スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースを分析24回 - 美味しんぼの表現問題を考えよう

 最近話題となった「美味しんぼ」の表現が話題になり、その時に、日本の病巣が明らかになったのでそのことについて、私が分析したことを書きます。結論としては、先ほど言ったように、日本の病巣がよくわかると思いました。
 美味しんぼという漫画が、取材を基にしたフィクションで、「鼻血が出る」と書いて騒動になりましたが、非常に非理論的に騒いでいたのが気になります。前提として、漫画はフィクションのものです。それを鵜呑みにして、騒ぐというのは大人として恥ずかしいです。それに加え、前編と後篇に分かれているのも関わらず、前編だけ見て騒ぐというのは、話を聞けない人というしかありません。理性的に考えるのであれば、後篇を見ないと結論を出せないと考えるのが至極当然です。
 また、政府関係者が、庶民が読む漫画の表現にまで口を出すというのも如何なものかと思います。おそらく、マスメディアの人が取材しに行ったというのもあるのでしょうが、漫画の表現を権力者が一方的に批判するのを許せば、表現の自由はなくなってしまいます。普段から表現の自由を売り文句にしているマスメディアは、何を考えて政府関係者の意見ばかりを取り上げたのか、不思議で仕方がありません。表現の自由はどこに行ったのでしょうか?
 もう一つ気になるのは、鼻血が出なかった人がいるからあり得ないと騒いでいる件です。論理的に考えるのであれば、100%同じ症状が出るとは限りません。そういう症状が出る人もいれば、違う症状が出る人もいると考えるのが合理的であって、鼻血が出ない人がいるから嘘を言っていることにはなりません。他の可能性を考えず、批判だけをするのは感情論であって、大人がする姿勢ではありません。
 もっと問題なのは、批判者たちが「鼻血が出た」という被害者に対して、何の心配もせず、ただひたすらに漫画を攻撃する点です。被爆した結果かどうかは明らかになっていませんが、国民が健康被害を訴えているにもかかわらず、原発を再稼働したいからといって、無暗に批判するという姿勢は頂けません。この態度から、政府の人たちが国民の健康を気にしていないと思えてなりません。
 私が一番気になったのはここです。放射能の被害は、人道的見地から言って、人体実験で研究していないので、色々な部分が明らかになっていないようです。しかしだからといって、「わからないからそうでない」というのは、理論的に 妥当とは言えません。わからない事をすべて否定すれば、あらゆる学問は成り立ちません。わからないから研究するのであって、始めから「わからないからあり得ない」と思考を放棄するのであれば、人類の進歩はあり得ず、学問をする人の姿勢ではありません。
 これらの事を総合して考えれば、戦前に日本を戦争へと駆り立てた反省が一切なされておらず、相も変わらず、非理論的に騒いでいるという事です。日本の言論は、一つの意見に強制される傾向があり、そこを直さねば、また同じ過ちが繰り返されます。放射能で鼻血が出る可能性と、そうでない可能性を考えましょう。そして、その症状を訴えている人の事を思いやる。そんな、理性的で温かい社会でなければならないと私は考える次第です。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。