定されるのなのではないでしょうか?これは情報技術者としての発想ですが、どのようにバイナリ(遺伝子情報)を並べるのか、そのパターン(フォーマット)が「類」を形成していると思います。例えるならば、エクセルのバイナリパターン、ワードのバイナリパターンのようなものです。
 と考えるのであれば、爬虫類に見られるであろうSTAP現象が哺乳類で起こっても不思議ではないと思います。要は遺伝子情報に、共通フォーマットがあるか否かの問題であって、生物というオブジェクトの派生形式だから、共通部分があり得るのではないかと思います。加えて、細胞というものの仕様を考えると、細胞の初期化というメソッドは持っているという気がします。私が設計者ならばそのようにオブジェクトデザインします。
 話は少し変わりますが、資料によると小保方さんは「操作により小さな幹細胞が発生しているのではないか」との着想を持ったそうですが、これはいわばアインシュタイン博士が発想を逆転して考えたときや、天動説を地動説に変えた「立場の逆転」という科学の発展時によくある考え方なのではないかと思います。すなわち、科学の歴史が変わるマイルストーンになりえると思います。
 話を元に戻すと、そもそも、爬虫類とは何か、哺乳類とは何か、生物とは何かという事に帰着すると思います。それは、どのような遺伝子情報形式を持つのか、それさえ分ければ形式変換も可能であり、なんとでもなります。むろんハードウェアの部分を考える必要がありますが、人類はソフトウェアの部分を考えれば、いつの日かハードウェアも発明するので無問題です。
 ただ単純に考えて、生物の細胞は、外的要因と内的要因によって決まると考える方が自然です。何故ならば、生物には環境適用能力があるからです。この能力は、外的要因に反応していると考えないと成り立たない能力です。従って、STAP現象のようなものは存在するのではないかと推測できます。
 さて、以前にも書きましたが、STAP細胞があるのであれば、細胞プログラミングが可能となります。細胞プログラミングをするには、元からある細胞を初期化する方法、細胞に信号を送り任意の動作を命令する方法の2つ+α(その他プログラミン上必要な細かい事なので省略)が必要になりますので、人類は細胞プログラミングの第一歩を歩みだしたと思います。
 STAP細胞があるのであれば、適切なハードウェアを用意し、生物の情報解析を行った後で、適切な場所で初期化し、適切に作動するようにもっていけばいいという事になります。これが可能となると、人類は自由自在に細胞を操るすべを得たことになります。悪用されなければいいのですが、悪用する人もいるのでしょう。その危険な技術をどのように管理するのか、今からそのことについて考え始めた方がいいかと思います。
 それにしても、マスメディアが騒いだことにより、研究がストップしてしまっています。人類にとって重要な研究が、ワイドショーでストップされている現状は非常に不快です。人類に与えた被害に関して、マスメディアはどのように責任をとるのでしょうか?おそらく、何時ものように責任をとることはないでしょう。マスメディアは、他者に対して責任だとか謝罪を要求しますが、自身がしたことは一切ありません。非常に迷惑な存在です。世間を騒がせたなどといっていますが、騒いでいるのはマスメディアであり、その騒ぎに巻き込まれているのが世間だと思います。そんなことで、日本の技術進化が阻害されているので、日本は不景気になるのです。
 なにはともあれ、細胞が外的要因で何らかの反応を示すのは至極当然の考え方だと思います。STAP現象およびSTAP細胞そのものはまだ研究中とのことなので、最後まで結論はわかりませんが、仮に失敗したとしても新しい研究の発想源になるかと思います。私は細胞プログラミングに興味を持っているので期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。