fc2ブログ

VB.NETをつつく12ープロパティ。データを守ろう。

こんピヨー(こんにちは)。 今回はVB.NETでカプセル化を実現する 為の機能であるプロパティの実装をつついてみよう。 プロパティのありがたみを知るには、やっぱりプロパティ無い状態を見るのが一番。 さっそくプロパティが無い時を見てみよう。

Imports System

Public Class Bird
    Public Name As String
    Public Age As Integer

    Public Sub Talk()
        Console.WriteLine("ワタシハ{0}。年は{1}だよ。", _
            Me.Name, Me.Age)
    End Sub

End Class

Imports System

Public Class Bird
    Public Name As String
    Public Age As Integer

    Public Sub Talk()
        Console.WriteLine("ワタシハ{0}。年は{1}だよ。", _
            Me.Name, Me.Age)
    End Sub

End Class

Public Class Module1
    Sub Main()

        Dim b As Bird = New Bird()
        b.Name = "インドリ"
        b.Age = 29
        b.Talk()

        b.Name = "ドリィちゃん"
        b.Age = -20
        b.Talk()
        Console.WriteLine("えぇ~!、凄い年齢詐称だ・・・")
    End Sub
End Class

ドリィちゃんそこまで年齢を誤魔化さなくても・・・
インドリィちゃん「女性の年齢を聞くな!」
こんな具合にフィールドを直接扱えるようにしてしまったら入力値の妥当性をチェックできない んだ。では入力値をチェックするために値の設定にメソッドを設定してみよう、

Public Class Bird
    Public Name As String

    'これで直接操作できない
    Private Age As Integer

    Public Sub Talk()
        Console.WriteLine("ワタシハ{0}。年は{1}だよ。", _
            Me.Name, Me.Age)
    End Sub

    Public Sub SetAge(ByVal value As Integer)
        Me.Age = value
    End Sub

End Class

Public Class Module1

    Public Shared Sub Main()

        Dim b As Bird = New Bird()
        b.Name = "インドリ"
        b.SetAge(29)
        b.Talk()

        b.Name = "ドリィちゃん"
        b.SetAge(-20)
        b.Talk()
        Console.WriteLine("ドリィちゃん、ボクと同じ年齢なんだね♪")
    End Sub

End Class

これで年齢にマイナス値を入力したら、その罰として前の人の年齢が表示されるようになるよ。
インドリィちゃん「この屈辱忘れるものかぁぁ」
ビック!ちょっと後がまずいことになるかも・・・それはさておき、フィールドを保護するために一々Set○○、Get○○って 名前のメソッドを作るのは面倒だし見栄えが悪いよね。だからVB.NETにはもっといい方法が用意されているんだ。早速見てみよう。
Imports System

Public Class Bird
    Private m_name As String
    Public Property Name() As String
        Get
            Return m_name
        End Get
        Set(ByVal value As String)
            Me.m_name = value
        End Set
    End Property

    Private m_age As Integer
    Public Property Age() As Integer
        Get
            Return Me.m_age
        End Get
        Set(ByVal value As Integer)
            Me.m_age = value
        End Set
    End Property

    Public Sub Talk()
        Console.WriteLine("ワタシハ{0}。年は{1}だよ。", _
            Me.Name, Me.Age)
    End Sub

End Class

Public Class Module1

    Public Shared Sub Main()

        Dim b As Bird = New Bird()
        b.Name = "インドリ"
        b.Age = 29
        b.Talk()

        b.Name = "ドリィちゃん"
        b.Age = -20
        b.Talk()
        Console.WriteLine("ドリィちゃん、ボクと同じ年齢なんだね♪")
    End Sub

End Class

この構文がプロパティなんだ。この構文を詳しく突付いてみよう。
まずは始めのプロパティの宣言は・・・
Public Property Age() As Integer プログラム End Property 

プロパティが見える範囲、 ってなっている。これはプロパティの型プロパティの名前の三つを指定しているんだ。
プロパティが見える範囲については色々あるから説明は後回しで、型と名前を考えてみよう。 型と名前はもうお馴染だよね?考え方はフィールド(変数)と変わらないピヨ。
プロパティとフィールドの違いは、
Get  プログラム End Get
Set  プログラム End Set
があるところなんだ。
Getはプロパティの値を取得する部分で、Setはプロパティの値を設定する部分なんだ。 Setの部分だけ注意が必要でvalueという特別な変数があるんだ。 これは今代入しようとしている値なんだ。
Propertyとかvalueが明示されているから初心者の方にとってはC#よりもわかりやすいかもね。
これは余談なんだけど実はプロパティは全てのオブジェクト指向言語に実装されているわけではないんだ。 それは何故かというと、メソッドでも実現できるから「メソッドで同じことが出来るからいいじゃん」という人がいるからなんだ。 だけどボク個人の意見としてはリフレクションを有効に使うためにはプロパティとメソッドを明確に分けたほうが良いと思うピヨ。
余談おしまい。この記事もおしまい。
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インドリ

Author:インドリ
みなさん、はじめまして、
コンニチハ。

ボクは、無限の夢(infinity dream)を持つネタ好きな虹色の鳥インドリ(in dre)です。
色々な情報処理技術を啄ばむから楽しみにしてね。

http://twitter.com/indori
は別人による嫌がらせ行為です。
私とは関係ないので注意して下さい。
次はなりすましブログなどをするかもしれませんが、ここ以外でブログをするつもりがないので、ここ以外にインドリのブログがあったとしても無視してください。


何度言っても分からない人がいるので、ここにコメント欄へ書き込むときの注意事項を書きます。


一、社会人としてのマナーをわきまえましょう。
一、妄想に基づく書き込みを止めてください。
一、暴言の類は書かないで下さい。
一、某誹謗中傷サイトの書き込みは彼らの妄想に基づく書き込みですから無視して、ここへ書き込まないで下さい。
一、コメント書く前に他のコメントよく読んでから行って下さい。
一、言いがかかり等の行為を禁止します。
一、その他常識的に考えて迷惑なコメントはしないで下さい。


以上のルールを守れない人のコメントは削除します。



利用上の注意
ここに紹介してある文章およびプログラムコードは正確であるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。当サイトの内容によって生じた損害については、一切の責任を負いませんので御了承ください。


執筆したCodeZineの記事


【VB.NETで仮想CPUを作ろう】

  1. VB.NETで仮想CPUを作ろう
  2. レジスタの実装
  3. 仮想CPUのGUI化
  4. テストドライバの改良
  5. CPUの基礎動作の実装
  6. MOV命令の実装
  7. ADD命令実装
  8. SUB命令実装
  9. INC命令&DEC命令の実装と命令長
  10. MLU命令の実装とModR/Mについて
  11. DIV命令の実装とイベント設計について
  12. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!
  13. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)
  14. 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)


【仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう】
  1. TCP/IPの基礎と勘所
  2. ネットワークアクセス層の勘所
  3. インターネット層の勘所
  4. トランスポート層の勘所
  5. アプリケーション層の勘所
  6. セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様
  7. GDI+と独自プロトコルの定義



【並列化】
インテル Parallel Studioを使って並列化プログラミングを試してみた
並列プログラミングの効率的なデバッグを実現する「Parallel Inspector」


【TBBシリーズ】
  1. インテル スレッディング・ビルディング・ブロックの概要
  2. インテルTBBから学ぶループの並列化
  3. スレッドセーフとインテルTBBのコンテナ
  4. インテルTBBのスレッドクラス


【OpenMPシリーズ】
  1. OpenMPの基礎構文
  2. OpenMPの実行時ライブラリと並列ループ
  3. OpenMPのメモリモデルとfork- joinモデル

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Ada (9)
COBOL (5)
C (9)
C++ (11)
C# (370)
D (25)
Java (8)
Perl (1)
Ruby (14)
PHP (2)
Boo (2)
Cobra (2)
LISP (6)
F# (33)
HTML (0)
XHTML (0)
CSS (0)
XML (0)
XSLT (0)
Scala (4)
WPF (0)
WF (2)
WCF (0)
LINQ (4)
MONO (5)
Linux (0)
MySQL (0)
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
FC2カウンター